サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

世界を変える全寮制インターナショナルスクール 日本初!

世界を変える全寮制インターナショナルスクール 日本初! みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/12/23 00:29

投稿元:ブクログ

半分をアジアの外国人生徒としている全寮制高校のISAKについて、連載記事をまとめたものらしい。
そのせいか、やや散漫な内容で、本来持っているはずの熱のようなものは伝わりにくい。

子を持つ親としては、このような国際人を教育する場が増えることはとても望ましいし、ISAKにもぜひ成功してもらいたいと思う

2015/03/17 01:15

投稿元:ブクログ

やっぱり、差を識ることで学ぶことが多いことを実感。大人も子供もその中から学び、多くの人と共有することで化学反応が起こるんだ!

2015/01/09 00:28

投稿元:ブクログ

日本初の全寮制インターナショナルスクールInternational School of Asia, Karuizawa (= ISAK)を設立した、小林りんさんの奮闘記。
なぜ学校を作ろうと思ったか、設立までの道のりでどんな苦悩や経験をしてきたか、そしてそれをどうやって乗り越えてきたか…共同代表理事である谷家衛氏が、事業が成功するかしないかは最終的に「人」で決まるといったとおり、小林りん氏の人柄や熱意がとても魅力的だということが伝わってくる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
以下、印象的なポイント

(リーダーシップとは)何か想像を超える事態が起こった時、クンクンと臭いをかいで、「みんな、こっちだよ!」とガイドできるような人

ガンジーの言葉
この世界で「こうあってほしい」という変革があったら、まずはそれを自分で体現しなさい。

修練すれば誰でもリーダーシップを身につけることができる

相反する両面を同じように大事だと思えるのは、とても素晴らしいこと。

運とか縁とか能力といったものは、自分のためだけにあるのではなく、何かもっと大きなもののために使うべく「授かったもの」なのではないか

2015/10/21 16:35

投稿元:ブクログ

小林りんさんのお話を直接聞く機会に恵まれ、もの足りなくて読んだ。彼女の頑張ってこられた様子をもっと知りたくて。志あるところに道は開ける。底知れぬ魅力を持った人とだと思う。

2015/01/04 15:34

投稿元:ブクログ

こんな学校があったら通ってみたかったという思いと、こんな志をいつか実現できたらという両方のわくわく感を与えてくれる一冊。これからは問題を解くだけではなく、問題を見つけ出しさらにそれを解く力が必要であり、そのためには国際的にダイバーシティ豊かな教育環境が求められるという考えに共感する。
ここから、日本だけでなく、世界のチェンジメーカーが巣立つことを心から応援したい。

2015/02/01 16:43

投稿元:ブクログ

・これからの時代は、確かな価値観と共に自ら課題を見つけ、自分なりの解決策を考える力や、その考えを周りに協力してもらうコミュニケーション力が必要だ。理系や文系、芸術系などといった分野の垣根を乗り越え、柔軟に考えられるチャレンジ精神を持った人材の育成が、世界に、特にこれからのアジアにとって必要なんだ。

・今後の日本に対する不安。世界を見たとき、日本人は国際社会を俯瞰し、時代の新しい価値を創造する人材にならなければダメだと痛感します。もはや経済大国ではなんくなりつつあり、しかも人口も減少していく日本は、今後どう生き、どう進むべきなのか・・・

・アジアの人々は今、一番の激動期を生きていると同時に、もっとも恵まれた環境にいると思います。まさに成長している段階の中国やインドなどでは、松下幸之助さんや本田宗一郎さんのような人材がこれからどんどん出てくる可能性が大いに期待できます。成熟した社会でハングリー精神を見失いがちな日本の子どもたちにとっても、そういったアジアの子どもたちと共に生活することで、自分の置かれている現状についても考えるようになるでしょうし、刺激をうけることで成長の契機となるのではないでしょうか。

・多様なバックグラウンドをもつ子どもたちが全寮制教育によって日本で学ぶことの意義。社会の中での共生、共感。自分だけが良ければという精神ではなく、人に対する思いやりみたいなものがあって、一人ではなくみんなで最適なものを探っていくという国民性が、日本人には脈々と受け継がれている。何を教えられたというわけではなく、日本の社会の中で自然と身についている価値観がある。

6 件中 1 件~ 6 件を表示