サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

イスラム潮流と日本(イースト新書)

イスラム潮流と日本 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

読みづらい本でした

2015/01/15 18:25

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの「アラブの春」は混乱を招いただけで、イスラム諸国は混迷の度を深めています。イスラム社会に民主主義は適さないのかもしれません。
 本書は、イスラム国やイスラエル・パレスチナ問題をはじめとした現在の中東情勢のほか、ウクライナ情勢、イスラム圏の日本観等に言及しています。
 また、安倍の政策(武器輸出の緩和、集団的自衛権確立への動き)は、イスラム世界に軍隊を派遣しない国=日本に対するムスリムたちの信頼を損なうのではないかと懸念しています(267ページ)。確かに、同じ懸念を抱く識者は多々います。
 私は、中韓に妥協しない安倍の姿勢は評価します。ただ、憲法改正に執着し、「積極的平和主義」などと曖昧な理念を掲げ、靖国参拝に見られるように国際社会へ挑戦する安倍には危うさを感じます。

 ところで、宮本氏の文章は、話に脈絡がなく、はっきり言って読みづらいです。以前読んだ「イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか(新潮新書)」もそうでしたか、例えばサウジアラビアの話をしていても、脈絡もなくエジプトに飛び、シリアに飛び、サウジアラビアに戻るといった具合です。結果、頭が混乱します。加えて本書は誤植も散見され、イスラム社会に疎い私は、しんどい思いで読み終わりました。
 イスラム諸国の情勢を熟知している方なら、本書を読んでも大丈夫でしょうが、イスラム情勢に疎い方に、いきなり本書はキツイと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/19 15:50

投稿元:ブクログ

2014年9月、国連人権高等弁務官事務所は2011年から2014年4月末までにシリア内戦の死亡者数が19万1369人に達したことを発表した。
シリアはアサド親子二代の政権下の時代から混乱していたわけではない。
日本の外務省の「世界の学校を見てみよう」というページには、1997年当時、「シリアのダマスカス市内の学校では、生徒の話題の中心は音楽とファッションで、欧米で流行している服装や髪型が関心を集めています。シリア人は大変親日的で、第二次世界大戦後の日本の経済成長や日本人の勤勉さ、自動車など工業技術の高さが知れ渡っています」とある。

現在、シリアでは、石油・ガス生産施設を含む国土の三分の一がイスラム国の実行支配を受けている。
イスラム国に軍事的に対抗できるのはシリアのアサド政権のみという状態で、米国は、軍事支援をしているサウジアラビアがスンニ派のテロリスト集団の重要な活動資金源になっていることもあり、現在ジレンマに陥っている。
同じように軍事支援をしているイスラエルのミサイルがガザで1400人もの住民を殺害した事件では、米大統領報道官が「到底容認できず、かばいようがない」と厳しく発現したように、外交政策の支離滅裂ぶりを露呈している。
米国のイスラエルに対する資金援助は、イスラエル軍事費の四分の一を構成。
また、米国の議員たちは多額の資金をイスラエルのロビー(圧力団体)から受け取っているため、イスラエルのロビー活動を批判できない。
ではイスラエル社会とは何か?
ユダヤのタルムード(法律と解説の集大成)によれば、「ユダヤ人とは、ユダヤ教の信徒であり、また母親がユダヤ人でなければならない」とある。
この規定によれば、現在イスラエルを構成する人口600万人のうち、300万人がユダヤ人ではなくなる。
主にロシアやウクライナからやってきたユダヤ人でないもの多くが祖父母の一人がユダヤ人だったということで国籍が認められた。
ヨーロッパ出身のユダヤ人(アシュケナージ)の祖先の母系はユダヤ人商業社会に嫁いだヨーロッパのクリスチャンたちが婚姻を契機に改宗した女性たちで、もともとパレスチナで生まれたユダヤ人の子孫ではない。
また、イスラエル総人口の五分の一はアラブ系イスラエル人で、彼らは2030年には人口の三分の一になると推定されている。
ネタニアフ首相がイスラエルを「ユダヤ人国家」であるというのはあきらかにアラブ系市民のことを差別するものである。
現在、パレスチナ人たちの「ゲットー化」はシャロン政権下(2001〜2006)によって推進され、パレスチナ自治政府と交渉しないという姿勢はネタニヤフ政権にも継承されている。
ヒットラーは、『我が闘争』の中でユダヤ人を邪な人種としてとらえ、ナチスの反ユダヤ主義は、ヨーロッパに旧来あった「反セム主義」という人種的な蔑視が融合し、ユダヤ人の放逐による究極の目的「絶滅」をも視野に入れられた。
現在イスラエルのタカ派政権が抱く「大イスラエル主義」はパレスチナ人を放逐することだ。
イスラエルは5000人のパレスチナ人を拘禁中だがそのうち200人近くが未成年なのだ。
ここに、現在のイスラエル問題の歴史的皮肉が浮かび上がる。
レニ・ブレナーは『独裁者たちの時代のシオニズム』(法政大学出版局)を著したが、ナチズムとシオニズムのイデオロギーの類似性を指摘している。

