サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 七色の毒
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

七色の毒(角川文庫)

七色の毒 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

中山七里初挑戦

2015/05/30 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中山七里氏の著作を読んだのは本書が初めてです。
『さよならドビュッシー』や『連続殺人鬼カエル男』が評判いいのは知ってたんですが、なかなか長編作品に手が出なかった時にこの短編集を見かけたので購入しました。
どれも読みやすく、現実にあった事件や出来事をヒントに書かれている話が多いので、読みながら思わずニヤリとしてしまいます。
個人的には『青い魚』が良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/21 21:04

投稿元:ブクログ

「赤い水」★★★
バスの事故の話。
「黒いハト」★★
中学生の自殺の話。
「白い原稿」★★
KAGEROUの話。
「青い魚」★★★
フグの毒の話。
「緑園の主」★★
黒い中学生の話。
「黄色いリボン」★★★
性同一性障害の話。
「紫の供花」★★★
償いの話。

全編通してどんでん返しがテーマで、ひねりはある。
しかしあまりすっきりするどんでん返しがないことと、
社会派なテーマが少し重い。

2016/11/17 21:15

投稿元:ブクログ

7つの色にちなんだ毒、つまり人の悪意を描いた短編集。人の心の黒いところをむき出しにするので、ある意味イヤミスとも言えます。
どの話をイヤだと思うかは人それぞれだと思いますが、個人的には「青い魚」が最もイヤでした。

2016/07/09 22:15

投稿元:ブクログ

善人は、たちまち悪人になりえる-。「切り裂きジャックの告白」の犬養隼人刑事が、「色」にまつわる7つの怪事件に挑む、ミステリ連作短編集。

始めの数編を読んで、短篇なのに必ず最後にどんでん返しがあることに驚く。以降はオチを予測しながら読んだけど、それで楽しさが薄れることはなかった。中山七里の器用さに脱帽。
(B)

2016/11/17 15:21

投稿元:ブクログ

犬養隼人第2弾。短編集なので少し物足りないのは否めない。
7つの色にたとえた殺人事件の話。1つ1つはとても面白かった。ドラマ化された「白い原稿」が読みたくて第1弾から読んだのだけど、、おおお、もう覚えてない。そんなに印象に残らなかったなあ。短編なので犬養さんの出番もちょっと。

2015/05/15 00:46

投稿元:ブクログ

犬養シリーズ短編集。
ちょっと東野圭吾の加賀シリーズを彷彿とさせた。
どの話も面白かったけど、『黒いハト』は良いね。どんでん返しっぷりが。

2015/02/22 11:25

投稿元:ブクログ

短い中に含まれる棘や癒し、この複雑さが面白い。どんでん返しはが続くと期待半分、お約束意識半分なので‥‥ちょっと飽きるかな。

2015/03/27 01:33

投稿元:ブクログ

立て続けに中山七里の本。今回は短編小説。
やはり中山七里の推理小説は面白すぎる!短編だからそんなに複雑なストーリー展開じゃないのに毎回どんでん返しに振り回される感じ。しかも7つある短編が微妙に繋がってるところなんてさすがです。
刑事犬養隼人シリーズはまだ新刊が出ていないので続きがない…早くでないかなぁー

2015/10/16 21:43

投稿元:ブクログ

この長さの短編集としては、中身の充実ぶりが秀逸。
社会性のある主題にキレのあるどんでん返しを毎回コンパクトにまとめたうえに、一部連作も混ぜ合わせてあり、満足できる一冊でした。

2016/05/15 23:20

投稿元:ブクログ

心の奥底に潜む悪意をえぐりだす、どんでん返し満載のミステリー集。
『切り裂きジャックの告白』に次ぐ犬養刑事もの。表題どおり七つの色を使ったタイトルで、さまざまな人間の毒が巻き起こす事件を犬養刑事が解決する。実際にあった事件や出来事をモチーフにしたり、社会的問題を取り上げているので、奇想的解決も受け入れやすい。もしかしたら著者は短編の名手かもしれない。

2015/12/20 23:59

投稿元:ブクログ

犬養隼人 の第2弾。
一つ一つの短編が読み応えがあってお見事だった。

事件の真相は、犯人だけが知っているものではない、
というところが
抜群。七色にしたところもよかったかな。
「切り裂きジャックの告白」より
こっちが好み。

無駄に男前の犬養にも、
ちょっと興味が湧いたので、ぜひ第3弾を!とお願いしたい。

2016/02/08 02:21

投稿元:ブクログ

犬養刑事が登場する七編の短編集。

タイトルの「毒」の通り、各短編にひねりのあるどんでん返しが仕込まれています。
読者に小さな驚きを投げかけて最後にはうまく収束させていく手腕はいつもながら感心したのですが、推理を絞り込んでいく過程でのロジックがちょっと甘くて、連作集ならではの大オチに驚きがなかったです。

2016/10/15 22:55

投稿元:ブクログ

単純な事故に見せかけて実は仕組まれた殺人だった。というところまでは素人にも予想はつくが、いずれの話ももう一捻りあるので、してやられた!と感じてしまう。

全体的に若い犯罪者や表向きは真面目で穏やかな犯罪者が目立った。本当に怖い人は案外優しい顔をしている。

2015/02/20 21:44

投稿元:ブクログ

犬養刑事シリーズ、7つの短編集。
一話一話短いけど、タイトル通り色々な「毒」が詰まっている。どんでん返しの連続で、読み応えある短編集でした。
最初と最後の話がリンクしているのも良かったけど、個人的には「青い魚」と「黄色いリボン」が特に良かった。

2016/04/07 23:42

投稿元:ブクログ

なかなかの作品が詰まったお得(?)な短編集。
人の心に巣食う真っ黒な毒を
さりげなく、そして意外性を含んで読者に盛ってくる。
個人的にはこんな感じで色々出して欲しい。

釣り好きな自分は「青い魚」のトリックに気がついた。
あの「魚」は食べれないのになぁ~と思ったら・・・・

20 件中 1 件~ 15 件を表示