サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

恋と禁忌の述語論理(講談社ノベルス)

恋と禁忌の述語論理 みんなのレビュー

新書 第51回メフィスト賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.2

評価内訳

25 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/05/30 12:47

投稿元:ブクログ

 探偵曰く、「神の奇蹟」の証明には、それが「どんな手段を以てしても人間には成し得ないこと」――つまり「不可能性の証明」が必要となる。それは俗に「悪魔の証明」と呼ばれる、最悪最凶の証明方法だというのだ。
(P.296)

2015/01/19 01:53

投稿元:ブクログ

ミステリとしてはそこまで悪くはない。しかし、数理論理学のペダントリを売りにした「理系ミステリの到達点」を標榜する割には、その理解が間違っており、ミステリ部分の良さを完全に殺してしまっている。理系成分に拘らずに、たんなるミステリだけを書いてみてはどうか。

2015/03/25 01:30

投稿元:ブクログ

大学生の詠彦が、天才論理学者の叔母・硯(独身アラサー美人)の元を訪れ、話題として解決した事件の真相が本当に合っているか証明してもらう。という連作短編小説。

”物理学とは自然現象の法則を明らかにすることであり、
論理学とはヒトの思考の法則を明らかにすることである”

真相を証明するのに、動機なんか考慮せず、すべて論理式で導き出す。という設定で、
(例文)私は髪をツインテールにしようかと思ったが、さすがにアラサーでツインテールはないのでやめた。
(公理)A1:私はアラサーである。A2:私はアラサーであるならばツインテールはない。
(結論)Z:ツインテールはない。
のような例題で論理学をわかりやすく説明していて、こういった回りくどく感じる論理学で硯は安楽椅子探偵のごとく事件の真相を導き出す。

年齢のことでスネたり、モテる詠彦に嫉妬する硯が萌えカワイらしく描かれている。


「スターアニスと命題論理」
料理の中に香辛料の八角と間違えて、毒性を持つ”しきみ”の実を入れてしまい、それを食べた人が死んでしまったけど、それは事故だったのか?それとも故意に入れた毒殺だったのか?

「クロスノットと述語論理」
テナントビルのフロア内のトイレで絞殺死体が発見されるが、だれでも出入り自由だったことから容疑者が絞り込めず。ただ凶器のネクタイの結び方にヒントが?

「トリプレッツと様相論理」
雪山の洋館で殺人事件が発生。被害者は花瓶で殴られ紐で絞殺された。容疑者は双子の姉妹。ただし1人は腕をケガしていて、もう1人は鉄壁なアリバイがあった。犯行現場には1往復の足跡が、、、。


<オチ>
「恋と禁忌の……?」
硯が詠彦に殺人ほう助なんてしないで、と諭す。

最初の事件の被害者は詠彦の幼馴染・ゆりの姉だった。
硯の論理で事件が故意に毒殺したことが証明されたことで、ゆりは犯人に復讐しようと企てた。
詠彦はゆりに依頼されて彼女のかわりに完全犯罪の計画を企て、その計画に穴がないか硯に試していたのだ。
2番目と3番目の事件は詠彦の創作だったのだ。

すべてを見抜かれた詠彦は硯に謝罪し、ゆりを説得して復讐を止めることを誓う。

・・・そして最後に
詠彦は硯が好きなことと、
硯は詠彦の叔母でないことがわかる。

2015/02/02 01:48

投稿元:ブクログ

テーマもいいし、構成もいいし、キャラクターもいい。唯一の欠点は数理論理学が全く理解できないところだが、これは自分の学の無さということで…。理解して読めたら更に面白いんだろうなと考えると若干の悔しさを覚えてしまう。

2017/01/13 18:56

投稿元:ブクログ

ミステリにつきものの「論理」だが、きっちり数理論理学にまで落とし込むとは、何ともためになるお得な一冊である。キャラ・駆け引きのわかりやすさもあるし「数学ガール」のように漫画化しても良いと思う。その辺を差し引いたミステリとして読むと意外性は少ないが、新機軸として評価していいと思う。7.5

