サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2016/07/01 19:40

投稿元:ブクログ

ヨーロッパの夜の生活史である。この本は、14世紀から19世紀の初めをあつかい、地域はイギリスが中心だが、植民地アメリカ、フランス・スペイン・イタリア・ドイツ・ポーランド・ロシア・北欧の史料を引いており、その守備範囲はたいへん広い。
 基本的には、人工照明が普及していなかった時代の夜の危険について書いている。夜の空気が有害だとされており、横行する盗賊団などは幽霊や悪魔に変装していた。これは現代の幽霊伝説にもつながるだろう。
 18世紀(1730〜1830)には、都市では召使いや徒弟や学生が、夜に暴動を起こしていた。通行人を襲ったり、物を盗み奪い、奇声をあげて走り回り、器物をこわし、金持ちの家を襲っていた。農村でも作物や家畜や樹木が盗まれ、家屋が放火されるという事件が頻発していた。くみ取りなどの不潔とされる仕事は夜におこなわれていた。19世紀に警察が整備されるまえは、夜警がいたが、レンブラントの絵に描かれたようなものではなく、つかれた老人か貧乏人でたいした力はなかったらしい。それでも「夜警は売春より古い職業であろう」と著者は指摘している。
 この本の特徴は、産業革命以前の人間の睡眠が分割睡眠であったことを指摘した点である。だいたい、七時か八時くらいにベッドに入り、「第一の眠り」に入る。真夜中に目覚めて、同衾者と話したり、性行為をしたり、省察をしたり、夢を解釈したりした。そのあと、「第二の眠り」についたのである。これはアフリカの民族学や「太古の眠り」を再現する医学実験でも確認されており、ヒト本来の睡眠ではないかと指摘されている。産業革命以後、人工照明が発展し、警察が整備されたことにより、就寝時間がおそくなり、この分割睡眠の習慣は消えてしまった。
 一般に、パン屋が怒りっぽいのは、夜も働いていて、睡眠時間が短かったからだとか、召使いや奴隷がのろまだったのも、近代的「勤労精神」を欠いていたからではなく、寝不足のためであったとか、こういった点は歴史や文学を読むのに、大事な点だろう。
 全編をよんでみて、柳田国男の『明治大正史』ににているなと思った。密度の濃い歴史書である。フランス革命なども「夜の暴動」の延長かもしれないと思う。

注釈を全部訳していないのは残念である。

2015/04/03 20:01

投稿元:ブクログ

 夜の歴史とは壮大で資料を集めるのが難しかったのは想像に難くない。お金と同様に夜自体に色はないが、それを使う、あるいは過ごす人間次第でどうにでもなる。泥棒業界の方にとっては稼ぎ時のゴールデンタイムになる。多くの人にとっては闇に包まれる怖い時間。権力者にとっては庶民が何をしているか管理しづらいのでイヤな時間。

 今のように電気が通って一日中明りに包まれ、都会で生活していればきらびやかな高層ビルやタワーのイルミネーションが街を包み込む。光にあふれた現代と違って、夜の闇が支配していた時代に生きていた人々は、夜とどう向き合い過ごしてきたか、そんな息遣いが伝わってきそうな今回の本。

 テーマが壮大な割には約500ページとは言えどもコンパクトにまとまっている。死の影、自然界の法則、闇に包まれた領域、私的な空間の4部から構成されている「もう一つの王国(by著者)」をひも解いてみると、やめられない止まらない。夜の世界もいろいろあるものだな

2016/06/04 02:03

投稿元:ブクログ

月明かり・星明かり、そしてロウソクのようなほのかな灯り
しかなかった時代、「夜」は一つの別世界だったことが実感
できる本。当時の文献や日記から膨大な量のエピソードを
博物学的に収集してまとめている。その圧倒的な調査量には
驚くばかりだ。

ただ、個人的にはこの手の「集めてまとめました」という
本はあまり得意ではない(苦笑)。その頃は二分割睡眠が
当たり前だったという話は興味深かったが。

照明というものは人間から漆黒の闇を奪い、人間の生活や
社会どころか、人間そのものを変えてしまったのではない
だろうか。

2015/03/23 08:55

投稿元:ブクログ

近世ヨーロッパのイメージを膨らませてくれる。睡眠が2回にわかれているのが普通というのは本当だったんだ。

2015/06/13 15:56

投稿元:ブクログ

ヨーロッパを対象に、人々が夜をどう認識してきたかを、膨大なエピソードとともに紹介している。

夜イコール闇だったものが、人工の光の進歩に応じて、徐々に「昼」化していく。

物理的な、つまり、明るさで計った時の夜はどんどん短く、はっきりとしてきているのに対して、ヒトにとっての夜は相変わらず神秘的で。

2015/04/24 16:35

投稿元:ブクログ

[メモ]
・産業革命以前は「夜」の定義が違っていた。

古代以来は、時間の区分もあいまいだった。
もっとも一般的なのは、日没から夜明けという自然の推移によるもの。

・近世の住居は狭苦しかった。プライバシーなどない。
カーテンをひいておくことはむしろ怪しまれた。どんな秘密も召使いたちの格好の餌食。

・「プライベート」という語は1400年代に初めて使われ、
シェイクスピアの時代には日常語の一部となり、その劇中でも使われている。
(略)近世の人々にとって、地域の監視と制裁の脅威は、人目のない状態をいっそう貴重とみなす気持ちを助長した。
(P.230)

