サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ちとせに遊べ、この花世界(角川ビーンズ文庫)

ちとせに遊べ、この花世界 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍

哀しみの歴を断ち切って、未来へ

2015/03/01 09:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イツキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『F』を読んで作家買いです。1~最終巻まで一気に読みましたが、途中何度知夏の怒り、悲しみ、絶望感に共感してうちひしがれたか…。

最終巻でもやっぱり全てが大団円とはいきませんでした。手のひらからこぼれ落ちた大切な仲間もいるけれど、でもそれでも踏ん張って掬い上げたものも確かにある。
今まで本当にお疲れ様、頑張ったね知夏と読了後そんな思いで胸がいっぱいになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

力強い文章力

2015/01/28 17:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aozora - この投稿者のレビュー一覧を見る

糸森さんの小説は皆読みごたえがあって面白いです。
糸森さんの出版本では初の完結したお話しになりました。

簡単にはいかない現実に、けれども主人公が抗う姿は爽快感と力強さがあります。
ぜひ、おススメです。読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

皆が幸せなハッピーエンドではないけれど...

2016/11/05 07:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻にしてやっと天つ神が登場しました。密かにあの人ではと思っていた方に憑依(?)してらっしゃいました。司義は最後まで悪足掻きしてましたね。伊織の事は残念だけど未来でまた逢える事を信じて、これで知夏の緋宮としての物語は終わりました。

最初の数冊は(特に一巻)文章が読みづらく話に入り込めなくて読書が遅々と進まなかったのですが、私が慣れたのか作者の文章力が上がったのか(多分両方)最後の数冊は一気に読めました。シリーズ完結後に読み始めて良かったです。

作者の最近のシリーズの一つが打ち切りのような感じで終わったのですが、残っているのは是非このシリーズのように最後まで綺麗に終えられますように願います。

あと一冊短編集が残っているので、もう一度この世界に浸りに行きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

骨太なのに乙女チックな独特の世界

2015/02/03 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Apple - この投稿者のレビュー一覧を見る

親離れ子離れ、成長、国の成り立ち、再生、輪廻。
そういった人間の普遍的なテーマを日本神話を参考に、糸森氏の新しい神話として、とても上手にまとめておられ、大変読み応えがありました。
ただ、キャラクターたちはそれぞれ魅力的なのですが、会話が不自然といいますか、ゲームや漫画のようなノリの突っ込みや掛け合いで、ちょっと違和感がありました。これでもう少し会話が自然なら物語にぐっと入り込めたのですが。
そこだけが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/23 02:27

投稿元:ブクログ

大団円!
よく頑張りました!

この方の作品は頑張る主人公がとても好きなんですが、やっぱり好きだった!
そしてなんか微妙な萌え加減が良い。
結構容赦ない切り捨て加減が良い。

お疲れ様、としんみり。

2015/01/05 17:20

投稿元:ブクログ

2014年12月31日読了

後半3冊と完結巻はほぼ読み飛ばし。

過酷な運命が物語の醍醐味なのは分かるのだけど、毎回毎回似たように襲い来る試練が食傷気味になってしまった。あと、途中は少し慣れたけど、とにかく知夏の一人称で進むのがキツい。なんていうのか、テンション?ノリ?話は魅力的なので、それで敬遠してしまうのがもったいない。見せ方なのかもしれないけど、知夏と花神が混じってしまって視点すらふらふらするのはちょっと面倒だったかな。

神代との絡みの物語は好きなのでそのあたりだけかいつまんだ感じ。

完結としては、思ったよりもぼかした終わり方だったなぁと思った。もちろん知夏はきちんと収まるとこに収まったんだけど、世界の行く末や知夏の今後はなんかぼかされてる雰囲気。外伝が出るので彼らの未来はそちらを待つ感じかな。
相変わらず、朝火が朝火のままで良かったなぁと思いました。彼がいなければ最後までこのシリーズに付き合えなかったかもしれない。

2015/07/14 21:10

投稿元:ブクログ

勢いのあるまま、完結してくれて本当に嬉しい。
ライトノベルとしては、驚愕のかなりの分厚さ。
巻を分けて、SS挿入で前後にわけてもいいところを、一気に完結させてくれた編集に拍手。
カラーピンナップ付き。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4563.html

2015/03/12 17:53

投稿元:ブクログ

蒸槻の混乱と戦いが長かった~!休む暇なく駆け抜けたってカンジ。1巻から徹底して知夏が元居た現実世界に執着がない代わりに、ついつい私が知夏の両親や友人があちらでどんなに心を痛めているかと、心配してしまうよ。とりあえず丸く収まって良かった良かった。

2015/03/31 12:50

投稿元:ブクログ

このシリーズは最初はなかなか読み進まなかったけど、だんだん好きになって、ハマってからはイッキ読みしてしまいました。

9 件中 1 件~ 9 件を表示