サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

土方美月の館内日誌 失せ物捜しは博物館で(メディアワークス文庫)

土方美月の館内日誌 失せ物捜しは博物館で みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/09/11 07:19

投稿元:ブクログ

月曜日だけ探偵事務所を開くという『姫神郷土博物館』。大切なものを失ってしまった人は、不思議とこの博物館に集まるという。名前負けコンプレックスを持つ従業員・沖田総司もそんな奇妙な縁に引き寄せられた一人である。彼は就職詐欺に遭い、途方に暮れていたところを“名前だけ”で美人館主に拾われた。「すべてのものには来歴がある」が口癖の館主・土方美月は、単越した古物知識と新選組をこよなく愛する女性。総司は彼女と奇妙な事件を解くうちに、美月が捜し続けているものに気付いていく…。
+++

山奥に人知れず(?)在る博物館という舞台と言い、館長・美月のとらえどころのないキャラクタと言い、名前にコンプレックスを抱いて生きてきた沖田総司の頼りないながらも偶然の力が上手く働いてしまう運の良さと言い、設定は現実離れしていることこの上ないのだが、解決する事件や謎は至極真面目なものであり、美月の抱える屈託もとても根深いもなのである。脇を固める幼馴染とその妹もあたたかくいい味を出しているし、今後も知りたくなる一冊である。

2015/04/29 00:36

投稿元:ブクログ

リリー・ベリーが悪くなかったし、冒頭とあらすじの感じからしてこっちも面白そうかなって思って手にしたんだけど...
正直期待はずれだったかなー 読み進めるのに時間かかったわ

取りあえず、この人の作品では(最低一人の)人の性格と何か物が物理的にぶっとばないとダメなんですかね?

リリー・ベリーの後だと「パワーアップしてるんですけどwww」って感じだった
今回はもうついていけなかったよ...
美月は過去の事件があって、明るく振る舞おうとしてるのは分かるけど、ぶっとびすぎでしょ
まぁこれからは彼と過ごしてくうちに弱い面とか素の自分とかを出せる機会も増えて落ち着くのかな...とか考えたけど、彼女はきっとあのままだな!笑
変わらなさそう 寧ろ弱い面を知って受け止めてくれる人が近くに居る分パワーアップしそうだ笑


神隠しの解釈は面白かったけど、全体的に微妙だったし、勿体ないけど売ろうかな

2017/01/28 22:15

投稿元:ブクログ

就職詐欺にあい、これからの生活を失ってしまった主人公。
そんな彼が住み込みで働く事になった職場は、博物館。

主人公の名前がすごい。
確かにこれが自分の名前だったら、嫌でたまりません。
どうしろと? という状態。
あまり子供に期待を背負わせると、大変な事に…の
分かりやすい例、でしょうか?

のんびりとした感じで進んで行きますが
館長は事ある毎に『神隠し』のせいに。
それはなぜかというと…と最後には分かるのですが
しっかりした人なのか、不思議さんなのか
分からなくなってきます。
詐欺話、は面白かったです。

2015/01/17 17:41

投稿元:ブクログ

館内日誌というタイトルの割に、あまり博物館の中で話が進行しない。「遠野物語」からの引用が多く、物語全体を神隠しというテーマが貫いています。この神隠しの解釈は少しすてきですね。

2015/10/22 23:40

投稿元:ブクログ

遠野物語がちょっと難しく感じたが、現代にうつしだすことで、なんとなくだが、わかりやすくなっててよかった。

2015/03/07 12:59

投稿元:ブクログ

《すべてのものには、名前には来歴がある
そこに込められた意味は必ずある
幾千年経っても褪せることがない》
今見えているものだけでなく
その来歴を思い浮かべながら見る…
形の有る無し関係なく
あらゆるものに通じるね

2015/01/23 23:18

投稿元:ブクログ

【この風変わりな博物館には、古いものだけでなく大切な想いと奇妙な依頼も集まるみたいです。】
 月曜日だけ探偵事務所を開いているという博物館『姫神郷土博物館』。大切なものを失ってしまった人は、不思議とこの博物館に集まるという。
 名前負けコンプレックスを持つ従業員・沖田総司もそんな風変わりな博物館の縁に引き寄せられた一人。彼は就職詐欺に遭い、途方に暮れていたところを“名前だけ”で見出され、美人館主に拾われた。
「すべてのものには来歴がある」が口癖の館主・土方美月は、卓越した古物知識と新選組をこよなく愛するちょっと不思議な女性。総司は彼女と奇妙な事件を解くうちに、美月が探偵として失せ物捜しをする理由に気付いていく……。

2015/05/30 15:44

投稿元:ブクログ

うーん、もやっと感。

最後まで読んだけど方向性がよくわからなかったな。
起承転結があいまいというか、盛り上がりに欠けるというか。

読み進めるのが正直苦痛でした。ごめんなさい。

8 件中 1 件~ 8 件を表示