サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 儀式 上
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

儀式 上(講談社文庫)

儀式 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.4

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

電子書籍

長い長い物語

2015/10/03 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ一作目の「検屍官」が発表されたのが確か1990年頃。それから四半世紀が過ぎたことになる。その間新作が出るたびに読み続けてきたのだから、やはりこのシリーズは面白いのだと思う。女性検屍官が男性優位の法執行機関の中で、勇気と知力とチームワークで難事件を解決し、のし上がっていく様が痛快だ。この作品「儀式」をはじめ、どの作品もミステリーとしての完成度は高く、一気に読ませる第一級のエンターテイメント作品だと思う。
 だからこれまでこのシリーズを読んだことのない人であっても、たまたま目についた作品を手に取って読めば、それがどの作品であっても(中にはプロットが複数作品に渡るというものもあるが)きっとこのシリーズのファンになるに違いないと思う。しかしこうした長い期間にわたって描き続けられる物語の楽しみとしては、やはりその始まりから立ち会い、作品世界の中で年を重ねる登場人物たちの生を、わが身と重ねて読んでみるということがことがあるのでないだろうか。若く溌剌とした女性検視官が、年月とともに成長しまた老いていくその変遷を、私自身も登場人物と一緒に感じながら読んできたように思う。これはそんな数少ない作品といえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/11 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/16 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/14 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/08 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/21 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/14 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/10 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/12 07:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示