また、本書には日本とユダヤ人との歴史に関しても解説している。
日本は戦前、満州に逃れて来たユダヤを受け入れ、彼らに自治を認めた経緯もある。
また樋口季一郎(1888〜1970)は、日独防共協定が締結された後の1937年に、極東ユダヤ人大会に出席。ナチスドイツのユダヤ政策を批判するかのように「ユダヤ人を追放するならば、まずは彼らに土地を与えるべきだ」と訴え会場のユダヤ人から拍手喝采を受ける。
樋口の計らいで満州国に入ったユダヤ人は、1938年だけでも250万人近くに及んだというから、満州国にあったユダヤ人社会の規模は非常に大きいものだったに違いない。

2016/09/08 08:57

投稿元:ブクログ

イスラム過激派に一番とまどっているのは本来のイスラム教徒。
イスラエルという国をめぐって、世界がしてきたことをつかみやすい。

中東あたりというのは日本に比べたら生きていくにはどうなの?暮らしやすい土地?その土地にあった生き方、治め方というのがあったのでしょう。
イスラムというのはその知恵の形の一つなのでしょう。

2016/12/10 10:58

投稿元:ブクログ

2014年刊。著者は現代イスラム研究センター理事長。

 反イスラエル(正確には反ネタニヤフ政権)、反サウジアラビア(サウード王家と王政維持堅持への否定的視線)という観点で、イラク戦争後の中東現代史を粗描する。
 IS悪玉論という方向性だけでは見えてこない中東情勢を感得できるのは本書の買いだ。
 といっても、日本とイスラム(アラブのみならず南米など)の関係や、ロシアvsイスラムや、ウクライナ情勢も叙述し、やや纏まりに欠ける。

 IS以外に、イスラエルやサウジアラビアの悪玉化は後二者を支援する米国の問題も浮き彫りに。
 ただし、それら悪玉の中に部分的な白さがあったりするなど、叙述の簡素さと対照に、現実模様の輻輳・複合・複層ぶりが見て取れる。

 ここに①米国の思惑、②米政権の方向性による濃淡、あるいは③仏・英など中東諸国の旧宗主国の思惑、④スンナvsシーアなどイスラム教内部の対立、⑤イスラム教国間の対抗関係と国毎の利害の相違、⑥イスラム同胞団との親疎、⑦王政に対する親疎といった別の方向の考慮要素が複雑に絡まり合っている模様も看取できそうだ。
 かかるモザイク模様はかなり複雑である。
 これを見て取るにはこちらの基本的情報と認識が十分ではなく、再読してもう一度吟味すべきかな。
 とはいえ、イスラエルのガザ空爆・陸上からの侵攻の情報端緒となっただけでも本書読破の意味はあったとは思う。

 ただ、ウクライナ・ロシア問題と中東問題とは別の書にしてもらいたかった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示