サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

奴隷小説

奴隷小説 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー49件

みんなの評価3.2

評価内訳

49 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

発想がすごい

2015/10/22 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「東京島」にしろ「残虐記」にしろ、発想が素晴らしい作家だと思う。本書の場合も生の根源に迫るテーマを7編、短いながらもじっくり読ませてくれた。人間は、まさに様々な意味で奴隷だと知らされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/28 23:51

投稿元:ブクログ

囚われた人々を描いた短編集。状況はどれも嫌な感じではあるが、読んでしまう。結末ははっきり描かれていないので、希望がもてるような方向で考えようとするが、なかなか難しい。

2015/05/29 16:34

投稿元:ブクログ

インパクトある表題。中身は身体的または精神的に何かに囚われてしまった奴隷状態の人々を主人公にした7つの短編集でした。
パラレルな世界観なので絵空事のように読み始めることができるけれど、読者に丸投げされた結末のせいで読後は他人事とは言いきれない気持ちになってしまいます。

テーマである暴力や圧力で自由を奪い服従させる非道は、他所の国での人質事件や幽閉や人身売買など現実でも絶え間なく起きている理不尽な出来事。
「雀」「泥」「山羊の目は空を青く映すか」は、設定はそれぞれ違うけれどそれらを連想させる話でした。
追い詰められたギリギリの状況で、人はその運命をどう受け入れるのか…?そして奴隷状態からどういう形で逃避するのか?
もうあとが無い彼らのラストは潔かったと思う反面、とても怖かったです…

「神様男」「REAL」は、精神的に囚われてる話でした。
特にアイドルの話は辛口でしたww
実際、お客様は神様ですよね。でも何か違う…!ってすごく冷めた目で見つめる母親の気持ちもわかりすぎる、カオスなアイドルの世界です。

ひたすら働かされる味気ない毎日で、ただひとつの楽しみのためにコウサが盗みを働く話も印象的でした。
あの設定じゃなくても通じる普遍のテーマww
Hのためなら何でもしちゃうのね。

架空の話なのにやけに生々しくてシニカルな味わいがあって、桐野ワールド全開でした。

2015/09/06 04:56

投稿元:ブクログ


村のしきたりからで15歳になった女は嫁にいく。
雀は母が長老との結婚を拒否し逃走。妊娠していたのがばれて舌を来られて、片目をつぶされた。
相手は長老の息子。祖父との結婚を拒否する雀


他国の侵略で女子高校生が島に幽閉。処女で美人は結婚。それ以外は下女。恋人の男子高校生が同じ場所で殺戮されていた。女子高生は泥の中を逃げる。銃弾がとんできた。

神様男
アイドルを目指す長女。「お客様は神様でーす」
すべるが中年オトコから、君は夢の奴隷。私はそれを解放する神様

REAL
19歳で娘が自殺。サンパウロでボランティア活動する友人に会いにいく。スラム出身の同じ年頃の娘に会う。
キャンドルをプレゼント。湯船でロウソクの焔をつけ、明かりを消すと恐怖に襲われた。

ただセックスがしたいだけ
炭鉱で働く男。冬になると川が凍り、女が家にやってくる食料、石炭と引換に体を与える。石炭を盗み、女と寝る。薬が欲しいと言った女に5Kg石炭を渡した。女が石炭を捨てていて憲兵にばれた

告白
江戸時代に人殺して逃げる商家の男。密航に成功して中国マカオに到着。外人のふりをしたが、日本人の老人に声をかけられ話相手にさせられる。寝ている間に縛られている。老人達にかこまれて、彼らの辛い思い出話をきかされる

山羊の目は空を青く映すか
罪人だけがの住む町。自分の両親は罪人としての身分が高く結婚が許されている。一番つらい仕事が火の見櫓での鐘突き。1時間1回。射撃手に見張られているので眠れない。冬は寒く、夏は極寒。父が櫓から落ちて死んだ。
櫓から一般人の生活が見える。思わず見入ってしまう。
2分遅れたが、見逃してもらった。30分後に鐘を付き忘れたが、景色を眺め続けた

