サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

四次元温泉日記(ちくま文庫)

四次元温泉日記 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

ひとひねりされた「温泉紹介」。温泉と迷路の共通点とは?

2015/01/29 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

服を脱ぐのも面倒だと言っていた著者が友人と温泉に行くうちにだんだんとなじんでいく。その過程が楽しく書かれている、ちょっとひねった温泉紹介。「そうか、人は温泉に入りに行くのではない。なにもしないために温泉に行くのだ。」という帯の言葉は「なるほど」である。

古い温泉旅館の、継ぎ足しに継ぐ継ぎ足しでできた迷路は異世界に通じているようだ。そしてそこにある「温泉」という異世界。そこで「沈殿」して何もしない。何もしないことの大事さ、現代生活での足りなさをも感じてしまい、ふらりと温泉につかりたくなってしまう。

中年オジサン3人の「道中会話」も楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/25 23:23

投稿元:ブクログ

「何度も脱ぎ着して何度も温泉に入るなんて理解できない。めんどくさい」という宮田さんの気持ちに納得しつつ、新鮮でもありました。周囲の人がけっこう温泉に繰り返し入るタイプだからかもしれません。
めんどくさい、から出発した宮田さんが迷路旅館をエンジョイし、だんだん温泉そのものに愛着を感じていくさまは読んでいてとても楽しかったです。天狗の湯こわい。こわすぎ。黒湯は入ってみたくなりました。ねぶたの描写が好きです!

2015/01/23 00:37

投稿元:ブクログ

ものすごく面白い。
お風呂嫌いなのに温泉に行くことにする序章から面白い。
温泉→宿でゴロゴロ→美味しい食事→布団は究極の癒やしですね。
それに迷路的な温泉旅館の探検とちょっと観光が加わってものすごくマニアックな旅の楽しみ方になっている。
著者の宮田さんの情熱は迷路的な温泉旅館80%、温泉20%くらいから始まって、この本の終わり頃には50%ずつくらいまで温泉への情熱が高まっていく。
じわりじわりと。
服を脱いだり着たりするのが面倒とか言ってたのに。
熱い湯には入れなくても、泉質なんて分からなくても温泉は面白い!
周囲の蘊蓄なんて気にせず自分のツボで楽しめ!
という力強い指南書です。
これは全てのことについて言えますね。素晴らしい本です。

2015/02/13 09:54

投稿元:ブクログ

温泉オタクのおっさん2人と、温泉オタクではないが迷路的な造りの鄙びた温泉旅館オタクの著者が行く、温泉旅行紀行。

増改築を重ねた要塞のような温泉旅館に、建築基準法やら消防法は大丈夫かと突っ込みたくなる。
親切に見取り図がついてるけど、見取り図と文章の建物の情報を統合してもどんなところかさっぱりわからない。笑

建物探訪も面白いけど、この3人の旅行の仕方に共感した。

こんな風に旅行したい。3人のおっさんがつるんで旅行をするのも気持ち悪いと、3人は現地集合、現地解散スタイルの旅行。
いいねー!!すごく共感。

私も誰かと行く旅行というのが好きではない。(旦那さんは別。のろけではない)

1人で行けば、しなびた定食屋にも、赤提灯にも気楽に入れる。行こうと思ったところに行かなくても、宿でごろごろしてても、その時間さえも発見に満ちている。
5秒先の行動も自分で決められる。

誰かと終始行動を共にしたら、いちいち合意形成が必要になり、しょぼくれた店だったりするとなんとなく、寂しげな雰囲気漂う。
みんな一緒でこそ楽しいと強要せず、それぞれが冒険して持ち寄る方が楽しいという考え方もありではないか。修学旅行もそうしたらいいのにね。

生きる力と地域の多様性を面白がれる感性が育つと思う。

旅のスタイルは、人との関係の持ち方、生き方にまで連動していると思う。

自由きままに、地域を愛でる3人のようにどこ
かに行きたい。

2016/12/23 23:27

投稿元:ブクログ

風呂好きでも、入るまでの面倒くささは大いに共感なので序章からニヤニヤ。
女同士は宿に行くまでのお喋りも旅の楽しみの内だけれど、各々の自由行動を報告しあいながら現地集合って旅もいいなぁ。
「明日に向かって何も前進しないのが温泉旅行の醍醐味」に妙に納得。仕事や育児や日々の雑事に忙殺されてる時ほど行きたくなるもの。そういう温泉が続々。奥那須のK温泉での著者の過ごし方が自分の理想w

2015/10/06 23:45

投稿元:ブクログ

熱いからとお風呂そのものが苦手なおっさんが、全国の「迷路っぽい」温泉宿を訪ねてはつらつらと賞賛したり沈殿したりするエッセイ的な本。
あくまで宿の迷路っぽさにフォーカスしているので、お湯が良いのかなどは良く分からない。

6 件中 1 件~ 6 件を表示