サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. アイズ
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

アイズ(角川ホラー文庫)

アイズ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/08/06 16:12

投稿元:ブクログ

かなり難解な本ばかり立て続けに読んできたのでちょっと休息、ということでエンタメ系小説を開いた。
昔読んだ「リング」シリーズは私には「怖い」感じはなかったが、面白く、しかも次々と意想外な視点を提案し、描破しぬけるストーリー構築の力業に魅力があった。
その鈴木光司さんの「ホラー」短編集である。
ホラーといっても、さほど恐怖感を激しくあおるものでもなく、どちらかというと「世にも奇妙な物語」にふさわしいような、軽めの印象だった。
この本を絶賛する気は無く、また、この本にべた惚れした読者をくさす気も無い。個人的に気になった点を書いておく。
大半の短編小説が、最初の方で主要な登場人物が出た際に、日本語漢字でフルネームが記されることに違和感を覚えた。しかも、読み間違いを避けたかったのかいちいち読み仮名までふってあるために、ますます違和感が強くなった。
短い小説なんだから、人物を毎度フルネームで紹介する必要があるのかどうか。
しかし、小説というものは、その本質からいって、虚構の肉を生産することが基本ではある。氏名とか、何時何分とかいう細かいディテールが、「本当らしい虚構」を読者の現実に似た体験として結実するために、必要とされる。いわば最初から小説は「どうでもいい些事」をツラツラと連ねていくことに本道がある。
しかしこの作品集のように名前をフルサイズで示されると、読者である私の容量小さなワーキング・メモリの何割かはそれに占められてしまうので、少々効率が悪い。しかもあっという間に短編が終わってしまうと、次にとりかかるまえに、自力でなんとかワーキング・メモリをクリアしなければならない。これがちょっとおっくうだった。
あと、文章術、小説構築術に関して。
「指にはめた指輪の台座には、こぼれ落ちようとする朝露の大きさで、ピンクダイヤモンドが光っている。」(P164)
この文がテクニカルなのは、ここでの重要事がダイヤモンドではなく、引き合いに出される「朝露」のイメージの方だからだ。しかも4行後には、「葉先から水滴がこぼれ落ちて」と来るから、イメージが継続されている。
ところがこうしたテクニックは、小説のレトリックとして珍しいものではない。
むしろ、この作品にあっては、「朝露」は単に朝の情景を描写しているということにしか役だってはいないのだから、さほど効果的ではない。
厳しいことを言えば、あまり緊密度のない、研ぎ澄まされていない文章で、この作家の天分であるストーリー構築を生かし切れていないもどかしさを感じた。
まあ、そんなに悪いとは言わないけれど。

2016/12/10 09:52

投稿元:ブクログ

死者に呼ばれる又は連鎖する話しが多い。ちょっと怖い感じの話しの短編集。それほどではないがそれなりに面白い。いつも読んでる小説と違った雰囲気で気軽に読めた。

2015/05/24 08:03

投稿元:ブクログ

ホラーは苦手だけど、映画が公開されるということで『しるし』だけ読んでみた!思ってたよりは全然怖くなくて、オカルト要素のほうが強かった。ただ映画の予告映像観たら超怖かった…!!これからはドアの魚眼レンズを覗くたびにこの話を思い出してしまう!

3 件中 1 件~ 3 件を表示