サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

おまえじゃなきゃだめなんだ(文春文庫)

おまえじゃなきゃだめなんだ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.4

評価内訳

65 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

おもしろいのもそうでないのも。

2015/01/21 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「おまえじゃなきゃだめなんだ」って実際言われると重いかな。「あなたじゃなきゃだめなの」って思ってもそれはほとんどの場合、時間とともに消えていく気持ちなんだとこの歳になって思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表題作

2015/10/25 11:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジュエリーをテーマにした作品の多い短編集です。表題作、タイトルはいかにも恋愛もの、という印象ですが、内容はちょっと想定外でした(恋愛モノといえば恋愛モノなのですが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一流とは…

2015/10/24 05:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛すること、をテーマにした短編集だが、各作とも感心できない。「対岸の彼女」や「八日目の蝉」など、この人は長編にこそ見るべきものがあるのではないか。逆に言うと、カチッと仕上げなければならない短編は、それだけ難しいわけで、ごまかしがきかない。むろん、長編なら、それが可能という意味ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/25 10:51

投稿元:ブクログ

かなり短い短編なのに深みがあって面白い作品に仕上がっています。なんでこんなに共感できる作品が書けるのか。凄い。

2015/05/07 22:38

投稿元:ブクログ

宝石にちなんだ作品の短編集。
ジュエリーショップなんて、結婚指輪購入以来行ってないですが…やっぱり「彼氏にプレゼントされたいアイテムナンバー1」ですよね!!(少なくて私はそうでした。)それぞれジュエリーに関する物語が素敵でした。

表題作が「山田うどん」メインの話だったのには驚きましたけど。案外、しみじみした話でした。

2015/02/28 16:26

投稿元:ブクログ

ずっと幸せじゃなくても、
あの一瞬があれば生きていける。
偽物だって自分を癒してくれる瞬間もあるし、
気づいたらほんものになる可能性もある。
一人でもいいから誰か自分を選んでくれたら、
それだけで生きていけると思う。

2015/01/31 01:54

投稿元:ブクログ

恋愛短編集が23編。表題とは裏腹に、ややドライな印象を受けるものが多かった。ちょっとさらりとしすぎかもしれないけど、20代後半なら、どれか一つは琴線に触れるものがあると思う。裏テーマは企業タイアップ作品集だと思うけど、私も含め、読む人が読むと勉強になると思う。

2016/01/24 09:41

投稿元:ブクログ

何かの冊子などに寄稿したような短編の集まり。
「消えない光」は良かった。結婚について考えさせられる。
また、山田うどんの話や家にまつわる話もいくつか良かった。ここら辺は青春の回顧がテーマ。

初めの方に載っている、ジュエリーや宿の話は内容が浅く、まるでケータイ小説に感じた。

2015/05/11 22:19

投稿元:ブクログ

ジュエリーもバカにできないと思った。男の人がこの本を読んでどう思うかはわからないが、女だったら誰しも特別なアクセサリーが欲しくなるんじゃないかなあ、と思った。

2015/03/13 22:04

投稿元:ブクログ

すごいよかった…
なんでだろう?

前半の方は、たぶんふと微笑んでしまう、なんていうかスピッツの世界みたいな2人のお話だから

そして後半の方は、ある程度年を重ねた人が共感できる、なんていうか恋愛について感じることが、すごく上手に描かれている

特に消えない光はサイコーでした
なんか、なんともいえない感情がこみあげてきた
時々小説がもたらしてくれる、最高の瞬間

2015/03/13 19:41

投稿元:ブクログ

テーマありきだと、やっぱそれなりな感じはあるけれど、さすが角田さんだなーと思わせる話もチラホラ。
ま、離婚指輪とかは、絶対ないけどー!www

2015/01/19 04:04

投稿元:ブクログ

自分もそこに存在していたかのように情景が目に浮かぶ。どこにでもあるような日常の、どこにでもいるような女の子たちの様子に、少し泣きたくなったり、思わずニヤリと笑ったり。

2015/09/29 10:33

投稿元:ブクログ

角田さんの 短編集って どうだろう?と 思いながら読みましたけど
やっぱり角田さんです( v^-゜)♪
とても おもしろかったです!

離婚記念なんて 現実では
ありえないけど 素敵だなあ~(*´∇`*)と 思います!

2015/03/08 18:22

投稿元:ブクログ

この本を読むと、結婚指輪や婚約指輪の思い出を思い出す。色んな恋の形。男性よりも女性の方が好きな人が多そう。「おまえじゃなきゃだめなんだ」が一番好きかなぁ。別れるのに指輪を買う夫婦も、なんだか素敵な話でした。

2015/06/26 11:48

投稿元:ブクログ

初出の雑誌のテーマやコンセプトに沿って書かれているものも多い。
ジュエリー絡みのお話が多いのもそのため。
それにしても、さまざまなカップルの形、場所に関する思い出の形が、丁寧に繊細に描き分けられている。
日常、フッと心をよぎること、男女の考え方、感じ方の違いなど、大袈裟でない事を拾い上げて文章にしているのはさすが。

65 件中 1 件~ 15 件を表示