サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

万能鑑定士Qの事件簿 10(角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 10 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー94件

みんなの評価4.0

評価内訳

94 件中 1 件~ 15 件を表示

VS = →

2011/12/21 11:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

鑑定士シリーズもはや10作目。この作品では、莉子がどのようにして万物の鑑定が出来るような頭脳を持ちえたか、に触れる。というより、整理して物事を考える秘術を知るのである。そこで登場するのが、上の三つの記号「VS」「=」「→」。人生の師であるチープグッズの店長、瀬戸内陸。莉子は陸から、あらゆる事柄はこの三つの記号を用いて考える事で、必ず答えに行きつく事が出来ると教わる。最初こそ半信半疑だった莉子も、毎日陸から送られてくる難題を説きつつ、手ごたえを感じていくのだった。
一方、今回起こる事件は「印鑑偽造」。美容室チェーンのレティシアが、実印を偽造されてチェーン全てをヤクザがらみの会社に乗っ取られようとしていた。その無茶な契約書に捺印された実印は、数千倍に拡大しても、本物と証明されてしまう。チェーン店社長親子とひょんな事から知り合った莉子だったが、誠心誠意彼らを助け出そうと尽力する。果たして、莉子は究極の秘術を使って、この難問を打破する事が出来るのだろうか。そしてこの乗っ取り事件の裏に潜む、さらに巨大な悪へと、莉子は立ち向かっていく。莉子の仄かな恋心も、作品のスパイスとなって全体を盛り上げる。Qシリーズの原点とも言える一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初々しい莉子ちゃん

2016/07/19 07:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

今巻は昔に戻って、莉子ちゃんが瀬戸内店長に出会いお店を開くまでの物語。最近の賢い現状をからすれば、まだ初々しさが残る莉子ちゃんがかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

万能鑑定士Qの事件簿10

2015/10/21 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わかにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

走り出しはバカだった鑑定家が、どんどん知恵をつけていく、というお話だった。

こんな面倒見のいい、瀬戸内さんみたいな人、いませんよ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/13 22:17

投稿元:ブクログ

今回は、3年前の、鑑定業を始めたばかりの時点に戻って、劣等生で天然だった女の子が万能鑑定士に転進できたもう一つの理由が明らかになる。


(2011/7/11)

2015/12/20 19:04

投稿元:ブクログ

攻略本にⅠ&Ⅱを読んだらⅩを読むと良いと書かれていたので、Ⅲより前に読んでみた。
まぁ図書館で借りて読んでいる段階で借りられているのは飛ばして読んでいるのですが。

ハイパーインフレ事件の解決後すぐから、
3年前にお店をオープンさせた時期の頃に戻り、
また現代へという感じ。

恋に臆病になるきっかけの美容師との出会いはこの時か。

2012/11/17 22:31

投稿元:ブクログ

 時系列を遡って、外伝っぽい作品。今まで出てきたキャラが何人か再登場してきて、ちょっと懐かしい気分。
 序盤は実用書に書くような論理的思考法の話を、噛み砕いて小説にしました的な展開で、小説としては退屈かなあ……と思っていた。でも、社印の捏造事件にかかわり始めてから暴力団とか密輸とか話が大きくなっていって、まあまあ面白くなった。
 最後は、まるで東野圭吾のガリレオシリーズに出てくるような理系な知識で解決。へー。こんな風に賢くなってみたいもんだなあと、改めて思うのでした。

 ただ、かなり「現政権」といって遠まわしに民主党をdisってて、そういう政治的な話はあんまり出さないでほしいなあ。

2013/08/14 20:51

投稿元:ブクログ

主人公が鑑定稼業を始めた頃の回想録。
開業当初は騙されてばかりだった主人公が、詐欺を見抜く論理的思考を身につけていく話。
今回は小ネタがいくつかあって面白かった。
(図書館)

2011/07/19 11:14

投稿元:ブクログ

途中までは面白いのに、肝心のトリックは尻つぼみ・・・。とはいえ、エピソード0的で、熱心なファンには興味深いかも。「現政権」の危機管理能力への批判は、当たってるところもあると思うけど、前政権ならもっとうまく対応できたとは思えないし、こうした読み物で政治がらみの話を強調するのはあまり・・・。

2014/12/28 07:25

投稿元:ブクログ

莉子がどうやって鋭い洞察力や鑑定眼を身につけたのか、のお話。
第1話と2話の続きとなっているが、ハイパーインフレ事件の直後に3年前を回想している形。
10巻なので、これまでのまとめ?って感じ。
莉子の成長過程が分かってすっきり。
小笠原くんが出てこなくて残念。次巻に期待。

2011/10/13 07:47

投稿元:ブクログ

お人よしの莉子は店を開いても騙されてばかり。店を営業していく上で大切な思考法を教えてくれた3年前の詐欺事件。

2011/07/02 09:42

投稿元:ブクログ

少し、昔の事件のサイドストーリーから
段々と現代の事件を交差

そして、どうやって「りんだりんこ」が
賢くなったかを具体的に

松岡圭祐先生の進む方向が面白い
世界一受けたい授業 とか
ほんまでっかTV
で、独特のノウハウを披露したらいいのに・・・

2013/04/09 21:55

投稿元:ブクログ

シリーズ第10作目にして、過去に遡るか…莉子の直感がスカッとするので、それ以前の莉子にはあんまり魅力を感じなくて、少々中だるみ。
シリーズに登場する人物の描かれなかった一面が描かれているのは、面白いが、後付感も満載…

2012/08/22 20:28

投稿元:ブクログ

1巻2巻の頃の話。
ここで過去を振り返るとは!
楓さんは再登場しないのでしょうか。
けっこう好きなんです。楓さん。

2013/07/03 22:55

投稿元:ブクログ

莉子二十歳、万能鑑定士最初の事件

【内容】
2巻のラストに続く場面から始まり、回想となる。
知識は増えたがまだアホガールの名残があった頃の莉子を瀬戸内が再教育する。

【感想】
今回一番興味を抱いたのは莉子に伝授された問題解決法だったりして。
有機的自問自答と無機的検証。
著者のオリジナルかもしれないけど、けっこう実生活で使えそう。

(2013年07月03日読了)

2012/11/23 07:28

投稿元:ブクログ

莉子が独立した20歳の話と今をつなげるストーリー。

どんな経験を経て今の莉子があるのか。
爽快な事件解決には必要な二段階の論理思考と図式化とは。
今までの事件はどう繋がっていたのか。

シリーズで描かれなかったシーンがたくさん。
ここまで読んできた人に納得の巻。

万能鑑定士の外伝も注文済。
そっちも楽しませてもらおう!

94 件中 1 件~ 15 件を表示