サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

ロマノフの十字架 上(竹書房文庫)

ロマノフの十字架 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/06/19 17:54

投稿元:ブクログ

ラスプーチンからロマノフ王朝の生き残りと言われるアナスタシアに渡された十字架には特別な力が備わっていた。
ラスプーチンがその死の前にアナに残した言葉、その意味が現実のものとなり、アナは数奇な運命を背負って生かされていく。
読むに従って、なんとなく終わりは想像しやすい物語ではあるが、引き込まれる内容ではあった。

2015/03/11 08:28

投稿元:ブクログ

頁を繰る手が停まらなくなってしまうが…“ロマノフ”から想起される、革命期の帝室の秘話、メディカル系の「科学の知識を容れたサスペンス」、アラスカの自然や伝承、劇中人物達の冒険、伝奇的要素が高密度に詰まっている。本作を視掛けた時点での期待に違わない…否!期待以上に、素晴らしいエンターテイメントだ!!

2015/12/26 23:39

投稿元:ブクログ

ロバート・マセロによる歴史・宗教ミステリ。
物語は主に3つの視点から描かれる。一つは蟹カゴ漁師・ハーレーがベーリング海で蟹カゴと共に引き揚げた棺とその埋葬されていた人が身につけていた十字架をめぐる物語。一つは元陸軍少佐で疫学者のスレーターがたどるスペイン風邪をめぐる物語。もう一つはおよそ100年前のロマノフ王朝の第4皇女・アナスタシアとラスプーチンにまつわる物語。
時代が異なる物語と同じ時代の別の視点からの物語が交錯するため、それぞれの物語の先が気になりながらヤキモキする感がある。物語がスピーディーに展開する場面もあればややまどろっこしく感じるところもあり、ヤキモキ感に拍車をかけるが、構成もよく練られていて飽きさせない。
特に、史実に基づいていると思われるアナスタシアとラスプーチンの物語はロマノフ王朝の凋落に関わるだけに、物悲しい印象を残す。
アラスカに主要人物が集まり、この先どんな物語が待ち受けているのか、先が気になる。下巻でどんな物語が展開するのか、楽しみである。

3 件中 1 件~ 3 件を表示