サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

私を連れて逃げて、お願い。 1 (BEAM COMIX)(ビームコミックス)

私を連れて逃げて、お願い。 1 (BEAM COMIX) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍

愛おしすぎて悶絶する

2016/02/23 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブラッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒメもオウジも本当にいい子で悶絶しそうになる。
全3巻完結で、二人の間には色々なことが起こるけれど、最後はハッピーエンドです!
今一番、映画化・ドラマ化の予感がする作品。

一コマ一コマ、味わいのある線で描かれているので、何度も読み返していますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦くて甘い

2015/02/28 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キャラメルポップコーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中を斜めに見るのが基本にも関わらず、
絶望感を漂わせない、松田洋子節炸裂な
ドラマティックラブストーリー。

決して甘い夢をみせるわけでもなく
胸キュンもないけど、切なさ乱れうち。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/06 12:04

投稿元:ブクログ

これまでに輪をかけて暗く重い、ジョージ秋山の漫画にありそうな、どうしようもない話。面白いですけど、薫の秘話みたいな、世相を斬るニヒルな笑いも入れて欲しいな。

2015/01/29 08:33

投稿元:ブクログ

2人は明るいけど、切ない。話の内容的に明るいまま終わることは無いだろうから、ずっと怖いし、緊張がつきまとう。それでも少しでも長くこの冒険が続けばいいのになって

2015/02/13 00:14

投稿元:ブクログ

面白い!ヒメとオウジの、罪から逃れる逃避行ロードコミック。ヒメちゃんが突き抜けてカワイイ。妄想癖まんまる箱入り娘、名付けて猪突ぶー子。ふたりの恋と旅路の終着点は、いずこ?

2015/10/11 18:04

投稿元:ブクログ

201509/さすが松田洋子。バカバカしさと絶望さとのさじ加減が最高…終わってほしいような終わってほしくないような。

2016/02/07 22:03

投稿元:ブクログ

祖父母の厳しい管理下で窮屈な生活を強いられていた日芽。親に捨てられ養父母にも愛されずテレビだけが友達の央治。犯罪に巻き込まれた央治は日芽を連れ、愛?の逃避行へ。
状況はドラマチックなのに、このロードムービーの惨めさときたら…。さすがの松田洋子品質です。でも今までの人生も酷かったので、それに比べればさほど酷いことになったというわけでもないのかもしれません。
不運で不幸で不器用なふたりは愛を育むに至るのでしょうか?

2015/01/24 16:03

投稿元:ブクログ

「ママゴト」の松田洋子さんなのでいつ泣かされるかと警戒しながら読んだ。ら。家出の箱入りぽっちゃり娘とイケメン強盗殺人犯のジェットコースター逃亡コメディだった(今のところ)。頭弱いけれど善人(人殺してるけど……)のふたりのとぼけた感じが笑えてちょっぴり切ない。話がどこに向かっているのかさっぱりわからないけど、強盗殺人だしな……。2巻も引き続き警戒する。

2015/03/03 23:16

投稿元:ブクログ

読んでる最中にうわぁ…と何度思ったことか。
どこかふわふわした足取りの無い浮遊感に包まれてるのに足を引っ張る仄暗い底意地の悪い現実が影を落とす逃避行のいき詰まった先に見え隠れする人の滑稽さや泥の中で掬い取り、切迫した中で窺い見せる希望を見出そうとする人のしたたかな力強さとどうしょうもなさが混在とした様が堪らないし、先を気にさせますね。
でも、これはハッピーエンドは無いだろうな…。
じゃあ、最後に2人を待ち受けているものはなんなのか………これはどうしても期待しちゃいますね。

9 件中 1 件~ 9 件を表示