サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

恋愛はしんどい

2015/07/04 23:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

まんがの映画化にあたり書き下ろされた本。
まんがを読まれている方からは違和感があるという声もあるようですが、映画の原作として読みたかったので、その違和感ということに対しては問題なく楽しく読めました。
TVのCMでも頻繁に映されていた足に口をつけるシーン、あそこって本当はもっとエロチックなんですね。
映像化としては、どこまでこの本に忠実なんでしょう?気になります。
台詞としては『恋愛はしんどい』という言葉、この歳になると実感できますね。
恋をするって体力が要りますものね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/13 20:14

投稿元:ブクログ

う~ん( ̄~ ̄;)これはこれで美しくまとまっていて良いんだけど、原作漫画の方が好みだなぁ(^^;)映画が我が町に来なくて見逃したから、映画ノベライズでも…と思って書店へ行ったら、この前まで山積みになっていたのに一冊も残ってなくて、ビックリした!Σ( ̄□ ̄;)恐るべし、書店の平台(--;)書店巡りして三件目で手に入れました(^^;)ゞ

2015/03/24 11:24

投稿元:ブクログ

映画のノベライズ版。
マンガと映画では少し設定が変えられていた所もあったが、映画に寄せてマンガのエピソードも若干加えられてまとまっていた。

2015/01/13 10:10

投稿元:ブクログ

映画自体には期待薄なんですが、公開されてる立ち読み部分に目を通したら案外いい感じだったので読みました。

原作本編及び番外編で盛々だった要素が取捨選択され、元々の雰囲気をだいたい残したまま、読みやすくなっていました。書籍化としては成功したほうでしょう。
映画脚本の小説化なので、公開前にどういう改変があるかチェックできると言う意味でも有用かと思います。

ただひとつ残念だったのはこちらでは主人公のつぐみが退職の道を選んでいたことです。在宅で仕事してる彼女の姿が好きだったので……まあ、これでつぐみ役の女優さんが私が思い描いていたものと解離しているのも納得です。
原作では「外と繋がり続けていた」彼女とは違い、小説(ひいては映画)では「内に(家庭に)入った」彼女になっております。そりゃ別人になるわ。
平たく言えば「日本従来の『女の幸せ』」の描写が強くなっておりますので、それが苦手な人は避けたほうが無難かと。
【余談】読みながら「ここが改変されてるということは、脚本家は男性か?」と下衆の勘繰りをしてました。当たってましたw

4 件中 1 件~ 4 件を表示