サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

堕ちたる者の書(創元推理文庫)

堕ちたる者の書 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/03/09 07:01

投稿元:ブクログ

献本でいただいた1冊、久々のタニス・リーさんです。
時代は中世ヨーロッパ、舞台は架空の都“パラディス”。

分類はファンタジーとなるのでしょうか、、
中編が3つ、薄墨に隠されたような物語たち、です。

1つは男女の性が混雑としたままに、背徳とそして、
生と死の境目を行ったり来たりする「紅に染められ」。

1つは昼と夜で2つの貌のみならず、
2つの性別をも使い分ける「黄の殺意」。

1つは性差をも超える美貌を持つ役者が魅入られた、
この世ならぬ存在を描いた「青の帝国」

共通しているのはいずれも、、

“耽美”と“倒錯”、“退廃”と“背徳”、
そんなフレーズに彩られた物語であること。

読んでいるとどこか、薄闇の中を分け入っていくような、
そんな夢うつつにくるまれていくような感じになります。

読み手は正直選ぶかな、と。

決して現実ではありえない物語、、
でも心奥ではもしかして求めている、のかもしれない物語。

それは性と生、そして死との狭間が曖昧で、
時として行きつ戻りつするからかも、知れません。

この世ではないどこか、その世界に耽溺したくなる、そんな1冊。

2015/04/05 10:48

投稿元:ブクログ

・タニス・リー「墜ちたる者の書」(創元推理文庫)は 「パラディスの秘録」と題された一連の作品の(邦訳)3冊目に当たる。「紅に染められ」「黄の殺意」「青の帝国」の3中編を収める。これらの題名、何やら信号機めいてゐるが、原題にcrimson、saffron、azureとあることからすれば、これは訳者による恣意的な題名ではなささうで、よく見れ ば、むしろ、いづれも原題に忠実な邦題であつて、例へば“Stained with Crimson”は正に直訳であらうし、“Malice in Saffron”も“Empires of Azure”も同じく直訳であらう。色名が微妙に違ひはしても、題名は簡潔を旨とする、サフラン色よりも黄と言ひ切る方が良い。物語からしても、ある意 味、どぎつい印象の漢字の黄の方が良い。カバーにかうある、「退廃と背徳の都パラディス。この地において男女の別に、いかなる意味があろうか。」さう、正にかういふ物語である。タニス・リーは赤青黄をイメージして物語を書いたのであらう。個人的には色違ひではないかと思つたりもするのだが……。
・本書3中編の主人公を言はば極北のイメージとしたのが次に部分ではないか。「テュアモンは初めから二重花。女の衣類が床に横たわる今、持つ 雰囲気は断固として男のそれ、姿勢も落ち着きもまた。にもかかわらずきらめく髪の頭巾の下にある面は乙女のもの、顔と唇に感じられる尊大もほんの少年のそ れにすぎず、頸すじと、やはり少年めいた肩と腕と硬い林檎の乳房はー少女。(中略)テュアモンは両性具有であった。全ての点で男であり女。少女の顔と乳房、男の本質。双方の股間。」(「青の帝国」395頁)テュアモンは古代エジプトの魔道師、男として、女として生きた。いや生きてゐる。比喩的にではなく現実にである。主人公ルイは女としても生きたが両性具有ではない。「肉体の上ではルイは男だった。(中略)原理の点では 女。」(394頁)他の主人公も同様、男として、女して生きても男は男、女は女であつた。「紅に染められ」のサン・ジャンは途中から女に返つた。違和感は なささうである。「黄の殺意」のジュアニーヌは男のジュアンとしてある時でも女を意識してゐた。といふより、ジュアニーヌはさうしなければ世間を渡れなか つたと言ふべきではないか。生きる知恵で、女子修道院で生活し、そこから抜け出して男として悪事を働いたのではないか。ジュアニーヌは本質的に女であつ た。3人とも両性具有ではない。それでもその美しさゆゑに、3人とも両性具有のイメージがふさはしい。いやたぶん、タニス・リーは両性具有、ヘルマフロディトゥスかアンドロギュヌスか、そんなイメージを抱いてこの3人の物語を書いた。それがこのパラディスといふ町にふさはしいからである。「この地におい て男女の別に、いかなる意味があろうか。」さう、かういふことである。これはまた本書に実に多くのキリスト教的な背徳、背教のイメージを散りばめることになる。ジュアニーヌが女子修道院に住むのもその一つだが、その他にいくつあるか数知れない。「紅の染められ」の最後、「銀の十字架の見下ろす広間」 (161頁)である。そこで主人公は死ぬらしい。殺されるのである。これはどうやら吸血鬼譚であるらしい。吸血鬼兄妹に魅せられた者の物語である。主人公は両性具有を指向した。そして美しい。さういふ物語世界なのである、タニス・リーの世界は、パラディスは。 そして決定的なのは、「タニス・リーはエロスの作家である。」(萩原香「解説」398頁)、この一事である。物語のすべてはここに収斂し集約される。

2015/01/12 02:50

投稿元:ブクログ

『パラディスの秘録』シリーズ。既刊2冊と違い、こちらは以前、角川ホラー文庫から刊行されていたもの。
『紅に染められ』『黄の殺意』『青の帝国』の3篇を収録。個人的には『黄の殺意』が一番面白かった。
解説でも『タニス・リーはエロスの作家』と述べられているが、この3篇、どれも非常にエロティック。特にユニークな吸血鬼譚である『紅に染められ』にその傾向が強い。

2015/01/07 13:40

投稿元:ブクログ

退廃と背徳の都パラディス。この地において男女の別にいかなる意味があろうか? 吸血譚、悪魔崇拝、魔女の遍歴。
「紅に染められ」「黄の殺意」「青の帝国」の中編3編を収録。

4 件中 1 件~ 4 件を表示