サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

居酒屋吟月の物語

居酒屋吟月の物語 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/01/10 15:12

投稿元:ブクログ

2015/1/10 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
2017/2/28〜3/8

居酒屋本でお馴染みの太田和彦さんの、古い映画を題材にした連作短編集。初出は舞台となった古い名作映画館にちなんだ「黄金座の物語」という書名であったようだが、文庫化に伴い、太田さんといえば居酒屋、ということで、もう一つの舞台であった居酒屋吟月にちなんだ書名に。
これまでお酒に関するエッセイしか読んでいなかったが、なかなかどうして、太田さん小説も上手いではないですか。(単行本は全く売れなかった、とあとがきに書いておられたが)良い小説が必ずしもうれる訳ではない好例であろう。

2015/08/07 10:05

投稿元:ブクログ

ふと、自転車で橋を渡って足を踏み入れたその町、黄金町には、古びた映画館があった。
その名も『黄金座』
そこは何故か、戦前戦後の、昭和の古い映画ばかりがかかる。
主人公は毎月一度、そこで映画を観て、帰りに“吟月”という居酒屋による。
そこでふと知り合った大学教授と映画の話をして、だんだんと知り合いも増えて…
何故かその街には昭和の商店街が残り、知り合いになる人々は昔の映画スターに似ている。

一章ごとに、古い映画が紹介されている。
私は1本も観たことはないが、出演していたスターの名前は少し知っている。
毎回、映画の解説と、主人公が帰りに立ち寄る吟月での、主人公と先生との感想。
先生はどの映画も観たことがあるようだ。
勤め先の役所も5時きっかりに上がり、人づきあいと言うものはあまりしない主人公も、黄金町では、先生とお嬢さん、編集者、居酒屋のマスター、わけありのヤクザ、わけありのバーのマスターなどと、次々と知り合いが出来る。
しかし、黄金町は実在する町なのだろうか?
吟月マスターの何気ない一言…
「私がシベリヤから帰ったのを知って呼んでくれたんですよ」
……いつの話だーーーー!?(笑)
日本映画の良さ、日本映画が残した日本の良さを、たくさん知ることが出来ました。
今度、観てみたいなあ…

2014/12/16 21:52

投稿元:ブクログ

まるで真面目な蔵元のキリッとした日本酒に浸っているかの心地良さを感じる連作短編集。この場合の日本酒は大吟醸でも純米酒でもなく、兎に角、昔ながらの製法で真面目に作った日本酒である。

太田和彦と言えば、居酒屋エッセイが有名で、何冊か読んでいる。本作は太田和彦の初の小説の14年振りの復刊であり、何故にかような傑作が、長らく埋もれる事になったのか不思議だ。

映画誌に掲載された連作短編だけに古い日本映画をタイトルにし、その映画のストーリーと見所を紹介しながら、それでいてメインストーリーが展開して行くという珍しい構成になっている。

メインストーリーなのだが、主人公の私が古い日本映画を週一回だけ上映する映画館に入ったのをきっかけに映画の後に立ち寄った居酒屋を中心に懐かしく、暖かい物語が展開して行くのだ。

読みながら、何度、この物語の世界に浸っていたいと思った事だろう。読んでいて、これほど居心地が良いと思った小説は無い。

2014/12/30 11:15

投稿元:ブクログ

主人公は、安定しているもののどこかつまらない日々を送っていた小さな役所の職員だった。そんな彼が、たまたま黄金座という小さな映画館で古い1930~40年代の映画を観て、その後に吟月というこれまた小さな居酒屋に向かった。その空間を中心に、ストーリーが展開して行く。主人公の抱いたある女性への淡い恋とも思われる感情が明確に書かれておらず、その点では極めて小説的である。吟月での交友関係が物語の最後にはまるで夢だったかのように雲散霧消してしまう所に無常を感じた。読後感としてはそんなに疲れた感覚もなく、読みやすい小説だ。

4 件中 1 件~ 4 件を表示