2016/07/23 16:17

投稿元:ブクログ

「嫌な気持ちになる小説が読みたい」とネットで評判のイヤミスを色々と読んだがそれらを軽々と飛び越え私の中の「嫌な小説(短編集だが)」の頂点にそびえ立つ本作。圧倒的絶望。絶望の要塞。絶望で囲まれた絶壁。希望の香りのするあらゆるものを容赦なく最後のドット一粒まで塗りつぶす世界。短編集なので一編一編は短くても、ほんの数ページでみるみる構築されていく「この世界」の「このルール」。全編に共通しているのは何かの奴隷として生きる主人公。一番怖いのはこの小説世界は決して虚構ではないということ。

2015/05/10 22:09

投稿元:ブクログ

やっぱりこのひと苦手かも。ちょうど気持ちも落ちてたのに、こんなに暗くて絶望的なの読んじゃだめだった。

2015/08/02 00:57

投稿元:ブクログ

何かに囚われる奴隷にまつわる短編集です。
どの当事者にも絶対なりたくない!と思う。
どれも読後の感想が後味悪い。
本当のラストは読者の想像におまかせ…的な感じが唯一の救いか。
いや、私はハッピーエンドが想像できなかったけど(笑)
完全なるイヤミスですね。
短いので読みやすいです。

2016/01/26 13:21

投稿元:ブクログ

囚われ蔑まれ暮らす人達。
短編というよりは長編の冒頭だけ読まされてるような掌編が続いたが
後半はちゃんと短編小説の体となっていた。
現実離れしているようで
でもどこかそう遠くないところで起きていそうな話ばかり。

【図書館・初読・1/26読了】

2015/03/06 19:53

投稿元:ブクログ

短編7編。
奴隷小説、確かに。
行動を制限され自由を失うって何より嫌だな。
『泥』が印象的だった。
あたしも、泥の中を歩くことを選ぶ。

2015/07/11 11:39

投稿元:ブクログ

奴隷をテーマにした7編の短編
具体的な現実を描いているのではないけれど、容易に具体的な現実が想像できる。
薄皮を隔てて、現実の世界の隣に存在するような現実の別世界。
原理主義者、独裁国家、ムラ社会、芸能界、様々な社会で隷属する奴隷の物語。

2015/08/12 13:58

投稿元:ブクログ

「雀」「泥」「神様男」「REAL」「ただセックスがしたいだけ」「告白」「山羊の目は空を青く映すか」の7つの短編集。どれも奴隷や何かにとらわれている。
ある民族で位の低い者のこと、人身売買で離島に監禁されたり、娼婦との一夜に夢中になる男、鐘つき男のこと、などなど。自分が知らないだけで世界のどこかに存在しそうな、存在していただろう物語だから余計怖かった。

2015/04/20 23:12

投稿元:ブクログ

女同士の醜いところを書かせたら右に出る者がいない桐野夏生が、人は弱いが故に何者かに隷属してしまうというテーマで、人間の醜さ、恐ろしさを凝縮して描いている。
展開が気になりあっという間に読了。
桐野夏生の最近の長編の傾向にありがちな風呂敷広げたが途中で連載最終回が来てしまったような尻切れとんぼ感がない。ある意味「柔らかな頬」のように結末を読み手に委ねる構成。短編の方が読み手の想像の翼が広がって興味深い。私は最初の2編「雀」「泥」が怖かった(涙)

2015/10/18 19:08

投稿元:ブクログ

後味はよくない。
気味が悪い。

でも短編だし、読む手が止められない。
さすがの上手さ。
そしてさすがの毒!

2015/04/05 00:00

投稿元:ブクログ

好きな桐野ワールドなんですが、これは気持ちが入っていかなかったかな。読解力の無さなのかもしれませんが。

2015/04/04 10:36

投稿元:ブクログ

「雀」「泥」「神様男」「REAL」
「ただセックスがしたいだけ」
「告白」「山羊の目は空を青く映すか」
7編の短編集。
どの世界も短編だけに瞬発力があり
すぐにその物語に入り込めた。
うつうつ、ドロドロとした読後感、
嫌いじゃないです。

49 件中 1 件~ 15 件を表示