サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

運命かもしれない恋(新書館ディアプラス文庫)

運命かもしれない恋 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

おもしろかったです。

2017/01/24 20:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家さんの作品は好き嫌いが分かれてしまうんですが、この作品は良かった。面白かったです。

同じ人に何度も一目惚れ。そして、四度目の出会い。

出てくる女性陣が魅力的ですね。美波さんしかり、古平さんのお見合い相手しかり。二人のアドバイスに後押しされて実った恋と言っても良いくらいですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会するたび一目惚れw

2016/02/18 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作【運命かもしれない恋】は雑誌掲載作で古平視点。
男らしい鷹揚な性格、それでいて惚れっぽい攻めの古平と
女の子と間違われるような可愛い外見なのに、
サバサバした受けの名久井の取り合わせが、一風変わっていて新鮮でした。

あらすじでは『高校の時に女の子と間違えて一目惚れ、告白』とありますが
実際には、古平が名久井を女の子と間違えて一目惚れしたのは
これ一度ではなく……w
(親の離婚などの理由で、名前が変わっていて同一人物だと気付きません)
『同じ人に繰り返し一目惚れする話』
と、あらすじを説明しようとすると、一言で片付いてしまうのですが
実際に読んでみると、なかなか読ませてくれる素敵な作品でした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/13 15:07

投稿元:ブクログ

めちゃくちゃ再会してる再会もの。
雑誌で読んで印象に残っていたので、書き下ろし目当てで購入。草間さかえセンセのイラストもすてきです。
運命かもしれない…と古平は自分の恋心を受け止めますが、三つ子の魂百までというか、人の好みっていうのは簡単には変わらないものなのね~と、つくづく思わせてくれる話でしたw
そして、古平はちょっと抜けてるところも昔からずっと変わっていないです…!

カレーが結ぶ縁。古平と名久井の出会いと今までの経緯は知れば知るほど笑えました。特にちっちゃい時のエピソードは胸キュン。そもそも抜けてる古平視点だから笑えるのであって、これが名久井の視点からの話だったら、かなり苦しく切ない話になっていた気がします。どうして古平が自分から遠ざかってしまうのか、意味が分からなかったはず。古平視点で正解でしたw
本当に波乱に満ちた名久井の人生だったので、愛し愛される幸せをつかみとってくれて安心しました。

エロ的にも、とても好みで萌えました。古平がやっぱり抜けてて、引き下がったり急に強引になったりでニヤつきました。
名久井にはとにかくキュンとさせられました。美波がいたのに、そんな身体だったとは…萌えました。
名久井がひとりで切り盛りして守ってきたカレー屋さん、とても食べに行きたくなりました。
「ただいま」「おかえり」にも激しくきゅーんときました!

2015/02/26 10:20

投稿元:ブクログ

サラリーマン・古平×カレー屋店主・名久井

同じ人に三度も一目惚れをした古平。
相手は、女の子と勘違いをした名久井。
10年ぶりの再会だが、名久井の薬指には、亡くなった奥さんとの結婚指輪が。





最初に何気なくでてくる調理実習のカレーが…。こんなところで効いてくるなんて。

2015/05/16 10:49

投稿元:ブクログ

再会するたび受を別人だと思って恋をしていた攻。渡海さんはいつも、物語の中にちょっとひねりの効いた設定を落としてあってとても好みです。そういったものが組み込まれているから、二人の想いが通じ合う流れが自然で、読んでいて心地がいいです。大人同士の穏やかでちょっとユーモラスなそんなBLを読みたい人におススメです。

2015/01/14 15:06

投稿元:ブクログ

面白かったです。古平にとっては3回も同じ人に一目ぼれって運命なんだろうね。それにしても名久井の人生ってホント波乱万丈ですよね。どの時期も一目惚れ後は友達になって仲良くすごすんだけどねぇ。 男だと気づくとかどうしても手が出てしまいそうだからという理由で古平が自分から離れていくパターン。意外にカップルになってからの古平は全然ヘタレでもなく同僚にバレてしまっても、それを悩むような繊細な心の持ち主でもないし、ただ名久井に迷惑がかからないように~でも別れるのは絶対なし!って感じでとっても素敵なカップルでした。

2015/04/28 10:56

投稿元:ブクログ

同じ人物(受け)に三度も一目惚れする「惚れっぽい」と自覚する攻め。
受けがカレー喫茶?のマスターで攻めが再再会したお客さんという関係。
うーん、少し盛り込み過ぎてどれも薄味という感覚。亡くなった奥さん、記憶喪失ネタ、いじめ、等々。思い出話としてだけなので臨場感というかどうしても感情移入しずらかった…。

2015/09/29 14:53

投稿元:ブクログ

同じ人に繰り返し一目惚れする話です。
どう考えてもその人しか好きになれないんじゃない?
と思うのに、本人は自分の事を単に惚れっぽいって思っているところもいいです。

最初は本人にも読者にもただの惚れっぽい人なのかな~と思わせといて、徐々にネタばらしされていく構成も良かったです。
すっかり忘れていた初恋のエピまで最後にダメ押しされたときはもう笑うしかなかったな~。

とにかく攻めが受けを大好き!
受けを大事に大事にしてるところが気持ち良かったです。

そして、その思いやりが受けに伝わって、
受けも攻めを好きになって行くのも自然に感じました。

エロは・・・初エッチはローション使ってやって~!!
と悲鳴が出ましたw
二回目はちゃんと使っていたのでちょっとホッ。

後半は受け視点でした。ラブラブで満足。
でも攻めが好きすぎて攻め視点をもう一回読みたくなりました。

8 件中 1 件~ 8 件を表示