サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

みんなバーに帰る

みんなバーに帰る みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

酒に溺れた日々の先に……

2016/01/26 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつぼルテナント - この投稿者のレビュー一覧を見る

パトリック・デウィット処女作の舞台はハリウッドのバー。常連は酒に溺れたアル中ばかり。ウイスキーを飲み続ける警官コスプレ男、ウォッカをがぶ飲みするカップル。そして、二人称によって語られるバーテンの主人公〈君〉もまた、スコッチとアスピリンの濫用で身体はボロボロときています。

くり返し描かれる酔態に反感を抱くのか同情するのかは、読者の「お酒の付き合い方」が影響するかもしれません。〈君〉はというと、目の前で泥酔する常連たちを嫌悪しはじめ、人生を修復するプランをたてます。が、この方法がまた邪道中の邪道なのです。

同じく二人称小説で、コカインに溺れたニューヨークの青年を描く『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』(J・マキナニー著/高橋源一郎訳)とはラストが対照的です。ニューヨークの〈君〉には人生の再起を期待させる一文が添えられますが、バーテンの〈君〉がアルコールの日々から抜け出した先に、決して「良い生活」が待っているとは限らない。そんな幕引きが、なんともいえない味わいを残してくれるアル中小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泥酔文学・・・

2015/09/27 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年2014年末に刊行された『シスターズ・ブラザーズ』の著者の処女作。前作は実に「ヘンな小説」で、まるでアルコール中毒者の妄想を縷々綴り立てたようだったが、実はこの作家は正真正銘ダメな酔っぱらい出身だったらしい。本作はまさにそんなアルコール中毒者の妄想と現実が展開されていく。

原題は"Ablutions: Notes for a Novel"。
abulutionは「洗礼」の水をかぶる部分、ということだ。Notesというだけに、今後小説を書いていく上でのスケッチ的な作品である、というメッセージもありそうだ。

本書の場合、水の代わりに全身に酒をかぶったような酔っ払いの様々な痴態が、やっぱりアルコール中毒者のバーテンダーの目線で描かれていく。基本的にこういう話は、酒を飲まない人や飲酒を嫌う人には理解不能だろう。だから、とりあえず飲酒に良くないイメージがある人が読んでも、きっと面白くもなんともないと思う。まずそこは確約できる。お酒なんかダイッキライ!ていうタイプの人は読んじゃダメ。

で、酒をよく飲む人(ワタシのような)にとってはどうかと言えば、これはこれでかなり耳が痛い話が展開されていく。酔ってどうなって、ああいうことをしてこういうこともする・・・アイタタタ、て感じ。とりあえず楽しくはないが、相当リアリティーはあった。

背景になるバーは、入り口に屈強なセキュリティー担当者を置いて、マネージャーにバーテンダーなど5~6人くらいは働いているような、そこそこ大きな店だ。場所がハリウッドなので、最近の日本のように飲酒運転が徹底管理されてもいないし、ドラッグ関係もはるかにおおらかに濫用されている模様。
日本でも無いとは言わないが、もうちょっと管理が行き届いた状況ではあろう。こうした彼我の違いも面白い。

なにより一番興味深いのは、店の雇われバーテンダーが、なんだかんだと常連客にタダ酒を振る舞いまくる部分ではあった。実際その結果、店は潰れそうな感じなのだが。日本の場合、バブル期のディスコだのカフェバーだのではあったのかもしれないが、最近はあまり聞かないパターンだ。

そんなグダグダな話が、それなりの流れ(ストーリーでもないが、それに近いもの)を持って流れていくので、案外スッキリと読み切れてしまった。二作目を先に読んだイメージからすると、そこは非常に意外だった。Notesというわりに、各エピソードがユルユルといい加減に連携している。

第二作目のほうがヘンでミョーな話なのは、背景がバーじゃないからなのかもしれない。
そういう見方をすると、この作家は今後「泥酔文学」の道を究めていくのかもしれませんなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/15 23:59

投稿元:ブクログ

「泥酔文学の金字塔」という謳い文句に惹かれ読んでみた。語り手が主人公を「君」という二人称で呼び、現在形で実況する文体に最初違和感があったが、Ⅱに入る頃には慣れていた。
常連達の生態が酷い。主人公はそこそこ大きなバーの補助スタッフだが、仕事中に酒も薬もやっているのにカー通勤だ。吐く、盗む、倉庫で淫行、もうどうしようもない。それでもなんとなく面白いのは、「石を入れたストッキングのように垂れ下がった胸」みたいな比喩が秀逸だったからかもしれない。

