サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治(生活人新書)

プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

優れた策略家

2015/10/24 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

賛否両論あるものの影響力の大きい(オバマよりも)プーチン。国益のためにヨーロッパを押さえつつもアジアに目を向ける。こういう面は日本のリーダーは学んでほしい。知恵がなさすぎる・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアリストのプーチン

2015/02/24 18:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:命"ミコト" - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本では、一般的にプーチンと言えばKGB(КГБ)出身の強面という印象が強いが、実際はリアリストで優しい性格の人です。
そして、中国と中が良さそうに見えてもロシアからすると驚異になる事を書いたのは敬意を評する。
星一つ減らしたのは、最初に安倍政権寄りの記事を書いたので減らしました。(それでもアメリカの意向での安倍批判よりはマシですが。)
ロシアの事をまともに書いている本が少ない中で本書を読めばウクライナ問題やロシアの事が解ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プーチンなくしてロシアはない

2016/12/16 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

プーチン来日を機に積読本を消化しました。
 2年前の本なので古いかと懸念しましたが、ロシア外交の過去と現在やロシアを取り巻く環境等を知るには好著です。特にウクライナ危機には、欧米の視点でしか報道されない日本では知ることができない歴史的経緯があり、「ロシア=悪」という図式だけでは語れない問題と認識できました。
 一方、北方領土を解決する1世紀に1度のチャンスと楽観的に語る等、プーチンシンパが書いた本と割り引いた方が良さそうです。
 今回、プーチンにはカネをむしり取られて終わりということにならなければ良いですが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/18 10:28

投稿元:ブクログ

すみません。
まったくもって、帯のプーチンの写真がかっこよかったからとジャケ買いしました。

下斗米先生の書かれるものなので読みやすく、分かりやすいだろうと信じています(何

2015/03/11 23:06

投稿元:ブクログ

なかなか宗教や人種についての土地勘ができぬので苦しんだが、良い一冊であった。
浅羽先生とこで推薦されてたけど、やはり二国間関係を考えるというのはあまり現実的ではないというか、有効ではなくて、多国間での見通しを持った上での二国間関係とならねばならんが、外務省はどうもスクールごとのセクショナリズムが強いと聞きますし、どうすりゃいいのやら。
そして、ウクライナもユーゴスラビア並みとは言わないけどなかなか解決の難しい入り乱れ方なのね…

2015/01/19 03:57

投稿元:ブクログ

隣国ロシアの今後の進む道について、ロシア国内で生活してる人が書いてる本。

この本の通りだとすると、今後何かと日本にアクションを求めてくるだろうと思う。

その時に適切に対応できるように準備しておかなければならないかもと思う

2017/02/05 11:47

投稿元:ブクログ

2014年2月に起こったウクライナの政変に端を発するウクライナ危機によって、欧米諸国とロシアとのあいだに緊張が走った。ロシアのプーチン政権はどのような舵取りをするのか、そして日本との関係はどうなるのか。著者はロシアとウクライナの国家成立の歴史から現在の政治情勢までを非常にわかりやすく説明しながら、今なぜロシア外交が東方へシフトしているのかを繙いていく。筆者の見立てでは、プーチンが進めるユーラシア主義に基づくアジア重視外交は、特に日本に対する接近を強めていくであろうとみている。そして今こそロシアと日本のあいだにある北方領土問題の解決を進めるべきであることを強調する。
日本は中国との関係改善が進まないなかで、北東アジア諸国の多角的な関係を考えれば、日米同盟だけにたよるのではなく、ロシアとの関係を改善していくことは、間違いなく重要であろう。ロシアが求める技術協力と日本が必要とするエネルギー資源が結びついて新たな日ロ間の経済関係が生まれる可能性を示唆している。
出版は2014年12月でありながら、9月のウクライナとEUの自由貿易協定まで触れている。最後の方は、やや筆を急いでいる感じもするが、日ロ関係の行く末を見通す書をこれだけタイムリーに世に出した意義は大きい。
思えばロシアに興味を持ったのは、大学時代に下斗米先生のロシア政治の講義を受けたことがきっかけであった。先生の話は分かりやすい。ロシアや東欧の歴史や政治は日本から見ると複雑でわかりにくい。いつも明快な言葉で教えて頂き感謝です。

7 件中 1 件~ 7 件を表示