サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.2

評価内訳

20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

面白かった

2015/10/05 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで殆どの場所が始めて知ったところでとてもおもしろかった
値段は少し高めですが、世界の秘境に興味がある方にはお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/07 21:43

投稿元:ブクログ

予想していたものとは違いました。

魅力的な写真がほとんどなくって、、、。

非公開区域の写真が見たかったのになぁ。

2015/12/29 10:38

投稿元:ブクログ

読んでから思い浮かんだ、関連キーワードをざっと並べてみる。こんな風なイメージの本。
秘密、セキュリティ、国防、安全保障、軍事、陰謀、政治、機密保持

非公開とされている場所の紹介が99。欧米の国が多い。ひとつだけ日本のものがあり、伊勢神宮が紹介されている。

非公開(もしくは秘密)にされている理由としては、ざっと↓のような感じ。
- 機密保持のため(機密保持、国防)
- 危険なため立入禁止(チェルノブイリとか)
- 企業秘密、私有地のため(Googleのデータセンターとか)
- 宗教上、神聖な場所のため

国家機密、陰謀といった雰囲気が強く感じられる。他にもオカルト的な。読み終わった後にもう一度前書きを読むと、本の意図がわかりやすかった。

なぜ秘密にされるのか、ということをイメージして読んで、ちょっとした非日常感みたいなものが感じられた。自分の知らない世界が色々あるんだな、的な。

2015/10/16 15:07

投稿元:ブクログ

もうちょっとビジュアルで迫ってくれるかと思ってたんだけど…やや期待外れ。しかも軍事施設(特にアメリカの)が多かったのが当たり前すぎというか…その中で、伊勢神宮の内宮が入ってたのは何か場違いな感じがした。しかし、衛星写真の鮮明さには驚いた。

2015/03/13 20:30

投稿元:ブクログ

 タイトルの通り、アメリカから始まり、世界をぐるっと1周して非公開区域を紹介している。
 例えば世界中のゴミが集まっている場所だとか、火災が終わらないから放置されている炭鉱とか、世界中の4分の1の金を保管している倉庫だとか、Googleのデータセンター、コカコーラのレシピ保管場所とか、まぁ想像もつかないところから、「ですよね」と納得するところまで99箇所羅列されている。

 読み終えて思うのは「本当の非公開区域」はここには載らないのだろうな、ということ。戦略的に公開されても問題がないと(アメリカが)認識しているのなんだろうなぁとうこと。
 例えば、旧ソビエトやドイツについては、それなりにがっつり書かれている(と思う)けれども、現時点においてアメリカが脅威に感じ、監視対象としている区域はここになさそうだなぁと個人的には感じる。当たり前だろうけど。
 この本では、軍事施設や諜報施設について、何でもかんでも陰謀論者が楽しむための素材としてしまっているが……そういう論調じゃないと許されない世の中だとしたら、ちょって怖い。
 不思議だなぁすごいなぁ、で済ませていい本じゃないなぁと思いました。

 まずこの99の区域の選択理由から考えろ……って、私は陰謀論者なんだろうか。おそらく違う。

2015/10/13 03:04

投稿元:ブクログ

実際に行って見ることができない非公開区域の情報を99ヵ所分掲載!気になる謎が明らかに…?【中央館2F 290.2/SM 】

2016/06/05 12:38

投稿元:ブクログ

<目次>略

<内容>
「ナショジオ」の本。ただ思ったよりも政治的なものだった。そして、空撮の写真もしょぼいか?(いろいろヤバそうだから当たり前だけど)。記事も何か微妙な感じで、踏み込み感とかもうちょっとほしかった。
逗子市立図書館

2015/07/09 23:19

投稿元:ブクログ

花泉図書館。

ナショジオの監修だけあって、コメントがドライ。

しかし、あれだね。
衛星写真ってーのは、ずいぶんとピンポイントで鮮明に写るんだね。。

2014/12/30 23:08

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて購入。
巷で流行っている絶景本もいいなと
思っていましたが、結局買うのは
こういう本でした。
絶対に行けないからこその魅力があるし、
行けないところばかりを集めているこの本は
優れものだと思います。
好奇心全開にして眺めて過ごす休日。
いいかもしれない。

2015/09/30 04:47

投稿元:ブクログ

そりゃそうだろう、という軍事的な機密エリアが多く、ワクワク感は2作目の「世界の秘宝99」の方が大きい。日本からは唯一、伊勢神宮という牧歌的な扱い。何だかんだでこういうの、嫌いじゃない。

2015/07/25 16:29

投稿元:ブクログ

アメリカで3分の1、米英で半分。
ナショナルジオグラフィックの本だし多少の偏りのあるのかもしれないけど、その殆どが軍事施設や情報管理庫的なものなんだよね。
いや、ほんとに大事なものもあるけど。
コークのレシピとかね、陰謀が渦巻くよね。

個人的にはもっとミステリー的なのを望んでた。
そういうのもあるにはあるけど少ない。
まあこれが世界の現実か。

日本はひとつだけ。
伊勢神宮。
一番行きたいと思ったよ。修学旅行以来だし。

2015/01/25 09:47

投稿元:ブクログ

本読んでGoogle Mapで眺めるのが楽しい本。
内容はタイトル通りです。写真や図版も大きいのでパラパラ読んでネットで更に調べると面白いかな。

2016/06/05 00:23

投稿元:ブクログ

ナショナルジオグラフィックだからもうちょい自然とか宗教施設が多いかと思ったけど、軍事施設が多くて残念。

2015/09/06 03:56

投稿元:ブクログ

高度なセキュリティ
宗教上 - 場所が未定
危険である
などの理由により 立ち入り制限されている

映画などで名称は聞いたことがある場所が多い

2015/03/04 12:09

投稿元:ブクログ

コカ・コーラのレシピ保管庫からバチカン機密文書館まで。一般ぴーぽーには絶対に入れない場所、そそられますな。
個人的にはアララト山のノアの箱舟が気になる。

20 件中 1 件~ 15 件を表示