2015/02/06 16:26

投稿元:ブクログ

ハリウッドの外れのバーに集まるダメな客とバーテンダーの「君」を中心とした話。「君」がなかなかにダメを通り越してクズ野郎なのと、数ページごとにころころと様々な客のエピソードに変わっていくので、二人称小説なのに最後までどうしても蚊帳の外から見ているような居心地の悪さを感じたままだった。

ウイスキー片手に読む泥酔文学と考えたら、そのバーにいる感覚を味わえるような気もするのでなかなか楽しいかもしれない。

2015/03/16 07:19

投稿元:ブクログ

献本でいただいた1冊となります。
いわゆる“泥酔文学”に分類されるとか。

“泥酔”というフレーズが示すとおり、
ひたすらに“ダメ人間”の集い、といった風です。

といっても、教訓臭いわけでもなく、
ある意味突き放した視点で描かれているのかな、と。

主人公はとあるバーのバーテンダー。

彼自身がイロイロとダメめ要素を持ってはいるのですが、
物語の冒頭はあくまで“観察者”としての立ち位置です。

彼の働くバーに来る客たちの“ダメ”ぷりといったら、、
微笑ましくもあり、あきれ果てるのもあり、様々です。

日々、困らせるようなことばかりですが、
どこか憎めない客ばかり、だからこそ“帰る”のでしょうか。

中盤以降、主人公のバーテンダーもまた、
“呑みこまれて”いってしまうのですが、、うーん。

端から見ると転落していくのでしょうが、
本人にとってはどうなのでしょう、、これもまた一つの形、なのかも。

なんて愚にもつかない事を考えながら、つらつらと。

素面で読むよりは、バーボン片手に酩酊しながら、、
アテの一つとして楽しむ、それもまた“アリ”かもしれません。

2015/01/31 17:41

投稿元:ブクログ

『シスターズ・ブラザーズ』が話題になったパトリック・デウィットのデビュー作。
とあるバーに集まる『ダメ人間』の生態を赤裸々に描いた本作には、『訳者あとがき』にもあるように、教訓や警告に類するものは描かれていない(読者がここから勝手に教訓を得るのは、勿論、個々の自由だが)。
同じく『訳者あとがき』にあるように、本作を一言で説明してしまうと『1人の男の転落劇』ではあるのだが、まるで自分もその場にいるような一種の酩酊感が残る、不思議な作品だった。臨場感ではないよ、酩酊感ねw
割と大きな店を舞台にしているようだが、従業員と客との関係が比較的近いように感じられるのは、本邦と米国の接客態度の違いなのかな。読んでも余り大規模店という実感は無かった。

2015/03/02 22:07

投稿元:ブクログ

酔っぱらいってサイテーだよね、うむ。自戒の念とか反省とか色々込めて。そして人が酔っぱらってひどい目に会う話ってなんでこんなにおもしろいんだろうね、困ったもんだ。

2015/05/15 20:03

投稿元:ブクログ

訳文が現在形なのは、原作通りなのかな。自省を伴わない依存症者の物語は読んでいて辛い。観察者であった筈の主人公が酩酊者に堕ちて行く様は笑えない。禊ならば、聖的なものがある筈だが、この小説に出てくるお酒は聖水どころか、悪魔の水ですね。

2015/01/14 15:59

投稿元:ブクログ

人はどこまで、ダメになれるのか? 
夜ごと繁栄の街・ハリウッドの外れのバーに集結する、ありとあらゆる種類のダメなひとびと。ウィスキー、テキーラ、ビールにコカインが乱舞する夜が明け、そしてまた夜が訪れる……。
渇いた文体で活写する、酒に踊り、酒に溺れる人々の酔態、痴態、狂態。『シスターズ・ブラザーズ』が話題を呼んだ、鬼才パトリック・デウィットの驚嘆のデビュー作。
つねに誰かが酔っている、泥酔文学の金字塔! 
訳者あとがき=茂木健

9 件中 1 件~ 9 件を表示