サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

鴉龍天晴

鴉龍天晴 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

プロローグ部分のみ

2015/02/28 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

えーと、プロローグですね
和風ファンタジー的な設定は壮大ですが、それを使えるところまでストーリーがいってないので評価しづらいです
単純に見ればボーイミーツガールですが、キャラが大人っぽくて熱っぽくないのが良い感じ
ただ主人公の兄がちゃんと描かれておらず、繋ぎとして弱いように思いました
キャラがだいぶいなくなってしまっているので、続きが書けるのかちょっと不安

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鴉龍天晴

2016/11/07 13:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:によ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あなた『スレイヤーズ!世代?そうでしょ?!』と聞きたくなるほど、「30代のためのライトノベル」感。
神坂一と榊一郎と上遠野浩平で育った私は慣れ親しんでいるけれど、こんなに世代を選ぶ文体で、よく書いたなぁと半ば感心・半ば青春黒歴史の気配を感じる。

そして、これ、私が中高生の頃に週刊少年ジャンプで連載してた『封神演義』風に漫画原作にしてみたら、受けるのではないでしょうか…感があるような、な。

とりあえず、結論は、私のお好みではなかったけど、作者さんの「好きなもの書きたいんじゃあ!」という気持ちは良くわかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/12 20:22

投稿元:ブクログ

設定が良いだけに、物語の展開と結末には物足りなさを感じる向きが多いだろう。最初から続編狙いだったのかもしれないが、だとしたら最初からそういう展開にした方がよかったのかも。最初の講談から始まり講談に終わるというスタイルも様式としてはそうだろうなとは思うけど、話が終わっていないので尻切れトンボ感が強い。陰陽師などの魅力的な脇役も使い捨てなのが残念。

2016/01/21 22:47

投稿元:ブクログ

妖が存在し、対抗技術「鬼巧」が発展した日本。関ヶ原の合戦以降、陰陽道や妖が主力の西日本と鬼巧中心の東日本に分かれていたが、西洋諸国の開国要求に混迷中の時代。
西日本での日常と、東日本での陰謀を進めつつ、戦争へと突入していく話。
現実とはズレた世界を描いてるあたりは良い。戦争が始まってからの展開が急で、クライマックスは主人公の剣戟がメインになってしまい、鬼巧・妖がが活躍することなく終わってしまって残念。

2015/10/24 10:16

投稿元:ブクログ

 ”幕末を舞台に科学と妖術が衝突する、大河スチームパンク”という唄い文句にひかれて読んでみた。
 実在の人物や史実を織りまぜて幕末パラレルワールドを書こうとする構想は野心的だが、実際に書いてみて作者の手にあまったのか、やたらと背景の説明や登場人物が多くて小説の体をなしていない。読者は小説を読みたいのであって、プロットや設計図ましてや作者の蘊蓄を読みたい訳ではない。

 文章力はあると思うのでライトノベル系の語り口や登場人物で誤魔化さず、スコット・ウエスターフェルドの『リヴァイアサン』シリーズなどのようなスチームパンク作品を、日本を舞台に書いてほしい。

2015/03/30 23:18

投稿元:ブクログ

厨二くせぇ。嫌いじゃないけど、あーやっぱ鼻につくなぁ…、でも、設定は美味しい…………。とはいえ、なんかイマイチハマりきれないのは、読者おいてけぼりで、陶酔してるみたいなノリのせいか。

ラストの鴉対龍はひっぱりすぎ。
そして、陰陽師に幸あれ。
最後に、びば狐様。

2015/02/23 18:32

投稿元:ブクログ

関ヶ原の役を契機に東西に分断された日ノ本。
神豊諸侯連合が治める西では陰陽道が発達して妖が跋扈し、帝国議会政府が治める東では封神兵器・鬼巧が開発されていた。
西の独立自治区・京で暮らす医学生・竹中光太郎は、貧しいながらも学問に打ち込む日々に幸せを感じていた。
一方、東の帝国陸軍武官・真田幸成(真田幸村の子孫!)は不祥事を起こし飛騨に左遷されていたが、公武合体を目論む帝国政府元老・井伊直弼の密命を帯びていた。
だが井伊は勅許を得ぬまま米国と通商条約を締結、その独断に抗議するため加賀前田家が軍を起こす。
そして、この蜂起に端を発する東西合戦で、光太郎と幸成は望まぬまま相まみえることに――
幕末を舞台に科学と妖術が衝突する、大河スチームパンク。 (内容紹介より)

虚実入り乱れた設定は面白い。語り口も独特だ。出てくるお姉ちゃんもやんちゃで可愛い。
しかし、設定に酔ってるのか中々話が進まない。光太郎と姫の与太話も充分面白いんだが、いつ本筋に入るの?という心配が小説半ば過ぎても続く。
第2次関ヶ原に突入しても光太郎は下っ端のまま、いきなり真田幸成と一騎打ちになっちゃうし、相打ちのまま終わっちゃうし、姫と光太郎は結局なんともならないし。
頁数が足りなかった?結局設定が全てでそれを生かし切れなかったのかな。
鬼巧対陰陽師、妖対妖、だけじゃなくてもっと色んなバリエーションを展開できただろうに。惜しい!物凄く惜しい!
続編希望!いや、書かなきゃダメでしょ。

2016/06/29 18:06

投稿元:ブクログ

あなた『スレイヤーズ!世代?そうでしょ?!』と聞きたくなるほど、「30代のためのライトノベル」感。
神坂一と榊一郎と上遠野浩平で育った私は慣れ親しんでいるけれど、こんなに世代を選ぶ文体で、よく書いたなぁと半ば感心・半ば青春黒歴史の気配を感じる。

そして、これ、私が中高生の頃に週刊少年ジャンプで連載してた『封神演義』風に漫画原作にしてみたら、受けるのではないでしょうか…感があるような、な。

とりあえず、結論は、私のお好みではなかったけど、作者さんの「好きなもの書きたいんじゃあ!」という気持ちは良くわかった。

8 件中 1 件~ 8 件を表示