サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0217-23)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/30 09:26

投稿元:ブクログ

かなりプロダクト寄りの内容で、ちょっと思ってたものとは違ったんだけどそれは僕がちゃんと読まずに買ったせいですね。市場調査、顧客調査から製品のプロダクトフィードバックサイクルまでを、考え方のフレームワークとして教えてくれる本でした。自分が今必要な情報ではなかったけど、手元に置いておきたい。

2017/01/09 13:01

投稿元:ブクログ

新規事業の立ち上げをステップごとにまとめてある。

1.顧客がだれ
2.顧客のためになにができるか
3.顧客はどうやって製品を手に入れるか
4.製品からどうやって収益をあげるか
5.どのように製品を設計すべきか
6.どのように事業を拡大すればいいか

この6つの質問に応えるかたちで立ち上げに必要なプロセスが詳細に記されている。
実際のタスクに落として、実践に活かしたい。

2015/02/21 16:15

投稿元:ブクログ

●mitメディアラボ9つの原則
ー強さではなくしなやかさを
ー押すことではなき引くことを
ー安全ではなくリスクを
ーモノではなくシステムを
ー地図ではなくコンパスを
ー理論ではなく実践を
ー服従ではなく反抗を
ー専門家ではなく大勢の人々(クラウド)を
ー教育ではなく学習を

●忘れるべき3つの神話
・起業は一人で行うものだ
・起業家はみなカリスマ性を備えている
・起業家になれるかは生まれ持った素質てきまる

●イノベーションは発明+商業化
⚫︎代金をはらってくれる顧客がいるのがビジネスの必要十分条件

⚫︎◯行動こそがあなたを自由にする!
⚫︎×真理こそがあなたを自由にする


【プロセス】
市場細分化(ブレスト→絞り込み→市場調査ペルソナ)→ユーザ分析→TAM→ペルソナ→ライフサイクル、ユースケース→製品の視覚化(パンフレット)→製品の価値→ファーストユーザ探し→強み分析→競合分析→意思決定者を知る→顧客獲得プロセス→将来TAM→ビジネスモデル→価格体系をつくる→ 収益計算(LTV v.s. COCAは3:1くらい)販売プロセス(マーケティング)→coca計算→検証する仮説の特定→主要な仮説検証→mvpつくる→PoC→成長戦略

2015/09/23 17:06

投稿元:ブクログ

 新規事業創出には少なくとも大外しをしない方法論がある、といわれるが、その中身を具体的に示した本である。「事業」でなくとも新規に何かをやる場合の進め方の参考になる面も多いように思う。
 「顧客は誰ですか?」、「顧客の利益になりますか?」とは事業が成立しうるかどうか考えるときに重要な問いだ。だが、本書ではもっと緻密な、実在する想定顧客のペルソナの構築を求めている。ペルソナは事業展開の方向性にも影響するのである。個人的には、顧客を問うということを正しく理解していなかったことに気づかされた点だけでも価値があったと思う。
 後半に進むにつれ、LTVやCOCAなど、なるほど重要だとは思うものの、これを使った仮設構築がピンとこないのは自分でやっていないことが大きいのかもしれない。
 再読しながら、当面の課題をネタに演習をやってみたい。

2015/06/04 23:17

投稿元:ブクログ

新規ビジネスを想像する為の24ステップが体系的に解説されています。それぞれのステップは詳細と事例が判り易く書かれていますので日常の仕事に直ぐにでも落とし込みたいです。顧客生涯価値(LTV: Life Time Value)と顧客獲得コスト(COCA: Cost Of Customer Acquisition)の重要性については深く考えさせられました。

5 件中 1 件~ 5 件を表示