サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

納豆の起源(NHKブックス)

納豆の起源 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/03/01 10:16

投稿元:ブクログ

読書録「納豆の起源」5

著者 横山智
出版 NHKBOOKS

p242より引用
“最初に見たネパールの納豆が新聞紙と段
ボールでつくられていたことに、正直、がっ
かりした。”

目次から抜粋引用
“大豆と日本の納豆
 世界の納豆
 納豆交差点
 多様なる調理法
 納豆の聖地へ”

 地理学を専門とする理学博士による、日本
人に馴染み深い食べもの、納豆について調査
した一冊。
 著者がラオスでであった納豆をきっかけと
し、納豆の存在する地域の多くを著者自らの
足を使って調べ上げられています。

 上記の引用は、ネパール東部・ライ族の納
豆の作り方についての一文。
がっかりというよりもびっくりです。
日本の昔の納豆は、藁苞に茹でた納豆を入れ
て作るという方法だったそうです。
この本に出てくる他の地域の、納豆の作り方
も、大抵何がしかの植物が関わっている事が
多いようですが、必ずしも植物が必要という
わけではないようですね。
 こうして納豆を作る菌が何処にでもいるよ
うに思うと、「本当に大切なものは目には見
えないんだよ」という、星の王子さまの一節
を思い出します。
 数多くの現地調査が行われており、大変な
労作だと思います。納豆が好きな人や、普段
好きでなくても食べる機会がある人は、読ん
で損はない一冊ではないでしょうか。

ーーーーー

2016/02/03 02:59

投稿元:ブクログ

納豆は日本独自のものかと思っていると、東南アジア(ミャンマー・タイの山岳部[シャン族の地域]・ラオス等)、ネパール・ブータンにかけて、同じような、そしてもっとバリエーションに富んだ納豆(大豆の無塩発酵食品)が存在する。それも、かなり美味しいらしい。ミャンマーでは、ソウルフード的な位置づけになる地域もあるようだ。
高野秀行氏の納豆紀行?の連載を愛読していたのだが、こちらの方が学問的に厳密で詳しい。

形態としては「粒状」「ひき割り」「ひき割りで乾燥」で、茹でた豆を植物に包んで自然発酵させる手順はどこもほぼ同じ。包む植物はバナナの葉から、シダ、日本と同じワラや新聞紙、ビニール袋というものまで、何でもありの状態で、要はほぼ自然に発酵させればできるということだ。調味料的な使い方でカオ・ソーイ(ラオスのコメの麺)に入れたりもする。唐辛子や調味料と混ぜたり、油であげたりもするようだ。中国南部の「豆鼓(トウチ)」も大豆の塩入り麹発酵食品で、このバリエーションとして雲南省あたりの人の移動に伴って伝わった可能性もあるし、自然にできるので、各地で独自に発達した可能性もある。秋田県には納豆発祥の地の石碑まであるくらいだから。

平安時代から納豆はあったようで、精進料理に重宝されたようだ。江戸時代には日本でも道端でひきわり納豆を売っていて、これをお湯に溶いた納豆汁が毎日普通に飲まれていたようで、関東地方にその後も納豆売りが多かったのはそのせいではないかと考えられている。東北地方では今でもこの納豆汁が主流。温まるので冬の季語にもなっている。一方、関西では自宅で作っていたためか、同じ大豆発酵食品の味噌が互換していたためか、納豆売りは少なかったようだ。

照葉樹林文化圏という名称は、かなり大雑把な分類で正確性に欠けるそうだが、今から6000年ほど前の今より暖かかった頃の中国の長江中下流域以南と東南アジアの「東亜半月弧」地域で、稲や大豆の栽培が始まり、この中の限られた地域で大豆発酵食品のバリエーション(豆鼓・味噌醤油・納豆)ができ、その中の納豆に共通の特徴が見られ、日本がそこに含まれていることは非常に興味深い。

ちなみに、韓国にも納豆があるが、中国にはない。
インドネシアにはテンペ菌でつくるテンペがある。
納豆の語源はよくわかっていないようだが、タイやラオスでは「トー(豆)ナオ(腐った)」と言うそうで、関係あるとすれば、ちょっと出来過ぎ。

2016/11/18 21:33

投稿元:ブクログ

アジアの納豆についての綿密なフィールドワークの記録。タイ北部やミャンマー、ネパールに、実に多様な納豆が作られているのに驚嘆した。「謎のアジア納豆」でも紹介されていたが、学者の調査だけに徹底している。納豆料理を作りたくなった。

2014/12/15 08:45

投稿元:ブクログ

図書館の新着棚にあったので,年末年始の読書用に確保。

時間切れで返却したので全部は読み切れず。
いろんな納豆があることが分かった。

2015/01/11 23:20

投稿元:ブクログ

興味深い内容ではあるが、東南アジアの文化や民族を知らないと読みにくいかもしれない。
《納豆》の定義の仕方に、ぽんっと手を叩ける感じの本。

5 件中 1 件~ 5 件を表示