サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

あなたの本(中公文庫)

あなたの本 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー49件

みんなの評価3.4

評価内訳

49 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

表題の話が読みたくて

2016/12/05 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スンスン - この投稿者のレビュー一覧を見る

いくつかの短編が入っていますが、表題のお話しがやはり1番面白かったです。文章が読みやすくて一気に読んでしまいました。この作家さんの他の本も読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたの本

2016/01/18 14:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分のことを書いた本、過去から未来いいですねシナリオが。7つの作品楽しみました。サスペンス、ユーモア、ファンタジー、SF盛り沢山です。さすが誉田さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無題

2015/01/09 23:30

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:勇太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集。ブラック的なものからパロディまでバラエティに富んでいる。
読後は「星新一」的なイメージを抱いた。あとがきに紹介されていたが、著者は星新一が好きとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来日記ならぬ未来本

2015/02/17 08:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こじこじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

父親の本を読んでみると、そこに書かれた内容が・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

器用

2015/10/24 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

誉田氏といえば、警察小説も書くし、武士道に代表される青春諸説も手掛ける。そして今回はSF短編集といったところ。器用な書き手なのだろうか。ただ、器用に流れると、碌なことはない。あまり感心しなかったのが本作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

予想外でした

2016/10/08 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばーにゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

レビュー等で好みかと思って購入したが
どれもこれも、好みでないという個人的には驚きの結果

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/06 16:58

投稿元:ブクログ

7つの短編が収められた本。
読み始めて2つ目くらいのお話から
この作者、ただではお話を終わらせないぞ!ということがわかってくる。
(それも、かなり衝撃的に・・・)
くるぞ、くるぞ!とわかっていて読んでいても
最後に『げ~~!!! そう来るか?!』という衝撃がドカンと来ます(笑)
ストーリー的にはかなりブラックなのですが
それがちっとも嫌ではないから不思議。
気持ち良く作者に突き落とされる感じ、
ぜひ体感してみて下さい^^♪

2016/05/21 02:57

投稿元:ブクログ

短編集。
帰省 / 贖罪の地 / 天使のレシート / あなたの本 / 見守ることしか出来なくて / 最後の街 / 交番勤務の宇宙人

ストーリー的にはおもしろかったけど、後味がよくない。描写が好きじゃないのか、相性が悪いのか。

「見守ることしか出来なくて」女子フィギュアスケートの話。元選手の名も実名で出てきたり、ジャンプの種類もわりと詳細に書かれていた。特定のモデルがいるのかそこが気になった。オチも好き。

「交番勤務の宇宙人」バカバカしくて一番面白かった。

2015/05/10 23:28

投稿元:ブクログ

誉田哲也氏が、最初に好きになった作家は、星新一さん。
なるほど。

文庫が出たので、再度読んでみました。

2014/12/26 07:08

投稿元:ブクログ

新聞広告でみた!
はと本屋で手にとったら
自分のことが書いてある、
だって。
こわっ、と思い、ぞくっとした。
読みたい。

でも、こんなのあったら
やだ!

2015/09/30 09:42

投稿元:ブクログ

短編集。
どれもイヤー(最後ゾゾッとする)って感じ。
でも、それが癖になるような。
タイトルと同じ『あなたの本』。
こういうの気になる。
気になると見たくなる。なら早めに処分してしまえば良かったのに。
こんなのがあるとろくな事がないよ。
気になって残しておくから、最後にこんな思いをすることになる。

2015/01/29 18:57

投稿元:ブクログ

本を読むことで未来が分かるとしたら、という内容に惹かれて購入したものの、少しずつ未来が分かっても、最後に救いが全くなく疑問で終わってしまった。

2015/01/22 14:14

投稿元:ブクログ

血なまぐさい警察小説だけじゃないんだなあ…
7つの短編集。どれもいつもの誉田テイストとは違って、やわらかい感じのするお話。

2015/01/29 10:28

投稿元:ブクログ

うーん?
標題の「あなたの本」はそこそこ面白かったけど、あとはグロテスクだったり、最後が??だったりとあんまり心に残らない。
色んなテイストの本が書ける人だとは思っていたけど、短編集としてこうやって纏めるのは私には読みづらいかな。

2014/12/31 19:11

投稿元:ブクログ

誉田哲也さんの短編集。
どれも面白かったけど、『天使のレシート』と『見守ることしかできなくて』が特に好きかなぁ。こういうやりきれない気持ち悪さの残る作品っていいなぁ。
内容とは別に、誉田さんの文体がやっぱり好きだなぁって再認識。読み始めるだけでニヤニヤしちゃうくらい好き。何がいいのかなぁ…ちょっとよくわからないけど(^^;;

49 件中 1 件~ 15 件を表示