サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 儀式 上
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

儀式 上(講談社文庫)

儀式 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.4

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

電子書籍

長い長い物語

2015/10/03 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ一作目の「検屍官」が発表されたのが確か1990年頃。それから四半世紀が過ぎたことになる。その間新作が出るたびに読み続けてきたのだから、やはりこのシリーズは面白いのだと思う。女性検屍官が男性優位の法執行機関の中で、勇気と知力とチームワークで難事件を解決し、のし上がっていく様が痛快だ。この作品「儀式」をはじめ、どの作品もミステリーとしての完成度は高く、一気に読ませる第一級のエンターテイメント作品だと思う。
 だからこれまでこのシリーズを読んだことのない人であっても、たまたま目についた作品を手に取って読めば、それがどの作品であっても(中にはプロットが複数作品に渡るというものもあるが)きっとこのシリーズのファンになるに違いないと思う。しかしこうした長い期間にわたって描き続けられる物語の楽しみとしては、やはりその始まりから立ち会い、作品世界の中で年を重ねる登場人物たちの生を、わが身と重ねて読んでみるということがことがあるのでないだろうか。若く溌剌とした女性検視官が、年月とともに成長しまた老いていくその変遷を、私自身も登場人物と一緒に感じながら読んできたように思う。これはそんな数少ない作品といえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/11 23:45

投稿元:ブクログ

上巻(前半)は、すべてが伏線といってもいい内容なので、それなりに期待できちゃうから困る。
でも後半は結局いつものパターンだろうな~、と思うので期待しないことにする。
今回もまたもや、ケイやベントンが犯人から狙われるのか?という雰囲気があり、組織権力から疎まれて事件だけに集中できるのではなく、政治的なことにも神経をすり減らさなければならないという構図。
ケイ、ベントン&ルーシー vs FBIや市警といった構図になるとルーシーの超ウルトラCスキル&お金にものを言わせたファンタジー解決策になりがちだから、ここんとこもうちょっと現実的な話に持っていったエンディングになってるといいけど、無理だろうなぁ~。
もうそこが白ける白ける。(^^;)
とにかく、感情から対人関係など、あらゆる2項対立の差が激しすぎるのが読んでてしんどい、しんどい。
(でも読んじゃうんだけどね。
 だから、早くシリーズ終わってくれーー!?)

「血霧」までは購入してたけど「死層」からは1冊が1200円超え。
ありえねー!ということで借りて読むことにしたが、9ヶ月待ちだった。
そろそろ年末、また新しいのが今年も出るんだろうなぁ~…。


-------------あらすじメモ(★ネタばれ有)-----------------------------

2016/01/10 15:31

投稿元:ブクログ

 ぐっと力を貯め込んで一気に放出するようなプロットというのも、このシリーズの特徴と言える。貯め込んでいるうちは奇怪過ぎる現象、厄介な状況が次々とケイ・スカーペッタという気難しいヒロインを襲ってくるので、これ以上の負荷はもう要らないと思えるようになる。巻末で唐突に呆気ないほどに解消する謎の数々も、もう少し時間をかけていいと思うのに、いつも手っ取り早く引きあげてしまう芝居小屋の大道具係みたいに手際が良すぎて、余韻というものが残りにくい。

 本書は、なんと丸々一日だけの物語である。夜明け前の4時台に始まり、夜更けに終わる。それほど時計の針の進み具合が遅いのは、今日この一日の出来事を語りつつ、物語は過去に遡行したりもするからだ。それは前作ほど昔の話ではなく、前作と本作との間に生じたらしいレギュラーメンバー間の重要な人間関係の葛藤に関するいきさつの物語だ。

 とりわけピート・マリーノはケイのもとを離れ、10年ぶりに刑事復帰を果たす。前作ではFBIより容疑者扱いまでされ、過去のケイへの確執を掘り返されもし、その割には登場シーンがほとんどなかったマリーノの心境の変化が、本作では入念に語られる。もちろんケイの眼を通してであるが、それは大方間違ったものではない。ベントンとマリーノという男たちのややこしい関係に加え、姪のルーシーの気難しさを相手取るケイのプライベート環境は初期の頃から大して変わることもなく事件のサブストーリーとしてどころか、時にはメインストーリーであるかのように、本シリーズにまつわりつく粘っこい繊維のような存在だ。

 本書のストーリーはマサチューセッツ工科大学で発生した風変わりな死体の発見に幕を開ける。ベントンは出来の悪い上司からともするとFBIを追いやられそうな状況に陥り、ケイはそれを心配している。ケイの元を去って刑事に舞い戻ったマリーノとの関係再構築もぎこちない。そんな中で事<ならずもの集団>と言われるダブルSなる投資企業と殺人事件被害者との訴訟問題が浮き彫りにされるが、そこにはルーシーが関わっているらしい。

 ルーシーのIT道具の登場も時代を反映した注目アイテムであるが、それが今回の殺人の解明に役立ってゆく様子、しかし科学捜査の発展と危険の増幅という二面性を持つ道具と、人間の善悪の構図が変わらない限り技術の未来は必ずしも安泰ではないという怖さも物語の中で執拗に語られる。ケイ・スカーペッタというサイエンスに身を捧げる検屍官の立場であるからこそ、常に科学捜査を検証する視線などは、微妙でデリケートでそれなりに感慨深い。文明観にまで及ぶケイの一人称叙述もまた、本シリーズの欠かせぬ魅力の一つだろう。

