サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む(新潮新書)

将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/02/02 23:03

投稿元:ブクログ

権力は誰のものか。一人の儒学者の目を通すことで、江戸の政治が生き生きとよみがえる。本書の目的は、幕府の儒学者という比較的将軍に近い位置で幕府政治を見つめてきた「室鳩巣」という一人の人物の目を通して、政治家たちの人間模様を見ていくことにある。(2014年刊)
・プロローグ
・第一部 徳川家宣・家継の巻
 第一章 理想論者・徳川家宣
 第二章 幼少将軍徳川家継
 第三章 儒者たちの闘いー新井白石と林信篤
 第四章 老中と間部詮房
・第二部 徳川吉宗の巻
 第一章 「八代将軍吉宗」の誕生
 第二章 前代からの老中と吉宗側近
 第三章 吉宗が信頼した家臣・吉宗が疎んだ家臣
 第四章 吉宗が目指した幕府財政立て直し
・あとがき

面白い本である。室鳩巣の弟子が残した史料「兼山秘策」をもとに、幕府の権力構造に迫っている。新書ながら充実しているとも言えるし、新書の限界を露呈しているとも言えるが、読みやすく、取っ付き易い内容である。
室鳩巣の名前は知っていたものの、どういう人かは知らなかったが、新井白石とも親交があり、吉宗のブレーンとなった儒者であるという。「兼山秘策」には室鳩巣からの手紙なども収録されており、それにより、プレーンとしての活躍の一端が窺えるという。

徳川家宣・家継と徳川吉宗。それぞれに政治手法は異なるが、どの様な政治を行おうとしたのか、興味深く読むことが出来た。もっと掘り下げて欲しい内容である。

2014/12/30 16:47

投稿元:ブクログ

徳川吉宗に仕えた室鳩巣の目を通して、周辺の幕府官僚の様子を描いている。

室鳩巣が弟子との私信を、弟子がのちのちに「兼山秘策」に纏めており、その私信を読み解くことで人間模様が浮かび上がってきます。

間部詮勝や新井白石の苦悩振りや、老中たちのピンキリ振りも分かりやすい現代語訳で、とても読み易い。

現代でも十分に通じることも多く、面白い一冊です。

2 件中 1 件~ 2 件を表示