サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

福も来た

福も来た みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.9

評価内訳

43 件中 1 件~ 15 件を表示

新しい家族がやってきた!

2016/11/23 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

順調に自分の店をオープンしたアキコ。
おいしいスープとサンドイッチを丁寧に作ってお客様に喜ばれる。
体育会系のしまちゃんにも助けられながら、自分らしい店を作っている。
しかし、客足も落ち着き、これで良いのか、続けられるのか、いろいろな不安がアキコを落ちつかせない。
新しいメニューを考えるもなかなか良いアイデアが浮かばない。
「パンとスープとネコ日和」の続編は不安と愛猫を失った哀しみを抱えながら、
自分の土台を揺るがせないように料理に向かうアキコさんが描かれています。
ラスト新しい家族が出来て、またまた続編が楽しみ!

勝ち続ける事に全力を傾ける人たち。
情報に群がる人たちとそんなものに翻弄される人たち。
食べる事を大切にしない人たち。
日常の一瞬一瞬を大切にしない人たち。
私達が一番大切と考えて辛い思いをしていたり、
本当に大切なものに気づいていなかったり、
自分に自信を失った時など、このままでも大丈夫と応援されているように感じられるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/13 00:14

投稿元:ブクログ

引き続きタロちゃんを亡くした日々が描かれていて読むのが辛い。食べ物の描写が前回よりは出てきたので良いが、もっと美味しそうな場面が読みたい。喫茶店のママさんが気になってきた。最後にやっと変化があったので、自作に期待したい。

2015/04/23 15:58

投稿元:ブクログ

何故か続編から読んでしまった。「根っこがしっかりしていれば腐らない」「価値観の違う人と同じ土壌では生きていけないのだから、なるべく関わらないようにする」この二つが印象に残った。

2016/02/19 22:06

投稿元:ブクログ

続編があるとは知らなくて、図書館の棚で見つけた時は嬉しかった!
さらに、この本の続編もある!
次の楽しみが出来て嬉しいな。

猫飼いの猫好きにとってたまらない!
そして、気持ちがわかりすぎて泣ける。
うちの2匹の猫たちは、もうすぐ2歳で元気いっぱいだけど、「いつか」のことを考えるだけで涙が出てしまう。

前回同様、楽しめて、あっという間に読み終えてしまった。
ラストには、福がたくさん来て幸せな気持ちになりました。

2016 5冊目

2015/07/15 22:07

投稿元:ブクログ

サンドイッチとスープのお店のオーナー、アキコさん。
お店の店員は、野球部で鍛えられたまっすぐな心根の持ち主、しまちゃん。

商店街の喫茶店のママさんとの交流や、アキコさんの周りの日常、心情をつらつらと綴った本。
ネコ好きな人はさらに惹かれるかも。

特別な何かがあるわけじゃないけど、読んでてそーーっと力が湧いてくる感じ。

2015/03/08 09:21

投稿元:ブクログ

続編だが今回は連載の半ばって感じ。
物足りない訳ではないが
確実に先がありそう。
ドラマのキャストが違和感なく脳内で動いていた。

【図書館・初読・3/7読了】

2016/03/09 10:09

投稿元:ブクログ

愛猫たろちゃんを亡くしても、アキコのパンとスープの店主としての生活は続く。しまちゃんやママさん、先生との交流があたたか。一気に2匹の雉猫のおかあさんに。

2015/07/16 23:42

投稿元:ブクログ

パンとスープとネコ日和の続編。

食べること生きることにまっすぐに肩肘張らずこんな風にいられたら幸せだよなぁ。と思わせるおはなし。

丁寧に生きるって美しい。そこにネコがいるのがなお素敵。

2015/04/18 20:22

投稿元:ブクログ

群ようこさんの作品は読むとほんわかした気分になる。
これ、『パンとスープとネコ日和』の続編ということなのね。
おいしいサンドイッチとスープが食べたくなる。
ネコのいる生活ってなんとも言えないんだろうなぁ。
わが家にノラ猫が遊びにくるだけでも、癒されるもの。
それが、毎日そばにいるのを想像すると……。
ニマニマしちゃうね。

2015/06/02 19:13

投稿元:ブクログ

母親の「確執」は少し薄くなって、かもめ食堂な雰囲気の作品になっていました。不安があったり迷いもあるけど、こんな感じで幸せじゃん♪って気持ちになれます。

2015/04/11 08:02

投稿元:ブクログ

パンとスープと猫日和の続編
とにかくゆる~い。
けど、少しずつ進んでいる感じが読んでいて心地よい。

このあとも続きそうなエンディングだったので楽しみです。

2016/04/09 13:42

投稿元:ブクログ

「パンとスープとネコ日和」第2弾
オープン当初の騒ぎも落ち着き、やや停滞期?
これと言って大きな事件は起こらない。
お客さんが落ち着いてしまった理由が心にかかり、愛猫を失った悲しみに、まだ時々はぼうっとしてしまう…そんな毎日だ。
相変わらず、しまちゃんはしっかり働いてくれて、今ではアキコの支えとなっている。
向かいの喫茶店のママや、お寺の奥さん(もしかしたらお姉さん)に話を聞いてもらい、心を落ち着かせる。
店主が自分のやるべきことをきちんとやっていけば、お店は大丈夫、きちんと生きていれば、ちゃんとやっていれば…そういう内容が繰り返し語られている。
こんなに事件の起らない小説も珍しいなとも思うのだけれど…

オレンジ色のスープをメニューに加えたり、兄弟の猫を引き取ったり、新しいこと少し。
多分続くのでしょう。

2015/03/11 14:59

投稿元:ブクログ

パンとスープとネコ日和の続編。商店街の和気あいあいとした近隣のお店の人たちとの交流や、主人公が経営するカフェの従業員とのやり取り。亡くなったネコの思い出や新たな出会いなど。何気ない日常の様子がとても良く、本当にほんわかする内容でした。

2016/02/23 20:45

投稿元:ブクログ

自分も可愛がってた猫が亡くなっちゃたので
なんだか自分のことのように読んでしまった
ニャンコさんのことを思い出して泣いちゃうの よーーくわかるぅ
でも うちには残念ながら次の猫さんがきてないんだよね…

スープもサンドイッチも本当に美味しそう
毎回思うけど お店が現実にあったら 絶対行く!!!

たろちゃん二世たちにも会いたいし

2015/07/05 10:08

投稿元:ブクログ

パンとスープとネコ日和の続編。
アキコがネコを失った悲しみを持ちながらも、お店をしっかりと続けている。
静かに物語が進んでいく感じがとても素敵。

43 件中 1 件~ 15 件を表示