サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

やぎさん郵便 2(シトロンコミックス)

やぎさん郵便 2 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

結末に向けての最終ステップ号(になるのかも?)

2015/02/06 03:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nonnon - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズなら三作目にあたる今作は
(「やぎさん郵便」としては2作目ですが、「マッチ売り」はこの作品の重要な一部ですので)
澤と有原のお話が核になってますね。
前作で澤の愛人(未満?)から嫉妬されて階段から突き落とされた有原ですが、
澤にかいがいしく世話されてます(笑)
廣瀬への想いは自分の中で昇華されたようで、もう手紙の存在はいいか、という気持ちになっている。
それよりも、手紙の件が片付いたらもうココにいる理由が無くなることにふさいでしまう。
ソレがどういうことなのか、自覚はまだないんですねぇ。
そのニブさとか、最中に感じてしまう自分の変化が受け入れられなくて戸惑っている姿に
ニヤニヤと萌えました。

そして澤も・・・

花城への想いが初体験だったからのこだわりだったとは!
つまりは心にひっかかりが残っていただけで、恋じゃなかったようですね。
やっぱり自覚はなかったみたいだけど。
有原に対する態度は、例えば「笑った顔見てない」とか、「寝てるときしか思い通りにならない」とか
思うことは深くて独占欲がだだ漏れでした。
もしかしたら初恋かもしれない恋心を味わってるのかな。
有村の為に手紙の前半半分部分を取り返して来るときに、
「これは俺の物だ!」と廣瀬に宣言するところ、必読です。

一方のデキデキにできている廣瀬と花城組の方も同時進行していて、
花城が過去に決着を付けに行きます。
前回、今までやっていた事を拒絶したことで挿絵等作品の提供を失ってしまった花城は、
その打開策を兼ねて、初体験の相手に原稿の交渉に。
でも打開策を兼ねてはいるものの、おそらく自分が前に進むための落とし前を付けに行った、
という部分の方が大きいでしょう。
このシーンは廣瀬・花城組の最大の見せ場なので、私が云々語るよりぜひ読んでみてください。
爽快な気分と、萌えシーンを堪能できます。
ちなみに、私は笑いながら廣瀬の背中に飛びのる花城がかわいかったです。
呪縛を断ち切れたかな。
少しでも多く廣瀬との未来に欲を持てたならいいのですが。

今作もですが、とても心に響く台詞が多くて作者の魅力全開でした。
でもこの2巻出るまで2年待ちましたよっ!!!!!
次回でラスト、かもしれなくもないかもしれないよん、的な?あとがきでしたが、
できればもう少し早くお送りいただけたら私の心にとって超絶な幸いです。
よろしくお願いします、センセ~(泣)

追伸。
表紙を外して見て下さいね。オマケ付きですよ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

澤さんの大人の男っぷりに惚れます。

2015/10/27 15:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

澤さんと有原くんの関係に変化が見えてきます。
寂しい者同士寄り添ってるのに澤さんが大人の男だからそう見えないのがカッコいい。イジワルだけど、ちゃんと大事にしてるじゃん。
花城さんがなんとなく暗躍してます(笑)
廣瀬くんは…相変わらず坊ちゃん坊ちゃんしてます。
育ちのいい文学青年が最後まで花城さんの傍にいるのか?次が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み返したらとても素晴らしくて手放せなくなりました。

2015/08/24 03:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まおん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『マッチ売り』から続く3冊目ですが、さらっと読んでそのままだったものをじっくり読み返したらどこまでも素晴らしくて…。どうして最初に読んだ時に琴線に触れなかったのか信じられない思いです。
3冊まとめて読後非常に満たされます。独特の色っぽさと、ストーリー、カバー下から何から何まで良いです。特典ペーパーも素敵です。細部まで本当に楽しませて下さって大好きな作品になりました。読み返して良かった!いつまでも手元に置いてたまに読み返して癒されようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦後の雰囲気があじわえます

2016/06/19 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から味のある絵を描く人だな、と思っていましたが、
戦後の雰囲気も良く書けててすごいな、と思いました。
体験してない時代をこうも良くかけるものだと。
大正や明治を舞台にほかにも書いてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

草間さんはイイよね。

2015/10/25 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペーパー欲しさに北海道発売日(日曜挟んだので3日後)待ってて良かった♪草間さんの絵はなんだか色っぽいのですが今回はそれ程色っぽくなかったような・・・でも心和むお話でした。ペーパーも可愛い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

震える手でページをめくったが。。

2015/08/24 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな草間先生の作品。1作目がすばらしすぎて、待望の2巻を正座して読み始めましたが。。
正直、期待が大きすぎたのが、それ程強い印象は抱かず。
ジャケット通り、澤×有原CPのお話しがメインで進んでいきます。廣瀬×花城の方もあまあまで展開しつつ。
澤CPは好きですね。皮肉やな澤が有原のことで右往左往するあたりかわいい。そして有原が寝ているときに漏らした独占欲も萌えます。