 いつも唐突に幕を下ろす印象の強い本シリーズだが、本書に限ってはレギュラーメンバーが勢ぞろいするサービスシーンが用意されている。こんな明るいシーンで巻を終えるなんて、まるでシリーズ20作記念パーティみたいだ。そう感じたのは、きっとぼくだけではないだろう。

2015/08/16 09:12

投稿元:ブクログ

検屍官ケイ・スカーペッタシリーズも21作目。
かれこれ20年以上の付き合いになる。
今回は被害者が、独特のポーズを取っている。
加えて同様の被害者とおぼしき女性がとある裁判の原告となっていて、さらにルーシーと関係があった模様。
FBI で働く夫のベントンの立場を追い込もうとする輩(上司)の存在。
明かせない情報をうまく共有しながら事件解決の為に力を合わせる。

技術の進歩により、犯行現場の再現レベルもものすごく高まっており、事件解決のためのネタ集めも容易になったのかな?と思うが、結局のところ材料を如何に料理するのかというシェフの想像力次第。
このあたりはミステリーだけでなく、普段の生活にも活かせるのかも。

既に新作が2作品も発行されているようで、早く日本語文庫化されることを願う。

2015/01/14 08:59

投稿元:ブクログ

年末恒例で買って読んではいるけれど、一冊の値段が高い割には内容が…。
上巻冒頭でいきなりマリーノはケイの勤めるCFCをやめて市警の刑事に転職しています。アメリカではそんなに簡単に警察に戻れるものなのね。
ベントンは上司に嫌われ仕事場では孤立。事件は改ざんの跡が見てとれ、またもや権力からの横やりと攻防しつつ、連続殺人事件と思われる犯人につけ狙われる。
相変わらず幸せに暮らしているはずのカップルも幸せに見えないとか、仕事以外では恋愛に翻弄されすぎ。
概ね今までの作品と展開は似たようなもの。

2015/02/08 17:05

投稿元:ブクログ

検屍官シリーズ第21弾
今回は、日本でも有名なMITのグラウンドで起きた殺人事件。スカーペッタがインフルエンザから回復した直後の朦朧とした状況に事件発生をしらせる電話を受ける所から始まる。

スカーペッタの朦朧とした心理状況と、事件捜査の状況が重なる。そして、スカーペッタがその状況から脱し、前に進み出したところで、事件捜査も前に進み出す。

2015/10/21 01:18

投稿元:ブクログ

世界中の事件が主人公を中心に起こっているという前提に疲れる。すべて自分たちが犯人に注目されていて当事者になるという、決して犯罪を解明するのではなく巻き込まれているというパターンは無理がある。ベントンも定年超えるいい歳だと思うがそれに立ちはだかる上司とはどんな人なのかしら。上巻が一日くらいの出来事で終わり、ほとんど彼女の過去の追想のようで必要ないのではと思ってしまう。

2015/01/14 21:37

投稿元:ブクログ

うーん ことの外読むのに時間がかかってます
検屍官なので仕方がないのですが、今回も殺されます
そして治りかけとはいえインフルエンザで伏せっていたケイのところにマリーノから夜明け前に緊急呼び出しが入ります

2015/06/30 22:48

投稿元:ブクログ

オーソドックスな内容のミステリーに近づいてきました。それでも何故だか、常連登場人物をこき下ろしたりしていますが(苦笑)。

ミステリーに特化してほしいな。人間関係が複雑なことは端折っていいからさ。

2015/01/10 11:39

投稿元:ブクログ

201501/年末恒例的な感じで毎回読んでるけど、1作目から追ってる読者としては、事件パートも、ケイを取り巻く人々の描写にも年々ガッカリ展開。初期に比べ会話文にも違和感(特にルーシー)を覚えるのは、訳者の違いだけじゃなく原文も変わってきてるのかな。実際これだけ年月経過してれば、変わってくるものだけど、その経過を楽しめない。みんな常に不機嫌モードだから読んでて憂鬱になるのかも。事件が事件だから、陽気にゴキゲンってわけにはいかなくても、マリーノに対する気持ちや周囲を支配したがるとことか、モヤモヤする。

2015/03/12 07:45

投稿元:ブクログ

2014年12月刊。シリーズ21作めの上巻。恒例の年末のお約束ケイ・スカーペッタ。今回もいたずらに長い。ケイ、ベントン、マリーノ、ルーシーも変らずに登場して、マンネリ感いっぱいです。

2015/03/09 19:03

投稿元:ブクログ

マサチューセッツ工科大で女子大学院生の変死体が発見された。遺体を検めたスカーペッタは奇妙な事実に気づく。全身に粉末状の蛍光物質が撒かれていたのだ。夫のベントンはワシントンDC連続殺人事件と同一犯とにらみ、問題の粉末は犯人が施した「儀式」の痕と推理する。真相は何か!?〈検屍官シリーズ第21弾〉

12 件中 1 件~ 12 件を表示