サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

腹を抱へる(文春文庫)

腹を抱へる みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/02/21 07:30

投稿元:ブクログ

スノッブだね。実にスノッブ。ある意味、自慢話の集まりのやうでもある。ただし、わりと好きでけっこう読んでるんだけど。

2015/02/11 13:09

投稿元:ブクログ

全集にエッセイや対談が収めきれないので、そちらは文庫でベスト盤をということらしい。この『腹を抱へる』はエッセイのみで次の『膝を打つ』は対談も収録。丸谷さんのエッセイはきげんよく読めるという点では保証付きだけどそのなかのさらによりすぐり。

2015/02/21 22:58

投稿元:ブクログ

軽いやつには軽妙は無理で、深くないと軽妙は出来ない、ってことね。再確認。

「画家としての福永武彦」が好き。

2015/06/23 20:34

投稿元:ブクログ

丸谷才一全集を借りるか迷って先にこれを読みました。
短いエッセイが沢山。
隙間時間には持って来いと思ったのですが、
面白くてついじっくりまったり読んでしまいましたとも。
傑作選の名の通り、どれも軽くも深くもあり。
「どちらの…?」「セーラー服」あたりは
たぶん電車で読めません(笑)

2015/01/24 19:30

投稿元:ブクログ

制服論から文学論まで多様な考察が楽しめる.よもや丸谷先生がセーラー服について語られるとは,思いもよらず確かに腹を抱へる.

5 件中 1 件~ 5 件を表示