サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

時をかける少女(角川つばさ文庫)

時をかける少女 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

時をかける少女

2016/10/26 12:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時をかける少女は1980年代に映画化されていたのですが見たことも読んだこともありませんでした。少し前に夜中に映画をしていて小説の方も気になり読んでみました。映画の方では尾道、竹原が舞台にしてあり私が住んでいるところは尾道まで電車で10分ほどなので映画撮影された所に行ってみたくなりました。(近いのになかなか行く機会がないので)
小説の方も楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボクは、未来からきた(いきなりカミングアウトか!)

2010/10/20 18:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇宙の三文文士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 空想科学と銘打ってはいますが、人間の頭脳的な働きだけで「時空間」を跳躍するというのは、果たして「科学的」といえるのか―――。
よほど画期的なエネルギー制御技術が確立されれば、人間の脳波だけで、それらを自在に操ることもできそうな気はしますが…。
それでも「時空間」を捻じ曲げるほどのエネルギーは、あまりに莫大過ぎるんじゃないでしょうか。
ある人物の破壊的思考だけで、銀河系の三つや四つはカルくブッ壊されるかもしれません(また、ブッソーな事を…)。
 物語の終盤で、六百年先の未来像が想定されています。
なるほど人間の寿命に限界がある以上、物事を学習する時間にも当然のごとく制限があってしかるべきであります。
科学技術が高度化して、それら全ては学びきれないというのも実にガテンのいくハナシです。
つまり、わかんない事は無視しようということで(こじつけで、逃げるんじゃない!)。
 これほど伝説的な物語ですから、大量の賛辞的模倣作品等が世の中に既に定着しているのは、当然のことなのでしょう。
あーユー代物は、やはり「大元」を知っているのといないのでは、面白さが段違いなのではないでしょうか。
 あ、ついでにアニメのほうしか知らない方のためにちょっとだけネタバラシしときましょうかね?
アレに出てくる「魔女おばさん」の若いときの話ってことになるみたいですよ。
 さて、ではラベンダーを嗅いで「さいおにくさー」に(どこへハナシを吹っ飛ばす気だ!)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大林宣彦監督映画化原作

2016/04/10 15:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃に読んだ時には、未来の世界への憧れを感じた記憶がある。大人になって読み返すと、二度と戻らない時間への寂莫とした思いも感じる1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/08 21:54

投稿元:ブクログ

主人公の和子は、ある日を境に時間をさかのぼるようになってしまいます。すでに経験したはずの昨日を、もう一度過ごすことになるのです。和子が不安や戸惑いを覚えながらも、タイムトラベラーになってしまった原因を探っていく様子がいきいきと描かれています。主人公と同じ学生の間に、ぜひ読んでおいてほしい作品です。爽やかで、切なくもありながら、じんわり心が温まります。甘いラベンダーの香りが本当に感じられるような錯覚を起こしてしまうほど、くらくらするような神秘的な世界に浸ってみませんか? 

2011/06/09 17:22

投稿元:ブクログ

表紙はいとうのいぢだが本文イラストは別人。これを羊頭狗肉という。
「ネグリジェ」「トランジスター・ラジオ」などはさておき「アベック」「キチガイ病院」などは現代語に訳した方が良かったのではないか。
と思って角川文庫版の方を見たら、「精神病院」となっていた。あれ?

2013/02/13 22:39

投稿元:ブクログ

娘が借りてきた本を又借りして読了。

何十年か振りに読んだけど、やっぱり今読むと文体に古さを感じるね。
でも話自体は今読んでも新鮮。アニメも見たけどちょっと話が違うくね?やっぱり原田知世バージョンが・・・

他に短編も幾つか収録されているんだけど「時の女神」が面白かったかな?

2011/07/12 17:51

投稿元:ブクログ

父母が子どもの時からある名作が、つばさ文庫に。なお色あせない魅力的な話で、世代を超えて愛されています。

2012/01/26 14:21

投稿元:ブクログ

「時をかける少女」は、読む本によって物語がちょっとずつ
ちがうのでいろんなものを見てます!

私も、時をかけてみたい・・・。

2012/05/17 21:42

投稿元:ブクログ

アニメの方は、時をかける少女は元気いっぱいな感じ♪( ´▽`)
だけど、この本の時をかける少女は、おとなしめでどちらかといえば、図書室で本を読んでそう
( ´ ▽ ` )ノ
でも、その違いが面白いです
( ´ ▽ ` )ノ

9 件中 1 件~ 9 件を表示