サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

イノセントブルー 記憶の旅人(集英社文庫)

イノセントブルー 記憶の旅人 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

16 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

★★★★★

2016/04/17 10:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆな - この投稿者のレビュー一覧を見る

神永学作品にしてはおちゃらけたキャラクターがいないんです(笑)現世のちょっとした約束すら守れない人がいるのに前世の約束なんて覚えてること事態無理でしょ(笑)大事なのは現在であり現世。過去や前世囚われていたってろくなことないですね。身近な人の自殺さえ気づかずとめてあげられない人がいるのに見ず知らずの人の自殺とめてあげられる人はすごいなあ。途中で気が付いたけど才谷って土佐出身のあの人でしたね(*´∀`*)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2015/08/31 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぽんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいくごとに登場人物のつながりが明確になっていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イノセントブルー記憶の旅人

2016/01/19 10:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

独特の文調ですね。非常に楽しくなります。息もつかさぬスリリングな展開と癒しと明日への再生、独特ですね。八雲、山猫等々通じるものがあります。最近は新作発行がおおくなりました。今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イノセントブルー

2015/01/30 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすてり - この投稿者のレビュー一覧を見る

砂時計の様な形の岩がある浜辺に惹かれるように集う人々…前世を見せる事が出来る才谷によって自分の前世を見た人々が見つめ直す生き方とは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2015/08/11 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スヌーピー - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしかしたらこんなことがある?なんて思えるようなストーリーで
サクサク読めて楽しかったです
八雲も好きですが、これもなかなか楽しい作品でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の好みではありませんでした

2016/10/21 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
訪れた書店でサイン本があったので買ってみました。

感想を書こうとしたら否定的な言葉しか出てこないので止めておきます(笑)

私の好みではなかったというだけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 10:35

投稿元:ブクログ

前世の記憶を見る‥‥有るとも無いとも言えない前世、その記憶?人が人に生まれ変わるとは限らないと思うのだけれど。強烈な縁で結ばれた人達は、それに近い存在として人に生まれ変わるのだろうか?

2015/07/18 17:54

投稿元:ブクログ

八雲系の少々現実離れした話とは違って
結構近い感じで、最初は物足りなかったけど、以外と後半グイグイ引き込まれて面白かった
後書きに書かれていた、前世物ではなく、今を生きる人ってのにグッときたね

2015/03/01 19:56

投稿元:ブクログ

海辺でペンションを経営する森川は、海岸で倒れていた青年を助ける。意識を取り戻した青年は才谷と名乗り、「前世の記憶を見せる」能力を持っていると言い出す。
最初は信じようとしなかった森川だったが、才谷の存在に吸い寄せられるように、前世で繋がりがあると思える人間たちが次々とペンションに集まってくる。
やがて。バラバラだった点が、一つの線となり......。

2015年3月1日読了。
『心霊探偵八雲』シリーズの神永氏が描く記憶と再会の物語。
今回、旅人である才谷と出会った人物は6人。彼が見せる前世の記憶によって、それぞれが今の人生になんらかの道を見出していきます。
切り口こそ違うけど、八雲と同じで読んでいて心が浄化される気がしました。
最終的に才谷はどこかへ去っていってしまったけど、彼はまだ旅の途中の様子。
続編が出るのかな? 出たらぜひ読みたいと思います。

2016/08/20 18:21

投稿元:ブクログ

神永さんの作品は読みやすくて好き。
まだ、それほど読んでないけど(汗

今回は「前世」に関するお話し・・・。

海辺でペンションを経営する森川は、海岸で倒れていた青年を助ける。意識を取り戻した青年は才谷と名乗り、「前世の記憶を見せる」能力を持っていると言い出す。
最初は信じようとしなかった森川だったが、才谷の存在に吸い寄せられるように、前世で繋がりがあると思える人間たちが次々とペンションに集まってくる。
やがて。バラバラだった点が、一つの線となり......。

想像していた内容とは違っていたけど、面白かった。

前世からのしがらみ、因縁なの記憶なのか、先祖からのDNAに刻まれた記憶なのか、わからないけど、なんとなくそういうのもあるのかもしれないと思うことがある。
現実に「前世の記憶を見せられたら」・・・どうなのかなぁ?
ポジティブに考えられる人と、ネガティブに考える人がいるんだろうな。

目に見えるものだけが全てではないって思うので、これはこれで面白い。
続編、読みたいな。。。

2015/08/07 13:59

投稿元:ブクログ

期待しすぎたのだろうか…。なんか思ってたのと違った。
前世の記憶と絡み合うなんてあったから、私的にはもっと刺激的なものを求めてしまsってたようで。

ものたりなかったし、途中なんか飛ばし読みしちゃいました。

2015/03/05 21:22

投稿元:ブクログ

ライトノベルのように非常に読みやすい作品でした。展開が気になって読み進めているうちにあっという間に読み終えてしまいました。主人公の探している人が見つからなかったということは、この作品も続くのかなと思いました。
2015.3.5

2015/01/22 22:18

投稿元:ブクログ

2015/1/20購入。
前世の記憶が、描かれている場面ですが、第三者的な視点で甦るように描かれているのに違和感を感じた。前世の記憶だとすると、あくまで、自分が見た記憶として甦るような気がします。
でも、主題は、現世をどの様に生きるかですからね。この物語のように、前世の記憶が、現世に生きる力を与える事が出来れば、前世も見る価値が有りますかね。

2015/11/09 15:03

投稿元:ブクログ

日本の歴史の一こまを動かしてしまった大事件の新説?!(笑)

その発想は面白かったですが、登場人物に最後まで愛着が湧きませんでした。
(感想なので、すみません;;;)
登場人物が多いわけではないのですが、謎の解明まで色々伏せられてる部分が大きすぎるのかもしれません。

最後のドタバタ感に舞台演劇を見ているような気分でした。

2015/03/08 11:20

投稿元:ブクログ

前世から記憶・・・この手のストーリーは好き。記憶が紐解かれるにつれ、才谷梅太郎ってもしかしてあの人?という感のよさもありつつ、現代と前世の織り成しかたが抜群で最後まで引き込まれました。

16 件中 1 件~ 15 件を表示