サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

尖閣海域謎の幽霊船

尖閣海域謎の幽霊船 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2017/02/01 07:20

投稿元:ブクログ

本書が1997年の作品と知って、やはり作者の慧眼には驚かされる。尖閣諸島は当時から日本が実効支配してきたが、領有権を巡って日中が激しく攻防を繰り広げるようになったのは2012年の石原慎太郎氏による都による都有地化とそれに続く国有地化以降であったと記憶する。本書が世に出て15年後という訳であり、当時尖閣を巡って、台湾を含めて軍事衝突が起こるなどとは考えも及ばなかった。当時からの歳月は中国の軍備を近代化するとともに巨大化させ、一帯一路政策により近隣諸国に対して軋轢を生じさせており、南シナ海、東シナ海の緊張が高まる一方であった。今年、アメリカ大統領に選出されたトランプ氏は一つの中国の考えに拘束されないことを明言している。台湾と中国が事を考える素地をアメリカが認めるということはそれだけこの地域に対して不安定要素を増すことに他ならず、台湾と中国そして日本と政治的にもプレゼンス的にと微妙な舵取りが必要になるのではないだろうか。もしかしたら、本作が創出したような軍事的な緊張や衝突が生じるかもしれない。そんなことを思いながら読み終えた。20年の歳月を感じさせない一冊である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示