サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

がんばると迷惑な人(新潮新書)

がんばると迷惑な人 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

価値観を考え直すきっかけ

2015/08/28 08:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apico - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人に昔から根付いている“がんばる”を無条件に美徳とする価値観を考えさせられる内容。単に“がんばる”“がんばらない”というだけでなく、どのように生きていくのかにつながる価値観を再構築していく良いきっかけになる書籍。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/26 20:29

投稿元:ブクログ

学生時代、せめて社会人になる前に読みたかったなぁと、思いつつ、ワーキングマザーの今だからこそ心から腑に落ちる部分がたくさんあった。子どもを産んだことで、意図せず努力の質を考えるようになれたのはいいこと。にんげんだもの、考えなければ意味はないのね。
ダブルスタンダード、大切なものとそれ以外のメリハリ
人間関係はテキトーに
他人に依存しない青天井の打ち込めるものを
常に考える
合理的な手抜きを
自営業の意識で動く

2015/01/03 11:27

投稿元:ブクログ

読む価値なし。
ビジネスの世界に出たことのない日本の大学教授が、大学教授という視点からインタビューや世の中のデータ(例えばリクルート等)から現在を読み解いて説明している。
全体的に説明が多いし、言いたいこと数行を数百ページにわたって書いているイメージ。
今度からは著者の背景等を考えて本を購入するべきということを学んだ一冊。

2015/01/05 23:57

投稿元:ブクログ

残業時間をアピールすることに違和感を持っていはいるものの、何かを諦めようと思ってるわけではなく…とずっとモヤモヤしていたことが解決。「がんばる」のではなく「考える」。

2016/02/01 23:04

投稿元:ブクログ

無駄ながんばりって確かによく見かける。それを良質な努力に変えてあげたいと思う。しかし彼らに欠けているのは、野心とか目的意識以前に、仕事を楽しもうとする意識じゃなかろうか。真剣勝負する集団の中で、笑って仕事をすると何となく罪の意識を感じ、まわりもあまりいい気持ちがしない。これこそ日本の組織活動における負の文化じゃなかろうか。だからがんばる姿を見せることそのものが目的化してしまう。真剣の中にも楽しむ余裕。これこそ合理的手抜きを生む源泉。

2015/12/02 20:12

投稿元:ブクログ

非常に共感するところの多い書籍。変に管理が進み「全体主義」に陥りがちな社会構造が見えつつあるので、このあたりで転換しないと国としてまずいかもしれない。

2015/08/10 04:37

投稿元:ブクログ

情報通信技術の進展に伴い人間のがんばりで処理してきた仕事がコンピュータに取って代わられることになる。今、人間に求められているのは、コンピュータにはできない人間特有のユニークな能力。独創性、創造性、革新性、ひらめき、感性など。これらの能力は強制や命令では、決して最高度に引き出すことはできない。がんばりを強要しても効果など上がるわけがない。「がんばる」とは、物事をひたすら決まった方向へ推し進めることであり、求められるのは努力の量。それに対して創造や革新は、努力の方向を探すこと、すなわち努力の質が求められている。量の差は倍数レベルだが、質の差は無限大。ヨーロッパ人は仕事より私生活を大事にするので基本的に働かない。したがって仕事は重要なものしかやらない。故に労働生産性は極めて高い。日本は労働生産性の低さを深く自覚しなければならない。がんばるではなく考える。合理的に手抜きをする。無駄ながんばりをなくすことこそが、努力の質を向上させるのである。

2015/03/29 18:47

投稿元:ブクログ

タイトルの説明的な項目が4分の3を占めて、最後に対策的なことが項目になっているが内容はコピペとしか思えない薄いもの。
ハズレ

2015/03/13 13:22

投稿元:ブクログ

そもそも (完璧)を 目指して 頑張る
と いうのは 典型的 な 工業社会の
発想です

完璧主義 が 通用 するのは
安定 した 特殊 な 条件 の
ごく 限られた 範囲 に 過ぎない

そもそも 質 の 世界に(完璧)と いう
概念 は ない

2015/03/03 13:12

投稿元:ブクログ

大変興味深い内容であった。
がんばると迷惑な人について、あれこれ書かれてるのではなく、頑張りまくる人がいる組織の弊害を説明し、仕事の盲目的な仕事量で評価される組織ではなく、仕事の出来の質で評価される組織にならなければ、日本社会に巣食う慢性的な残業社会はなくならないと説明。
まさにその通り!!
残業してる人が評価される組織では、先がないよねとつくづく思う。

2016/03/16 22:02

投稿元:ブクログ

筆者の主張はよく分かる。無駄な努力で、周りにも迷惑をかける人。当然、自分もその一人。
仕事における完璧主義は無駄なコストがかかりすぎ。頑張りが評価されすぎている

2014/12/20 10:02

投稿元:ブクログ

ここでの「がんばる」とは、「物事を決まった方向へひたすら推し進めていくこと」と定義されている。「がんばる」と「努力」が本書では同義だとされ、「努力」の量より質が重要だと述べている。通じて、「がんばることに反対」という話ではなく、過度な「がんばり」が求められる文化に問題があると指摘している。
本書中に「野心」という言葉が出現するが、こういった言葉は他書では「ビジョン」や「志」と同義であると考えられる。高潔なイメージがある後者に対して、野心を持って仕事をする、といった主張には賛成している。(理由については割愛)

2016/04/26 05:53

投稿元:ブクログ

友人や知人の話を聞いていると、何が忙しいのかわからないのにがんばるだけの人がたまに話題に出る。そういう人はなぜか頑張っているだけで成果があがっていない。日本は「がんばる」ということに美徳を感じる国なので、がんばっている姿を見せるということが無能な人間にできる唯一のアピール方法なのだろう。それがその人の中で閉じていればいいが、長時間労働していると、まわりもその人が気になるし、その人が上の立場の人間だと部下は同じようになり、それが代々繰り返されてしまう。こんな悪の連鎖を断ち切ると日本の生産性もあがるだろう。

2016/12/20 00:40

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて購入。
平たく言うと、IT革命の前後で求められる資質が変わった。求められる資質が変わったのに、その引き出し方(≒マネジメント)は従来のまま。時代と逆行したマネジメントや努力を「がんばる」と表現しています。

原因や要因については深く書かれていたが、それらに対する対策は事例紹介程度だったように感じました。

14 件中 1 件~ 14 件を表示