サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

実践デザイン・シンキング クリエイティブな思考で、ゼロ発想のイノベーションへ

実践デザイン・シンキング クリエイティブな思考で、ゼロ発想のイノベーションへ みんなのレビュー

  • 日経デザイン編集部
  • 税込価格:1,94418pt
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日:2014/12/13
  • 発送可能日:1~3日

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

デザインシンキングとは?がよくわかる。

2016/03/06 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Diver - この投稿者のレビュー一覧を見る

何故デザインシンキングが必要なのか?そして、様々な企業の取り組みがケーススタディで紹介されており、とても理解しやすい。クリエイティブ活動に必要なデザインシンキングとは?がよくわかる本。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/17 21:12

投稿元:ブクログ

あらゆる事柄が数値化できるというものではありませんし、また数値化されているからといって、すべてを信用するわけにもいきません。従来のマーケティングでは掴みきれないものを、新たな手法で補おうというのがデザイン思考なのではないでしょうか?そのために抽象と具現の間を行ったり来たりして、うまく方向を指し示し、より良い結果を生み出すために、デザイナー的なアプローチの仕方、発想が必要なのでしょうネッ。デザイン・シンキングとは、優秀なデザイナーの思考法を真似ることで新しい発想を生み出し、ビジネスの現場でイノベーションを起こそうというためのものだそうです。
本書は、実在する企業の取り組みやその経緯、成功事例でもって構成されており、カラー写真も豊富なので、とても分かりやすく、読み物としてもすごく面白い内容でした。


べそかきアルルカンの詩的日常
http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

2015/04/04 00:01

投稿元:ブクログ

読みやすくて、いい。

・グラフィックレコーディングはいいと思った。伝達スピードを速め課題解決のためのファシリテーションツールとしてデザインを活用することで、デザインがビジネスにもつながる。

・デザインシンキングとは、人間を起点として新たな発想をし、プロトタイプを通じて確認のサイクルを繰り返す。人間起点とすることで、発送の幅が広がる。

2015/01/04 13:38

投稿元:ブクログ

新しいビジネスにおける企画策定などの主流になるのではないかと思う。今後も注視していきたい領域である。

2016/01/28 08:56

投稿元:ブクログ

流行りの「デザイン・シンキング」を、多くの事例を中心に解説している。本書で把握できたのは、考えの起点が「技術」や「マーケット」ではなく「人」だということ。確立した事業ならばクリティカル・シンキングの方が向いているが、不確実性が高い領域ならば、この考え方が合うだろう。
、、、しかし、名前と中身が合わないのでは?「人」起点であれば、Human oriented thinkingかなぁ。あ、これだと、人志向思考。なんのこっちゃ分からん。そう考えると、いい名前か(笑)

5 件中 1 件~ 5 件を表示