2015/03/05 09:05

投稿元:ブクログ

アンケートに答えて頂いた本。
表紙も登場人物も漫画のようで戸惑っているんだけど、謎を解く過程がまた難しくて。
申し訳ないけどほぼ飛ばし読み。
最近、うちで家の人とチビずが見ているEテレの「ロンリのちから」みたい。あの番組でさえ内容が頭に入ってこないというのに。

3つの殺人事件がある。
それぞれに個性的な探偵が登場する。探偵の出した結論に違和感を抱く詠彦くんは叔母の硯さんへ相談に行く。
探偵があまりにも個性豊かすぎるので、彼って作家志望?と途中から思い始めた。
現実味が薄いというか。
けど、ラスト章でそうきたか!
なるほど上手く絡めたのねー。

ミステリよりも彼と彼女の思わせぶりな態度と言葉にジレジレしてニヤニヤする。
それが楽しかった。

2015/03/18 21:47

投稿元:ブクログ

【収録作品】レッスンI「スターアニスと命題論理」/レッスンII「クロスノットと述語論理」/レッスンIII「トリプレッツと様相論理」/進級試験 「恋と禁忌の……?」

2015/02/10 15:58

投稿元:ブクログ

 登場人物の九割が女性、主人公はなぜか女性たちから構われまくっているっていうそれ、なんていうエロゲ?

 既に解決された事件の推理を披露して、その論理を検証してもらうパターン。
 物語としては面白かった。論理学の盛り込み方も分かりやすく書いてあると思うよ。うん? ってなったのは数か所だったし。論理学を齧ったこともない人間が読んだらどう思うかまでは分からん。どうだろう、主人公の思考(硯さんの言ってる意味が分からんって嘆いている部分)がいらっときて、この子は本当に理系の学生なのって思った。いや、硯さん、ずいぶん分かりやすく説明してくれてるよ。分かれよ、って気分だったけど、さわりだけでも論理学を勉強したことがあるからそう感じただけかもしれんな。
 最終的なオチに絡んでくるのもあるけど、各探偵の推理がなぁ。いやうん、どうなのそれっていう。ミステリとしてはお粗末でなぁ……。
 要するに論理学、命題論理、述語論理を使うってことは、「探偵の推理を記号を使って単純に書き直した」ってことなのよ。そんなの当たり前じゃん、そういうことを含意してるでしょっていう部分を記号にしたの。記号に出来てしまうのっていう部分が論理学の醍醐味だと思うのね。
 そこを主題としてミステリを書くっていうのも面白いし、論理学大好きだから楽しかったんだけどさ。それぞれの「謎」は弱い、探偵たちの推理も弱い。論点違うだろそれ、って部分が多々。わざとそうしている、と捕えるほかない。ひっくるめて冊子全体のオチがあったからミステリとして許容範囲内ってところか。
 既に提出された答えを否定して新たに上書きするって手法においては、貴族探偵の二作目を越えられないね。あれは最強だったわ。否定する一つ目の推理は完璧であればあるほど、否定されたときの衝撃がでかいのは当然。その見せかけの完全性が足りなかった。
 いやでも面白かったんだよ。もともと論理学好きだしな。頭悪いからすぐ忘れちゃうし、自分で思考を展開できないけど、読むのは大好き。人生で衝撃を受けた出来事を三つあげなさいって言われたら、「綾辻の小説を読んだこと」と「x^2+y^2=r^2で円が表せること」と「P∨¬P」を知ったことだわ。「PあるいはPではない」とか当たり前じゃん。「今雨が降っているか、あるいは降っていないかのどちらかである」って命題を否定する人間はいないっしょ? なんだろうそういう当たり前を記号にして命題化して、始点にするっていうのがたまんないね。人間の思考ってね単純なんだよ。
 排中律が好きなので、そこを否定せずに、対偶を使った証明の危険性を説いてもらいたい。対偶は嫌い。なんか不安定じゃね? あれって。
 どの部分を命題として抽出するか、細分化するかってのが不明瞭、不明確だから完全とは言い切れないけど、完全なものってのは人間が手に入れられないものだろうしな。硯さんみたいに「すべての人間の思索活動の頂点に立つもの」とは言わないけど。頂点じゃなくて、基準。基礎、基本。頂点という言い方だと優劣をつけているような印象を与える。そうじゃなくて、すべての思索活動に「横たわっている」ものだと思ってる。
 いやうん、面白かった。フレーゲ、ラッセル、タルスキ、ホワイトヘッド、ゲーデル。このあたりの名前が出てくる講義を受けたことある人、興味を持ってるひとには楽しめると思うよ。がっつり知識のあるひとにはくどいかもしれんけど。
 シリーズで続けるのならば、次はちゃんと硯さんに探偵をしてもらいたいね。検証役ではなく。
 抜粋。


