サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希

捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/04/07 01:27

投稿元:ブクログ

研究所で起きた論文捏造事件。クビ寸前の研究員・円城寺は、文科省からやってきたキレ者役人・二神とコンビを組み、計算科学者など秘密のサポート・メンバーとともに、捏造論文の真相に迫っていく-。

前年に理系女子の捏造論文が発覚した研究所で事件が起こった
科学雑誌に投稿された論文が明らかに捏造されていた。犯人は同じ研究室にいる4人。
センター長から調査を依頼された首寸前の研究者、
二神、美女が文科省から派遣。
インタビューの前に必ず、「科学を愛してますか?」と聞いた
指導教官が殺され、失踪した理系女子を探すのが目的。

4人全員に犯人はあなたです!と言って、その反応を見ていた・

犯人はアメリカ帰りの研究員。元彼女の復讐。彼女の発見を理系女子が盗んでいた。詳細について書くことを拒み、殺された。
死体は自殺に見せかけられた。
指導教官を殺した。

捏造した論文で発表された細胞は再現ができなかった。
死んだ彼女の頭の中にしかなかった。

中堅研究員は、研究所の物品の横流しがばれて懲戒解雇。

一番若い研究員は残留。

昔の職場で研究員にプレッシャーをかけすぎ、自殺者を出してしまった所長は辞任。

二神は元薬学の研究員。所属の大学は論文捏造が横行していた。

円成寺は、残留決定。

失踪していた理系女子は実家近くのアパートに隠れていた。
肥満していて、面影はなし。

研究リーダーの女子は、闇で研究していた。

2014/12/23 15:15

投稿元:ブクログ

とある研究機関の研究員と文科省の担当者が、
とある論文の捏造疑惑の真相を解明していく、
軽めのタッチのサスペンス・ミステリーです。

一連のSTAP騒動をヒントにしてはいますが、
厳密には、STAP騒動に類似した騒動の後に、
これに紐付いた新たな論文捏造?が起こって…、
といぅ後日談から始まる新展開ってとこですね。

リケダンの喜多さんのお得意の作風は、
ケミカル・ラブミステリーとなりますが…、
本作品でのキャラクターの設定やお話の展開は、
海堂尊さんのバチスタ・シリーズに近ぃかな~。

本当は…、現役研究者でもある喜多さんなりの、
STAP騒動や論文捏造が発生したロジックを、
作中から読み取れれば…とも思ったんですが…、
そこは、純粋にサスペンス・ミステリーでした。

お話自体は、程よぃ感じに決着していましたし、
研究不正や論文捏造の一端も感じられましたし、
なかなかに、面白かったですよ!

2015/04/06 09:53

投稿元:ブクログ

STAP細胞発見の捏造を題材にしたフィクション。ある研究所で行われ、世間的に大きく報道されたpat細胞(だっけ?)の発見捏造から数年後、同じような論文が掲載された。内部調査を行う研究員と厚生労働省の担当官が事件の謎を追う。
結構すらすらよめるんだけど、ちょっとできすぎと警察でもない厚生労働省のやり方が、気に食わない。小保方さんにあたる人があまりに低レベルな人間に描かれているのも笑えるけど、笑えない感じ。喜多さんの本って、前も呼んだような気がするけどだれだっけ?

2016/01/03 23:53

投稿元:ブクログ

実際のあのSTAP細胞の事件の後日談っぽいストーリーです。

あの事件の後、更に○○○○細胞の論文が投稿され、犯人を捜すというもの。
この犯人捜しの工程は、チームバチスタの田口さん、白鳥さんみたいでした。
二神さんは、白鳥さんよりももっと強烈でしたけれど。


あの事件がなくて、この小説があるなら楽しめたと思うのですが
あまりに現実の問題と似すぎているし
あのリケジョの方が更なる犯罪に手を染めていたり
出身大学も捏造だらけ、
これはまずいでしょ、と思いながら読んでたので、
楽しさ半減でした。

2015/04/13 12:49

投稿元:ブクログ

キャラがわかりやすくて面白かった。科学を勉強している人には受け入れやすいと思う。ぜひシリーズ化してほしい。

2015/05/17 14:55

投稿元:ブクログ

実際にあった、あの事件の真相ですか?
読んでいて面白かったから、あっという間に読み終わった。

続編希望です

2015/02/28 21:48

投稿元:ブクログ

「PAX細胞」の捏造論文.最近話題の話、二神冴希と円城寺とのコンビも面白い。「あなたは、サイエンスを愛していますか?」

2014/12/11 21:08

投稿元:ブクログ

今年かなり話題になったあの「捏造」疑惑をそのまま下敷きにしたお話。調査担当の二神さんがいろんな人をバッサリ切りまくってカッコいいです。かなり好き。

現実のあの「捏造」は、なぜこんなこと?どうしてやっちゃったの?と意味がわからなかったし、今もよくわからないまま。この作品は、フィクションだけど、すごく納得のできる理由と答えで決着がつく。読み終わったあと明るい気持ちになれます。モヤモヤした気持ちをすっきり晴らしてくれる感じ。

科学や研究への愛情と誇りを感じられます。
やっぱり理系ってカッコいいな、と素直に思いました。

2015/07/16 06:02

投稿元:ブクログ

現実にあった論文捏造モチーフ?
理系の人にはいろんな見方があったんだなと思わせられる内容に事件からめて結構面白かったです。サイエンスに対する愛がないとわかっちゃうんですね。

9 件中 1 件~ 9 件を表示