サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫)

陰陽師 酔月ノ巻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.1

評価内訳

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

待望の陰陽師シリーズです!

2015/05/01 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Len - この投稿者のレビュー一覧を見る

はかなくて,美しい世界です。

世間では忌むべき存在とされるものも
安倍晴明と源博雅の2人の目を通し,哀しくも愛おしい存在として描かれます。

雪がふる,ふる,ふる。
桜がちる,ちる,ちる。

あるはずのない音が,本を通して聞こえるかのようです。

短編ですので一気に読んでしまそうですが
時間をかけてゆっくり,ゆっくり味わいながら読んでもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらず楽しめる平安時代の大人の童話

2015/03/08 21:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢枕獏の陰陽師の酔月ノ巻であるが、この物語には終わりがなさそうである。いつまでも続くようだ。大人の童話のようなもので気楽に読める点が気に入っている。また、陰陽師のオカルト的な点は不要なのだが、平安時代という時代設定が最もよい。平安時代といえば、今から千年近くも昔である。

 そこでの人の会話は、安倍晴明と源博雅のような現代的なやりとりがなされていたのだろうか。そうはいっても、その記録が残っている訳もなく、そうしないことには話が始まらないのも確かである。

 平安時代の京での出来事であるし、安倍晴明、そして源博雅といえば、当然当時の政治に関わる重要人物が登場してくる道理である。今回も藤原兼家がよく登場する。兼家は関白を務める要人ですが、これまでもよく清明に相談事を持ちかけてきましたが、本巻でもありました。

 いつもながら話は、雪が降っているにもかかわらず、縁側で酒を酌み交わしながら庭の風景を愛でる晴明と博雅の二人の会話から始まる。また、敵か味方か分からない存在の蘆屋道満もよく顔を出す。怪しげな現象のほとんどはこの道満が原因を作っているようだ。そして、その解決は清明に委ねられる。それを道満も心得ているし、晴明も覚悟しているようだ。

 本巻では、山月記にヒントを得た『新山月記』が9つのエピソードの一つに含まれている。そして今回は詩もよく登場する。白楽天の詩が引用されてもいる。詩にはあまり興味が向かないので、エピソード全体に加えられた味付けの意味が分からず、大変残念である。

 酔月ノ巻というので、縁側での二人の会話も、エピソードも多少酒に酔ったものかといえば、ほんの僅かにその香りがする程度であった。次回作を楽しみにしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一日で呼んでしまいました

2015/11/08 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:玄米ごはん - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章がやわらかくとても読みやすい一冊でした。
作者の円熟した人間観察があり、それが文章に反映されていて
人間の優しさが伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/30 23:33

投稿元:ブクログ

今回道満が多い。隠れファンなのでちょっと嬉しい。
大体いつもの陰陽師。今回はブレが少なく安定感があり楽しく読めた。

2015/04/25 22:21

投稿元:ブクログ

このシリーズ、文庫は欠かさず読んでます。
独特の雰囲気がいいですね~。
今回は道満の登場が多かったです。
なんか少しづついい人になっていくような。
短編で読みやすくどの話も面白かったです。

2015/01/26 15:00

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201501/article_5.html

2015/01/14 13:44

投稿元:ブクログ

暗い夜は暗く、明るい朝は明るく、寒い冬には雪が降り、春には桜が芽吹き、夏になれば草が茂る・・・。そんなことを肌に感じながら、この世のものではないモノ達と折り合いをつけながら、生きていく。
体が首から離れたり、彦星さまが浮気をしたり、その中を晴明はするすると流れて行き、時々博雅の素直な言葉に助けられている。
この話はずっとどこまでもどこまでも続いて欲しい・・・と、思っていたら、あとがきで作者が仕事の整理をしているような話が・・・。この話は続けてもらえるようですが・・・。
いつまでも、晴明と博雅はこの館で酒を酌み交わして居てほしいです。

2015/01/28 21:05

投稿元:ブクログ

久しぶりに陰陽師を読んだ。いつまでも変わらぬ安倍晴明と源博雅。恐ろしきことにも、いつでも風流な形で話は進む。書いて25年。変わったけど、変わらないこの物語はステキである。

2015/01/07 00:06

投稿元:ブクログ

あとがきによると、作者の獏さんがこのシリーズを書いてから二十五年になるそうです(単行本の刊行当時と推察されます)。
晴明の屋敷の縁側で、簀子の上に座して、晴明と博雅がゆっくりと酒を呑んでいる。ロマンチストの博雅が季節の移ろいや何かを語り、晴明が呪の話に結びつけようとするのを博雅が押しとどめる。
やがて屋敷に人が訪ねてきて怪異を語り、二人が腰を上げてその謎解きに出かける。
この黄金パターンに飽きることなく魅了され続けております。

