サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/04/11 15:11

投稿元:ブクログ

ながめているだけで、ふくふくした気持ちになれる1冊に出会えました。

東北の市井の人々が木を削って生み出し、日々手を合わせてきた庶民のための仏像たち。
荒削りだったり、妙に傾いでいたり、アンバランスな身体をしていたり…。
京都や奈良にあるきらびやかな仏像とはちがった味わいから目が離せませんでした。
真っ黒に煤けた仏像は、長年家々の神棚にまつられ、竃の煙を浴びたていたためなのだそう…人々の暮らしにこれらの仏様が寄り添っていたという証です。
閻魔大王・竜王・大黒天のしるしをつけた多聞天の、ちょっと欲張りな出で立ちに、思わず笑ってしまいました。

地獄絵に「たのしい」という形容詞はそぐわないのでは…という私の思い込みを吹き飛ばしてくれました。
恐ろしい地獄の責苦が描かれているはずなのですが、亡者たちが笑っているように見えたり、絶妙なゆるい線で描かれていたり…など、じっくり眺めているとふつふつとおかしみが滲んでくるのです。
「この感じ、どこかで味わったような…?」と思っていたら、幼稚園で初めて『じごくのそうべえ』を読んでもらったときの感じと似ているのでした。

このような仏像や絵が人々の祈りを受け止めてきたのだなぁ…と思うと、ユーモラスな外見の裏側に深みも感じられ、ますます好ましく感じました。

2015/03/16 14:31

投稿元:ブクログ

装丁がかわいくて手に取った。庶民に親しみを込めて拝まれた素朴な仏像や地獄絵について真面目に考察されており、触れたことのない世界だったので興味深かった。コミカルな表現にも見える作品群だけど、祈りを込めて作られ長きに渡って大切にされてきたと思うと、神聖なものに思えてきます。

2 件中 1 件~ 2 件を表示