サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

いつも空をみて

いつも空をみて みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/02/17 23:27

投稿元:ブクログ

働く女性の短歌。多くの歌があまりにも赤裸々に「本当のこと」すぎて鼓動が早くなった。戦っている。静かで壮絶な短歌だ。

短歌は鑑賞者にとって鏡のようなところがあるから、自分にはとりわけ感じられてしまうのかもしれないが、幼い子とふたり向かい合った時に感じる「途方もなさ」。子への愛情と孤独と不安が入り混じる夜があることを、浅羽佐和子さんはさらけ出している。

働く母である自分と、子のいる風景を俯瞰して短歌の形式に巧みに落としこめる観察眼には優しさと冷たさが同居する。観察する自分が、母になろう母であろうと懸命に足掻く自分を冷静に見つめている。その眼は嘘を許さない。孤独や諦め、不安を歌に詠む。迷い続けているのが分かる。その事こそが、希望を与え、読む人を救うのだと思う。

1 件中 1 件~ 1 件を表示