サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

君がいる時はいつも雨

君がいる時はいつも雨 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.1

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

切ない

2016/05/15 12:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおきに - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく切ない。
兄弟に、家族に会いたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/04 00:51

投稿元:ブクログ

久々の山田作品。不思議な世界観の中に胸を打つものがある。こういうところは本当に上手くなったなぁという印象。

2015/01/26 02:54

投稿元:ブクログ

テーマは悪くないが、掘り下げが浅い感じ。
アイディア一発で、イキオイで書いたような。

もっと丁寧に肉付けしていって、
もっと細部まで心の機微を描写できたら、
もっともっと魅力的になったのでは。

...というか、この作者の作品を読むと、
いつもそんなような感想を持つなぁ...(^ ^;
私はあまり相性が良くないみたいだ(^ ^;

2015/06/20 10:58

投稿元:ブクログ

久しぶりの山田悠介作品

薄くてすぐに読み終わった!

最初の方ですでに
話の内容が何となく
読めてしまった感が
少し残念だったかな?

2015/02/22 14:55

投稿元:ブクログ

だれかを助けることは、
ときにだれかを傷つけることもあるのかな。
頑張った人が報われるとは、
結果を出せなかった人を
踏みつけて進むということなのかな。

2014/12/30 00:53

投稿元:ブクログ

3時間ほどで読めてしまう
面白いけど、2時間ドラマみたいだな
切ないけど、結末はわかっていたかな
ちょっとファンタジーだね
同じく山田さんの「その時までサヨナラ」を
読んだときは、ドラマが先だったけど
読後感は一緒で、ホッと温かい感じでした

2015/05/02 14:54

投稿元:ブクログ

両親を亡くして生きる主人公と生まれるはずだったその弟。
孤児院暮らしの友達。
現実にはない話だけど、言いたいことは、

たぶん。
愛情の受け止め方とか、表現とか。
子供は本来、明るくて。
つらい事も糧にして大人になるとか。

山田悠介作品は、初めて読んだのですが、教科書的な要素のある作品だと思いました。

2014/12/22 20:43

投稿元:ブクログ

4歳の時に、雨の日、交通事故で、父、母、そして、母のお腹の未来の弟が、亡くなり、叔父夫婦に育てられた、孝広。
孤児院の陽介と、夏休みに、野球の練習をするのが好きな小学生である。
雨の日に、孝広の前に、年下の男の子が現れ、孝広の弟だと、名乗るのだある。
何でも、知っているのに、一般常識の無い弟に、振り回わされて、もう、目の前に、現れるな!と言ってしまう。
しかし、火事の時に、大雨を降らせて、現れ、2人は、又、和解するのだが、夏休みの終了とともに、その子は消えてしまうと、いう物語であるが、、、、、今までにない小説であったせいか、短時間で読めてしまった。

2015/01/07 16:04

投稿元:ブクログ

2015年01月07日読了。

180ページ。

久しぶりに山田悠介の作品を読みました。これまでとテイストが違う?ような感じでした。

2015/06/23 13:48

投稿元:ブクログ

つまらなかった。結局、何が目的で現れたの?兄を助ける為って、予知夢みたから??本当の兄らしさを、おじさんおばさんに見せるように仕向けたの?
なんで帰れなくなった?なんかよくわからなかったなぁ。途中、勝手さにいらってしちゃったし。感動はしなかった。

2015/01/21 21:20

投稿元:ブクログ

う~ん。。。

これが始まりらしいからなぁ。。。
でも、
厳しいよー。

久し振りの山田悠介さんです。

ただの兄弟ケンカなんですよね。
片一方は死んでるんですけどね。
そして、
仲直りして終わっちゃっただけ。

起承転結の、
起なり、
承なりの部分であるならばまだ許せるが、
これだけで1つの作品として考えるとアカンレベルです。。。
次も読むけど着たいできん。。。

2015/01/30 00:56

投稿元:ブクログ

ネタバレ少し含みます。
思ってたほど…という感じです。

途中、主人公が家族の死の苦しみを吐露するところは、ちょっとグッときました。
あと、最後にお父さんお母さんと言えなかったのは、割と好きな展開かも。人は、そんな簡単に変わるものではないから。

でも…もう少し期待してました(^^;;ちょっと残念(^^;;

2015/05/05 19:38

投稿元:ブクログ

これも切なかった ...
弟ってわかったならもう少し優しくしてあげてほしかったなぁ
せっかくにーちゃんに会いにきたのに
真っ白い世界なんてかわいそぉ

2015/03/17 18:08

投稿元:ブクログ

大変面白かったが、少年野球の記述については誤りがあるように思うのですが・・・。例えば、少年野球では7イニングが普通では。

2015/01/27 23:26

投稿元:ブクログ

よくこれを出版できたな、と憤りを通り越して呆れの境地です。読む価値なし。最後にはつづくの三文字が。やばい、山田悠介が嫌いになってきた。小説に対する真摯さというか、愛がまったく感じられん。腹立つわー。

17 件中 1 件~ 15 件を表示