サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/23 13:27

投稿元:ブクログ

1999年1月、ジャイアント馬場死す。

プロレス界の文字通り巨人にして大黒柱を失った「全日本プロレス」は、「盛者必衰のことわりをあらわす」の言葉通り、あれほど盛況を誇った「明るく、楽しく、激しい」王道プロレスの見る影も無残に瓦解してしまった。
本書は『別冊宝島』で定期的に報じられた現在進行形の「崩壊」の道程を改めて一書にしたものである。あまり「全日本プロレス」の熱心なファンではなかったにもかかわらず自分も何気にこれらの記事のずっとの読者で(笑)、分裂した全日本プロレス系3団体(全日本プロレス、ノア、W-1」のスキャンダラスな裏面を暴く渾身の取材には感心していたものだ。見た目の華やかさとは裏腹に、アングル抜きのカネと権勢と謀略が渦巻くマットの裏側は、社会のあらゆる「悪」をちゃんこ鍋にしたようでもあり、そこには読者にとってはワイドショー感覚の面白さに満ちていた。
プロレス番組を最近はあまり観ていないこともあり(地上波放送でいまもあるのかな?)、いまどのような選手が活躍しているのかもあまり知らないのであるが、思えば、ここ20年くらいの間にプロレス自体の市場が急激に萎んでしまい、もはやプロレスへ魅力を感じる人すら希少な存在になりつつある昨今、この世界で生き残らざるを得ない人々の悲壮さは察するにあまりある状態ではある。目まぐるしく変容する価値観とその多様性を取り込み、そしてまた先取りしてみせる表現力をもったプロレスラーはもはや皆無に等しく、いまだに古式ゆかしい事業モデルにしがみつく姿を見れば、プロレス界に再浮上はあるのか?と暗澹たる気分にもなるが、出口が見えない自虐的な勝負をみんなで戦っているような感じでもあり、もはやかつての観客としてはシニカルな観戦を楽しむ以外にはないのだろうか。かつて輝いた選手がいまだに現役でノスタルジックな醜態を晒すのを見るにつけ、「昔は面白かった」とどうしても感慨せざるを得ないのが現状である。
本業で魅せるよりもスキャンダラスな報道の方が圧倒的に面白くなってしまったプロレス界。次なるスーパースターの到来が待ち遠しい!

2016/09/15 07:05

投稿元:ブクログ

昔はプロレスが大好きだった。
新日も、全日も、大好きだった。

こんな風になってんだなあ。
もともと、こういう業界としても形態としても胡散臭いところがありながらメジャーであったところも面白かったのだが、いろんな意味で小粒になって、こんなことになったんだな。

正直あんまりその辺の莫迦みたいなところには興味が無いのと、書き手のスキャンダラス感一杯の斜め上からの視点、さらに文章がムッチャ読みづらい(多分所々名前間違ってる)のもあって、しんどい本だった。

2 件中 1 件~ 2 件を表示