ただ、あとがきでも書いておられるように、お話しをまとめようという意識が強いのか、二組のゆったりした素敵で微妙な人間関係の進展からすると、やや急にまとめに入った感じがありました。そこがちょっと残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/29 16:22

投稿元:ブクログ

今回もまずカバーを外してチェックしてしまいました…!
いつも表紙はあの場所ですね。褌、事後?、そして取替えっこと毎回萌えます。

「心も身体も素人DT」×「情緒のない風俗」だった二人wwは、どんどん愛を深めあってるなと確認。マッチ売りや節操がなかった過去は廣瀬のせいで清算する流れのようです。他の人に触られたくないって、どんだけ廣瀬ラブになっちゃったんでしょうね~
仕事面では頑張ってるけど、危ない橋を渡っていそうで心配です。でも廣瀬がとても頼りがいある番犬わんこなんですよね…

そんな廣瀬に勝手にあれこれ嫉妬してる澤。今回はこちらの澤と有原の話がメインでした。
「奉仕系の見せかけS」×「ロマンポルノ系」…って。
確かに有原は薄幸で清楚で、そこはかとなく色気があります。
そんな大人しい有原の弱みを握って、苛めてなんてドSなの…!しかも花城への想いとかどうなったの??と色々澤には言いたいことがあったんですが、どうやら余計なお世話だったみたいでほっとしました…
澤の、すごくわかりにくいやさしさにやられました!
やさしいです。何かが色々ダダ漏れてます。有原も澤の身を案じたり、彼のやさしさに徐々に気がついて幸せを実感しているみたいですよね。
有原みたいな幸薄い子が幸せになる様子をみるだけでもうるっとしてしまうのに、最後の「間違った方ばかり選んで…」と言う有原に、澤がかけた言葉に思わず涙が…
こういうのに弱いです。
続きが待ち遠しいです。

2015/02/08 18:15

投稿元:ブクログ

見事に話を全く覚えてませんでした(笑)無理矢理読んだ…でも面白かった。からすごい。完結したらちゃんと読み返そう。読み終わった後に帯を読んで薄っすら思い出しました(笑)

2015/02/09 23:48

投稿元:ブクログ

登場人物たちの関係性がイマイチ把握できない感じ…くらいの記憶で読んだ(笑) やっぱり前2作を読み返してからこの巻を読んだ方がきっと楽しいな(; ・`д・´)
しかし、嫌いではないけど、やはりこのシリーズは自分に萌えないみたい。それとも前巻から読み返したら萌えるのかな?
草間さんは個人的に当たりハズレがおおきい。でも当たった時の面白さが忘れられず、作家買いしちゃうんだよな~(泣)

2015/01/29 23:44

投稿元:ブクログ

被虐体質で本人曰くいつも悪い方を選択してしまう有原、それを不器用ながら正しい方へ導いてあげて実は献身的に有原を支えようとしている澤。お互いがまだ自分の気持ちに気づいていないけれど確実に少しずつ近付いている心と身体の距離感。有原の口元のほくろの色っぽさときたら…あれは澤も落ちますよ(*´Д`)ハァハァ そして花城と廣瀬は安定期に入った感あるような揺るぎないラブラブっぷり。いつもはツンとしてるのに廣瀬の前でだけ弱さを吐露する花城はよいですな。両カップルとも大好き!

2015/01/26 08:56

投稿元:ブクログ

続きが出るの待ってました。今回もさすがの面白さです!
澤と有原がくっつくまでの話でしたね。私としては花城社長とキヨのカップルの方が好きなので少々物足りなかった気もします(笑)
草間先生の漫画はシンプルな絵柄で濡れ場も乾いてるのにどうしてこんなにエロいんでしょう。じっとりとした昭和の空気感が好きです。

2016/02/27 21:55

投稿元:ブクログ

全然書いてなかったけど読んではいたんですよ…。

有原と澤の一応の決着。お気付きの通り俄然こっちの二人のほうが好みなので、ええもう良かったねええという感じで。まぁ花城も危ういので心配ではあるんですが、広瀬がお人好しすぎてどうでもよくなってくるので(褒めてる)。
どっちにしろどっちの二人もベタベタ甘々な感じになりましたが。お幸せに。

2015/02/21 00:10

投稿元:ブクログ

大正浪漫とフェチとエロス。男性の和装と洋装の魅力が詰まってる。あと眼鏡とほくろ。
火鉢でお餅焼いて食べたくもなる。
真似できない絵柄も好みです。
シンプルな線に、たくさんの情報がつまってます。

2015/01/26 01:23

投稿元:ブクログ

澤と有原の関係が進んできて花城組よりこっちのほうが好きかも…。
澤と有原はまとめて幸せになれよ~て感じ。
次巻はわりとすぐ出すそうなので楽しみ。

2015/10/16 00:04

投稿元:ブクログ

あっという間に深まっていく、関係性。
件の手紙は返された。
昔の手紙は身を助け、呪縛から解放させるものに昇華される。

17 件中 1 件~ 15 件を表示