サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

冷蔵庫を抱きしめて

冷蔵庫を抱きしめて みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー71件

みんなの評価3.6

評価内訳

71 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

“したたかさ”に魅了される

2015/11/14 14:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

コメディーから人情味あふれるユーモア、シリアスまで様々な長編で楽しませてくれる荻原浩。短編もキレがあって魅力ある。
本書は現代人の心の病と解放がテーマらしいが、解放については兎も角、在りえる設定と主人公たちの著者らしい解決に、現代の一コマを切り取ったような面白さがある。しかも多くの主人公たちの“したたかさ”に魅了される。
「さよなら、そしてこんにちは」とは、また違う切り口で、多彩な作家だと思う。ホラーの【アナザーフェイス】も作品集中では他と異なる存在だが、それだけに短編集として引き締まった気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 17:12

投稿元:ブクログ

+++
心に鍵をかけて悪い癖を封じれば、幸せになれるかな? いや、それではダメ――。新婚旅行から戻って、はじめて夫との食の嗜好の違いに気づき、しかしなんとか自分の料理を食べさせようと苦悶する中で、摂食障害の症状が出てきてしまう女性を描いた表題作他、DV男ばかり好きになる女性、マスクなしでは人前に出られなくなった男性など、シニカルにクールに、現代人を心の闇から解放する荻原浩の真骨頂。
+++
表題作のほか、「ヒット・アンド・アウェイ」 「アナザーフェイス」 「顔も見たくないのに」 「マスク」 「カメレオンの地色」 「それは言わない約束でしょう」 「エンドロールは最後まで」
+++

ほんの些細なきっかけで、封じ込めていたものが堰を切ったように。始まりはさまざまだが、心を病み、さまざまな症状を呈する人々の日々の物語である。以前からここにも書いているように、荻原浩オバサン説は、今作でも健在である。ご本人のお姿を拝見したことがあってさえ、オバサン説を唱えたくなるほどである。女性のふとした思考回路や振舞いの描写がお見事である。しかもいつもよりも年齢の幅も広がっているような。傍から見ると、なにがこんなに深刻にさせているのか理解に苦しむが、本人は生き死にに関わるほどの苦悩のただなかにいる様子が絶妙である。深刻さのなかに、可笑しみもある一冊である。

2015/08/16 13:22

投稿元:ブクログ

◆ヒット・アンド・アウェイ・・・夫・琢真の暴力に悩む幸乃は、男の暴力に負けない力が必要と考え、ボクシングジムに通い始める。
◆冷蔵庫を抱きしめて・・・気が合うと思っていた男と新生活を始めると、意外に食についての意見が合わないと気づく。すると昔の摂食障害が再燃してしまう。
◆アナザーフェイス・・・自分の姿を見たと周りの人間から相次いで聞くことになり、浅川はドッペルゲンガーの存在を疑い始める。
◆顔も見たくないのに・・・別れた彼氏が突然芸人として売れ始め、あちこちのテレビに出るようになった。
◆マスク・・・子供の頃から顔がコンプレックスだった沖村は、四六時中マスクが手放せない。
◆カメレオンの地色・・・片付けられない女になっていまった梨代は、片付けながら昔の男たちのことを思いだす。
◆それは言わない約束でしょう・・・初めての一人暮らしを始めた礼一は、独り言が増えていた。すると、いつからか心の中の声が外へ聞こえるようになってしまい・・・。
◆エンドロールは最後まで・・・映画館で声をかけてきた男は、自分は医者であると言い、海外のボランティアにも参加していると話す。

上記7編を収録した短編集。

◆カメレオンの地色・・・一番印象的だったのはこれかなぁ。周りに合わせすぎて、男に合わせすぎて自分が1人になるとどうしていいかわからない。現代にはこういう女性が多いんじゃないだろうか。
◆冷蔵庫を抱きしめて・・・終わり方はこれが好き。この人は治る可能性があるよね。

2015/07/12 11:58

投稿元:ブクログ

短編集。8編収録。
「ヒット・アンド・アウェイ」「冷蔵庫を抱きしめて」「アナザーフェイス」「顔も見たくないのに」「マスク」「カメレオンの地色」「それは言わない約束でしょう」「エンドロールは最後まで」

最初の2編は予定調和的で物足りなかったが、ドッペルゲンガーを描いたプラック&ホラー「アナザーフェイス」から面白くなってきた。「アナザーフェイス」以降も暖かみのある話ではあるが、ラストにひねりが効いてきて面白かった。

・「顔も見たくないのに」バカで顔だけの浮気男である元彼が売れっ子になりテレビでよく見るように・・・。
・「マスク」風邪でマスクをしたところ、生きやすくなったと思い始める会社員。女性の化粧も似たような物かも。
・「カメレオンの地色」付き合う男に合わせて自分を変え続けてきた女性。
・「それは言わない約束でしょう」一人暮らしを始めて、心の中で思ったことが、つい口に出てしまうようになったデパートの男性販売員。
・「エンドロールは最後まで」偶然に出会った彼、出来過ぎの出会いに不信感を抱き始めるが・・・。

