サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 闇の獄 下
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

闇の獄 下(中公文庫)

闇の獄 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

些か違和感を感じるが

2015/01/22 02:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長屋で子持ち女と隣合わせたことから、母親の病気に気を遣い、子供達に慕われる立場になる。その後母親が亡くなり、子供の面倒を見ることに也、大阪から逃げ出すことを考えるが、先にだまして引き込む役をさせた女のところに行き、金を渡そうとする。勿論、お袖も強盗犯を見ていると云うことで顔を灼かれ、何かの時の捨て駒として検校の一味に買われていたのである。
『以前、役者のような綺麗な顔をしてはったときは、あんたの口から出るのは嘘ばっかりやった。耳に心地よい言葉ばかりやったけど、何の実も籠もっとらん、雲のようにふわふわした嘘やった。………けど、今のあんたの言葉には嘘がない。思いやりがこもっとる。」
このお袖の言葉が全てを語っているように、新之助はこれから子連れ女連れの命がけの逃走劇を繰り広げる。その前に鬼坊主の達三一味が押し込みをする店に新之助は飛び込み、敵を討つことが出来る。勿論、殺しの技を教えてくれた、座頭と腕利きの殺しや美樹三郎も一緒である。彼等の目的は盗人の上前をはねる計画だったものが、新之助の暴走で崩れてしまう。
その間、友達を殺された十手持ちが、手札を貰っている同心に逆らって、新之助を追い込んでいく。最終的に彼も新之助を許すことになるが。
しかし、改心するというのが少々違和感がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/18 21:21

投稿元:ブクログ

盗賊仲間に裏切られて死んだはずの男は、座頭組織の長に拾われて、暗殺者として裏社会に生きることに。
文庫、上下巻。

江戸モノ暗黒時代小説。軍配者シリーズのような爽やか時代小説もいいけど、この方の暗黒時代小説も好き。結構なグロい描写もあるけど、、、。でも、新之助が新一という座頭として生まれ変わり、殺し屋稼業に身を置かされながら、逆に人間としての情とか、家族の温もりとかを取り戻していく姿は泣きそうだったし、格好良かった。スピーディーな展開で、上下巻一気読み必至。最後まで面白かった。続編「闇夜の鴉」があるみたいで、嬉しい。この続きが読みたい。

2 件中 1 件~ 2 件を表示