 ――可能性から事実は導けない。


 これも当然のことなんだけど、人間はなかなかこういう根本を理解したがらない。

2015/01/31 09:39

投稿元:ブクログ

事件を数学的に検証、ってことで興味津々で読み始めたのだけど、文系頭はかなり沸騰。
解決した事件を検証する、動機は必要ない、ふむ、そういうミステリもあるのか、と思いながら読んできて、え?そういうことだったの、とびっくり。なるほどな。
しかし、あれだ。最後に明かされるその人間関係的設定、って必要なのか?

2015/07/28 22:31

投稿元:ブクログ

アラサーの天才数理論理学者で美人の叔母、変わり者の探偵たちを友人に持つ大学生の甥と設定はライトノベルだが、内容はメフィスト賞受賞作らしく理系のロジック満載の推理と意表を突くオチ。
数式などは表面だけしか理解出来なかったが十分面白かった。脇役の探偵たちも十分にキャラが立っていたところも良かった。

2016/07/11 19:51

投稿元:ブクログ

デビュー作。『その可能性はすでに考えた』は既読。
論理的といわれるミステリーはあるけど、この作品の論理は別もの。難しいけど面白い。
最後の話は『その可能性はすでに考えた』に繋がってるなぁ。

2015/12/01 12:22

投稿元:ブクログ

数理論理学で事件を推理していく、というミステリー。
キャラクターも立っていて、会話のテンポも良く、数理論理学も説得力があり、なんだけど、肝心の事件自体がちょっとありきたりというか、リアリティが薄い印象・・・かと思っていたら最後はちょっとびっくり。
それはまあ事件設定が薄いはずだよねって感じにはなりました。
ただ少し、技巧に走りすぎた感じはしました。

2016/12/04 22:17

投稿元:ブクログ

<真偽の審議は神技の真義>
推理小説,(本格)ミステリと切っても切り離せない「論理」.
では,「論理」をつきつめる「論理学」でミステリにアプローチするとどうなるか,を考えた一作.
まさにメフィスト賞っぽい一冊.

2015/12/17 07:37

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。
アラサー美女の硯さんが論理を使って謎を解く。
「スターアニスと命題論理」仲良し4人組のお茶会事件「クロスノットと述語論理」イタリアンレストランの従業員殺人事件「トリプレッツと様相論理」双子ちゃんのどっちが犯人?事件「恋と禁忌の・・・・・・?」上記3作品をつなぐもの

2015/04/18 20:39

投稿元:ブクログ

”恋と禁忌の述語論理”井上真偽著 講談社ノベルス(2015/02発売)

・・・第51回メフィスト賞受賞作。
大学生の詠彦君が天才数理論者の叔母・硯さんに相談する三件の事件。
数理理論は事件の証明が出来るのか?

・・・”花屋探偵””大学生探偵””職業探偵”、三者が出した推理を再考査する。
三人ともシリーズ化できそうな位、魅力的な探偵だったので硯さんの前座扱いになって惜しい、と思っていたところの最終章。
予想外のどんでん返しとタイトルに繋がるラスト。

今年の一番を十分狙えるタイトルでした。

・・・論理学についての記述は私には難解でしたが、ある程度流し読みにしても十分楽しめました。
(解る人にはもっと楽しめるのかも?)

25 件中 1 件~ 15 件を表示