サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編(ラピュータブックス)

堕ちた女の棲む孤島 ブラックアジア インドネシア辺境編 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/11/09 08:29

投稿元:ブクログ

インドネシア編となっているが実態はシンガポール編でもある。女を買いに来る客の大半はシンガポーリアンである。シンガポールからフェリーで2時間以内の島にその村はある。インドネシアはイスラムの国であり、性を売る女は排除され普通の村には住めない。しかし、金持ちのシンガポールから性を買う男がやってくる。島はその金で潤ってもいる。経済の矛盾がこのような村を作っているのだ。鈴木傾城の本を何冊か読んだがセックスワーカーに対する目線は優しい。彼は書いている、この世界に溺れる男もまた孤独の世界に溺れている。

1 件中 1 件~ 1 件を表示