サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/04/06 17:52

投稿元:ブクログ

”ランスレイの悪党”こと”悪党同盟”の絆で結ばれた名門一族の連作。『涙のレディ』のマックスに大きな恩を感じ、尊敬している、庶子ウィルのお話です。

息子と再会し絶望するエロディが不憫ながらも、もう少しで泣けそうなのに、泣けなくて、なんだか全体的に残念。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4389.html

2015/02/25 01:21

投稿元:ブクログ

3.5
「涙のレディ」でマックスを罠にかけたエロディのはなし。
エロディがなかなかの可哀想っぷり。刺繍してるの最初と最後のほうの一部だけだね?
フィリップとの再開とか辛い。しかしこっそり伯爵夫人にかけあってみるという選択肢はないの?

2015/03/26 11:35

投稿元:ブクログ

読み応え満点のリージェンシーの書き手ジュリア・ジャスティスが“ランスレイの悪党”と呼ばれる名門一族の紳士たちのロマンスを描く連作。『涙のレディ』に続いてお届けするのは、複雑な生い立ちを背負うウィルと謎めいた美貌の刺繍師エロディの物語です。

3 件中 1 件~ 3 件を表示