2015/07/07 13:13

投稿元:ブクログ

現代人にありがちな心の病がテーマの短編8編。どのお話も眉間にしわを寄せるほど深刻ではなく、それなりに救いのある結末でホッとさせられますが、一部例外あり(笑

2015/04/06 22:27

投稿元:ブクログ

短編8作品。

それぞれ、主人公の内面がとてもよく描かれていてすっと話に入り込んでしまします。
どれも特別な話でもないけど、おもしろい。

さすがだな、といった感じ。

2015/06/03 15:16

投稿元:ブクログ

現代人の心の闇をコミカルに描いた、ちょっぴりブラックな短編集。

DV男に対抗するために、ボクシングジムに通い出した一児の母雪乃…ヒット・アンド・アウェイ、
夫との食の好みの違いに悩み、拒食症が再発する新妻直子…冷蔵庫を抱きしめて、
自分にそっくりな別人の行動に悩まされる会社員浅川…アナザーフェイス、
別れたばかりのちょっとバカっぽい元カレを、テレビで見るようになる麻衣…顔も見たくないのに、
マスクで顔を隠すようになり、生きやすくなったと思い始める会社員沖村…マスク、
付き合う男に合わせて自分を変え続けてきていた片付けられない女梨代…カメレオンの地色、
一人暮らしを始めて、心の中で思ったことが、つい口に出てしまうようになった販売員立花…それは言わない約束でしょう、
映画を見た後で知り合った彼との日々の中、相手に不信感を抱き始める結婚しないと決めたOL千帆、エンドロールは最後まで、

初読みの作家さんでした。
面白かった~。
これだけいろいろな違った展開の話を読めて、お得な感じ。
顔も見たくないのに、エンドロールは最後まで、が好きでした。

2015/07/20 22:12

投稿元:ブクログ

自意識過剰だとわかっていても人の反応を気にしてしまうのは、なにも思春期の専売特許じゃない。
そんな不自由のなかにいる大人たちが主人公の短編集。

DV野郎とくらしてたり、ろくでなしと付きあってたり、自分を大きく見せようとしたり、マスクが手放せなくなったり、主人公たちはみんなそこそこ病んでる。
そっからの展開はいろいろだけど、なんかこの、ダメなりに自分を生きていく感じがいい。

やらなきゃいけないことを先延ばしにしながら読んだら、ちょうどまさに片づけなきゃいけないのにグダグダしている話が出てきて耳が(目が)痛い。
そうね、「やれば終わる」だよね。

ひさしぶりに小説を読んだってのもあって、なんだかいい気持ちで本を閉じた。

2015/11/24 22:16

投稿元:ブクログ

悩みを抱える人たちの短編集。
解決した者もあれば未解決の人も。
すっきりできる話の方が好きですが、
最後の話はイイ感じでした。

2016/05/26 15:27

投稿元:ブクログ

DV、マスク依存、摂食障害など
現代人にありがちな心の病を抱えた人達の物語ではあるが
そこは荻原さん、重苦しく陰惨な終わりにはしない。

【図書館・初読・5月26日読了】

2015/06/06 21:14

投稿元:ブクログ

現代人の抱える様々なストレスをスカッと吹き飛ばす。
そんな短編集と期待してしまっただけに、爽快感が今一つ。
後半の3編はよかったです。

2015/05/26 14:29

投稿元:ブクログ

読んだんですよ、確かにね。読んでるときは、面白いなぁうわこれめっちゃ怖いしとか思ったんですけども。次の本読み始めたらさっぱり思い出せない(爆) やっぱ荻原作品は長編が圧倒的にいいと思う。☆3.5

2016/10/09 17:30

投稿元:ブクログ

DVや摂食障害、マスク依存症、片づけられない症候群etc.

心に病を抱えた人々を優しく包み込むような
そんな短編集

さすがは荻原浩
読みやすいです

2015/05/28 22:59

投稿元:ブクログ

軽快、痛快な短編集。面白かった!

細やかとは違うんどけどハキハキ、パキパキと言葉が連なっててとてもリズムがいい。
ほぽ、ハッピーエンド!

ひとつ怖いのが入ってたけどその話いらなかったかな。

2015/10/22 09:55

投稿元:ブクログ

短編集。
『ヒット・アンド・アウェイ』いやー、こんな男、さっさと追い出したい。ボクシングジムの会長もわかってくれていたんだ。最後はスカッと。
『冷蔵庫を抱きしめて』他人と暮らすにはそれなりの譲り合いも必要だと思うけれど、食の好みの違いは厳しな。毎日のことだもの。事情に気づいてくれる夫なら、この先は大丈夫そう。
『アナザーフェイス』知人、友人、同僚から「昨日は**にいましたよね」などと身に覚えのないことを何度も言われたら気味が悪い。そういや、以前「以前にも来ていただいて…」と覚えのないお店で言われたことがあるんだった。「え? 似てる人がいるの? 会ってみたい」とその時は軽く思って終わりだったけど。それが何回もあったら、ちょっとね〜。
『顔も見たくないのに』えー、自分が浮気相手のほうだったのか!!! ショック。それがわかれば、さっさと別れます。相手に合わせすぎて無理していること自体おかしいのでは?
『マスク』マスクひとつで自分が変わる。なるほど、女性の化粧のようなもの?
『カメレオンの地色』ひぃー、片付けと料理。片付けは日頃からやっていないと、こうなるよね。他人事とは思えない(笑)。誰かが遊びに来るとなって、慌てて片付けるタイプですもん。もっと物を減らすぞ!
『それは言わない約束でしょ』あはは、わかる。あたしも他人をみて考え事をしていると、突然振り向かれることアリ。「え、今の声に出てた?」とびっくりしてしまうけれど、言っていないハズ。他人の心の声が聞こえてしまったら、生きにくいだろうな。
『エンドロールは最後まで』映画のような出会いだ。あまりにも劇的だとその状況に酔ってしまいそう。

71 件中 1 件~ 15 件を表示