サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

社会学の歴史 社会という謎の系譜 1(有斐閣アルマ)

社会学の歴史 社会という謎の系譜 1 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

少し新鮮な社会学史の概説書です。

2015/02/08 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:豆柴タロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥村先生が、学生に講義する形式を意識して書かれた社会学史書です。
各学者が、社会のどんな謎を感じ、その解明にどう挑んだか?、というスタイルで説明されています。「~1」とあるように、戦後のパーソンズ以降の学説は2以降で、本書では、パーソンズあたりまでになります。
個人的には、社会学史の入門としてブリッジブック(信山社)を通読してから、本書を読むのがとてもいいと思います。「~2」が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/20 14:32

投稿元:ブクログ

『社会学の歴史Ⅰ -- 社会という謎の系譜』
A History of Sociology: Discovering Enigmas of Society Ⅰ

【目次】
第1章 「社会学」のはじまり─社会という謎
第2章 カール・マルクス─資本という謎
第3章 エミール・デュルケーム─連帯という謎
第4章 マックス・ヴェーバー─行為という謎
第5章 ゲオルク・ジンメル─距離という謎
第6章 シカゴ学派とミード─アメリカという謎
第7章 パーソンズとマートン─秩序という謎
第8章 亡命者たちの社会学─ナチズムという謎

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641220393

2 件中 1 件~ 2 件を表示