サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

前田慶次と歩く戦国の旅 『前田慶次道中日記』を辿る(歴史新書y)

前田慶次と歩く戦国の旅 『前田慶次道中日記』を辿る みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/08/18 01:06

投稿元:ブクログ

戦国期の旅の記録は貴重である。晩年の慶次本人が記したとされる二六日間の「道中日記」の内容は、「傾奇者」と称される彼のイメージとは程遠い。古書典籍の知識を備え、道すがら陰陽道の呪術的世界にはまる姿は、戦国武将の実像に近いはずだ。(2014年刊)
・まえがき
・序  章 「前田慶次道中日記」と中世東山道
・第一章 伏見から近江路へ
・第二章 美濃から木曽路へ
・第三章 和田・碓氷の峠越え
・第四章 坂東の地へ
・第五章 白河の関を越えて
・第六章 奥州街道から米沢へ
・終  章 中世東山道の終焉と、その後の慶次
・おわりに

序章で「二十六日間の旅程で、とりたてて大事件が起こるわけでもない」とあるとおり、やや退屈な内容である。著者の工夫は感じられたが、読んでいて土地勘が無いのもつらい。反面、第二章及び第三章は、いささか土地勘があり、慶次がたどった道を追体験することが出来て楽しめた。写真が多いのも嬉しい。

2015/04/19 13:19

投稿元:ブクログ

昔の人って、やっぱり健脚!70を前に京都から米沢まで歩くってすごい。私なら今でもムリ。
慶次って、強いだけでなく、物識りなところも魅力的。

2015/02/25 13:45

投稿元:ブクログ

関ヶ原の合戦直後の紀行文には興味をそそられる。前田慶次という傾奇者の道中日記を中心に添え、京伏見から米沢への旅を検証する本書は、歴史旅を好きな人には打ってつけだ。20代の頃に芭蕉の奥の細道を辿った経験が、慶次が奥州に入ったあたりでオーバーラップして思い出された。慶次の道中日記を補完するように記された歴史的記述も多く総花的で、前田慶次を深く知りたい方には物足りないだろう。

3 件中 1 件~ 3 件を表示