サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

狂気山脈の彼方へ(The Cthulhu Mythos Files)

狂気山脈の彼方へ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/31 09:37

投稿元:ブクログ

CMFの書き下ろしアンソロジーはいつも楽しませてくれるのだけれども、今回もめくるめく力作で震撼した。
『頭山脈』
SF短篇の名手北野勇作。それがくとぅるふか! まあ、狂気山脈だからSFとの相性はよさげなのだが、そこは北野勇作作品なので一筋縄ではいかない。作中使われている落語のネタについてはざっと紹介されているけど、これは多分更に元ネタの民話が西日本に散見される。きっちょむ話などにもあったはず。というのはともかく、そういうなじみ深い話が、ひねりにひねって、二重三重の仕掛けにより、見事「そこか?」という地点に決着する。経過の二転三転具合が面白い。
『恐怖学者・蘿文蔵人の憂鬱なる二日間』
主人公の名前読めますか? 私は読めました(きっぱり)。と、そこじゃない! いきなりこの物語は、老いたイタコから始まる。うわあ。イタコですよ。作者黒木あるじは実話系怪談ではその人と知られた名手で、東北と縁が深い人なので、この人にしてイタコ。わくわくしますね。これがまた、二重三重の仕掛けを正統派で持ってくるようでいて、驚くべき真相が待っている。その解明の仕方は名探偵物の爽快感がある一方、学者が怪奇なものを解明していくというのは、諸星大二郎の『妖怪ハンター』をはじめ、漫画で幾つもあるシリーズに近い感じがする。意外と小説ではなかったなと。これは是非とも、シリーズ化してほしいと要望したところ、どうもそうなるかもしれないという噂が流れてきた。期待大。期待大ですよ!
『レーリッヒ断章の考察』
実は、とらにはこれが一番おすすめだよ、とあらかじめ薦められておりました。それは私がもともとクラシック畑の人間だからだったようだ。というのも、こちら、重要なキャラクターとして、タイトルにあるレーリッヒの他、ストラビンスキーその人が、春の祭典をひっさげて登場するのだ。勿論、レーリッヒ(ニコライ・リョーロフ)自身も実在の人物だ。なんでしょうこのwktk感は! フーゴ・ハル作品はゲームブックとしての仕掛けもなかなか面白く、単に数字だけ追っていくような単純なゲームではないところが好きなのだが、今回はそれに加えてハッピーエンドが、物語として王道。サッドエンドはホラーとしての王道。舞台はロサンジェルス、ニューヨーク、そしてチベットへと飛び、前世紀初めに脚光をあびたシャンバラが登場する。ちなみに、シャンバラというのは、チベットの地下にあるとされる聖なる楽園のこと。南極とシャンバラのふたつは前世紀前半、探検家が切望した秘境でもある。胸熱。

1 件中 1 件~ 1 件を表示