2015/08/17 21:48

投稿元:ブクログ

兼家の息子が道長かー
これまでなぜ道長が出てこないのかなあと思っていたよ
今回の道満はちょっと優しめだった
いい人っぽくてへんなかんじ
三月記はせつない
自分に固執しなければよいのだけども
祈りと呪いは紙一重なのだなあ

2015/01/17 17:43

投稿元:ブクログ

季節がうつろうう美しい晴明の屋敷の庭
その庭を眺めながら酒を酌み交わす晴明と雅博
そこに、晴明への頼み事が持ち込まれ、その解決のため
「ゆこう」「ゆこう」と二人連れだって出かける。

その形式で変わらぬ雰囲気を感じさせながら、
妖という形を持つにいたった、人の妄執が描かれる。

それにしても、人の妄執は尽きないねぇ。

2016/01/04 21:20

投稿元:ブクログ

ちょっと、ネタ切れなのかなと思い始めている。あと、この巻の話の依頼人がほとんど橘氏なのは、何かの古典から立て続けに引っぱってきたのだろうか?
「銅酒を飲む女」★★★
「桜闇、女の首」★★
「首大臣」★★★
「道満、酒を馳走されて死人と添い寝する語」★
「めなし」★★
「新山月記」★★★
「牛怪」★★
「望月の五位」★★
「夜叉婆あ」★★★

2015/04/22 22:19

投稿元:ブクログ

『道満、酒を馳走されて死人と添い寝する語』では典型的な悪人ではないけれど作中では良く描かれない蘆屋道満の見方がすこし変わりました。
『牛怪』でも晴明に協力したりと行動の読めないお人。それは以前の作品でもそうでしたが、この巻でも変わらない。というよりも巻を重ねるほど、興味があるのに煙に巻かれていく気がします。
一体どういう行動理念を持った人なのだろうか。

2015/10/14 21:10

投稿元:ブクログ

夢枕さん、漢詩に凝りだしたのかな…。

親というものは子供よりも長生きをして、その子の生涯を見届けてあげたい、役に立ってあげたいってものなのだって蘆屋道満さんが言う『夜叉婆あ』は、へぇ~って思いました。

2015/01/20 16:59

投稿元:ブクログ

「夜叉婆」がダントツに心に残った。
この巻は比較的蘆屋道満が多め。
ある種パターン化している陰陽師がいまだにある程度受けているのは、キャラクターの書き方の妙だろう。
晴明はある程度パブリックイメージで怪しくひとをくったような怜悧な美青年として書かれ、相方はその反対に陽を求められる。
しかし、博雅の「陽」をとことんまでつきつめ、笛の名手であやかしにも愛される才能の持ちぬしにすることで、晴明に負けない魅力をもたせている。(これを理解しない監督が映画化で大失敗していたが)
この蘆屋道満も今まで何度となく、不気味な敵として扱われてきたが夢枕獏の陰陽師では晴明とよく似た人物として書かれている。
風体や立場は違うが、権力などに興味はなく有り余る力を退屈しのぎに使う。
ひとを外から見ているような言動が多いが、人が嫌いなわけではない。
決定的な違いは博雅がいるかどうかということだけだ。

今回の蘆屋道満主人公の『夜叉婆』はそれがよく出ていたと思う。
昔話の母親が鬼にすり替わっており命を狙われる兄弟もののモチーフだ。
偶然出会った道満はあってもいない彼らの母親を「可愛い」と評する。
愛おしいわが子を死ぬまで見守りたい母親の妄執も、彼にとってはあさましいからこそいじらしく映る。
哀れですらない、最強の呪術師のひとりである彼には「かわゆく」しか思えないのだ。
喰うことで子供を取り込めるわけがないことをよく知っているから、そんなこともわからない愚かしさはたんなるかわゆさに過ぎない。
彼がとった行動も、攻撃的なものではなく、誰も傷つけない優しいやりかただ。
だが、このエピソードを晴明でやると無理が生じる。
かわゆい、と表現するには晴明には人世界への縛りがあるような気がするからだ。
もちろん、その縛りは博雅なのだが。
それがいいわけでも悪いわけでもない。
そして、晴明ではできない陰陽師の表現を賀茂保徳(今回は登場なし)や蘆屋道満で行うことで小説の世界を広げている。
だからタイトルが「晴明」ではなく「陰陽師」なのは偶然の結果なのだろうが上手にはまっていると思う。

27 件中 1 件~ 15 件を表示