・夜は魔術にとっても絶好の機会。
16世紀の文書には魔術について「好きで貧しい暮らしをしているわけではない物、あるいは
貧しさに耐えられない者の中に潜む悪の根源であることが多い」と記されている。
夜になると、ぎりぎりの生活をしているこうした人々は、「超自然的秩序」に参加することを熱望し、
(略)魔法の呪文に希望を託した。
(P.349)

・魔術はいつ何時でもかけられたが、その力が最も強くなるのは霊が動き回っている時だと考えられていた。
(P.351)

・「同衾者」がいるのが一般的だった。

・産業革命以前には、「第一の眠り」と「第二の眠り」があった。
18世紀末までは、時間の区切りを示す表現として普通に用いられていた。(P.434)

・二回の眠りの間には、祈ったり、同衾者と話したり。(P.424)


「失われた夜の歴史」ロジャー・イーカーチ 
インターシフト、2015.2

第1章 夜の恐怖 天上と地上
第2章 生命の危険 略奪、暴行、火事
第3章 公権力の脆弱さ 教会と国家
第4章 人の家は城壁である よい夜のために
第5章 目に見える暗闇 夜の歩き方
第6章 暗闇の仕事 仲間と共に
第7章 共通の庇護者 社交、セックス、そして孤独
第8章 騎士(ナイト)ウォーカー 王侯貴族たち
第9章 束縛から放たれて 庶民
第10章 寝室でのしきたり 儀式
第11章 心の糸のもつれ 眠りを妨げるもの
第12章 私たちが失った眠り リズムと天啓

2015/03/08 20:42

投稿元:ブクログ

失われた夜の歴史 ロジャー・イーカーチ著 神聖だった「もうひとつの文明」
2015/3/8付日本経済新聞 朝刊

 かつての時代、夜はほんとうに暗かった。あまりに暗黒で、外出や労務はほとんど困難。狼(おおかみ)やコウモリなど不吉な有害動物が跋扈(ばっこ)していた。盗賊・追剥が待ちかまえていた。なによりも、夜は悪疫の空間であり、魔女や妖精や悪霊が横行する時間でもあると、恐れられていた。昼という安全で信頼をおくことができる時間とちょうど真逆に、夜は忌避すべきもの、悪の領分であった。現実にも、夜火事といった惨事が犠牲をしいた。せめて、夜闇は安穏な休息の時間であったなら。







 けれども、夜の被害から逃れるための防備もほどこされたし、これに仕える装置も発案された。錠前も魔除(まよ)けも、それに夜警も番犬も、いやそれどころか、夜になって活動する特別な古来の職業だって存在した。


 ところが、その夜についての、別な感覚が実在した。いわく、夜こそ解放と自由の領分だった。夜は危険だが神聖な時間。しめやかな会合と厳粛な祈りと、またときには放縦と陶酔が許される時間だったから。恋も瞑想(めいそう)も、人間性の自由な発露が認められた。他人から干渉されないプライバシーは、夜にこそ保障されたし、視覚がかぎられるので、かえって聴覚と嗅覚がいやがうえにも研ぎ澄まされるから。つまり、夜とは文明の負の対極ではなく、もうひとつの別の文明なのだと。


 さて、本書がかたる「かつての時代」とは、ヨーロッパの中世から啓蒙主義までの時代。そのとき、夜は恐怖されながらも、神聖視もされていた。だが、その夜はやがて失われていくだろう。街灯などの公共の照明が導入され、私有の室内は明るくなる。夜間の治安を保全する警察が登場し、追剥のための闇が遠ざけられ、夜間の散歩も不安が解除される。こうして、夜への恐れと夜への讃仰(さんぎょう)は、ともに根拠をうしなった。


 めでたし、めでたし。冷徹に観察すれば、そんな穏当な結論で完結するだろう。だが、「失われた夜の歴史」というしゃれた邦訳タイトルの本書は、大量の記述資料を動員したうえで、そんな無味乾燥な結論をめざしたのではない。


 暗闇の夜が昼の光明との対照によってしかけてきた想像力の減退や、あまりの照度が除斥する奥行き感の喪失に、精一杯(せいいっぱい)の警告を発すること。せめて、昼と夜との劇的な対話やせめぎあいを保全したい。そこに歴史の省察のための焦点が絞りこまれる。その論法の説得力に、ほとんどため息がでる。




原題=At Day’s Close


(樋口幸子ほか訳、インターシフト・3200円)




▼著者は米国生まれ。ヴァージニア工科大教授。本書は英オブザーバー紙ベストブックなどに選ばれた。






《評》西洋史家 樺山 紘一

2015/06/30 21:33

投稿元:ブクログ

おそろしく緻密な研究を積み重ねられてきたことが、文章にとめどなく現れてくる大量の事例たちから読み取れる。今や24時間営業のお店も当たり前となったこの時代。いつでもどこでも仕事に追われる悲しいこの現実。かつての夜がたたえていたその寂しさ、恐ろしさ、孤独さといったものは、今ではなかなか感じ取れなくなっている。
大量の事例集が延々と続く箇所などは眠さに負けたけれども、じっくり読めばまた新たな発見も多かろう。かつて、ひとびとが「夜」に感じ、抱いてきた気持ちとは、いったいどのようなものであったのか?

8 件中 1 件~ 8 件を表示