サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

現代ヤクザの意気地と修羅場 現役仁俠100人の本音

現代ヤクザの意気地と修羅場 現役仁俠100人の本音 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/02/15 22:15

投稿元:ブクログ

「ヤクザだから悪」と、一括りに考えてしまいがちですが、そんな単純なものではないと改めて気づかされました。
むしろ悪いことをしているという自覚がない、「善良な市民」こそ危険なのではないかと思います。

ヤクザは善というつもりはありません。
しかし、組織の一員という誇りを持ち全体を俯瞰している…とか、兄弟どうし共に笑い共に泣き…など、眩しく感じる点もありました。
これは何を意味するのでしょうか。

本文中にありましたが、「国将に亡びんとするや、必ず制多し」という言葉があるそうです。
そういえば江戸時代には、「白河の清きに魚も住みかねてもとの濁りの田沼恋しき」なんていう狂歌がありましたね。

いろいろと考える一冊でした。

1 件中 1 件~ 1 件を表示