サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 紅の凶星
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

紅の凶星(ハヤカワ文庫 JA)

紅の凶星 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ついにこの日が

2016/09/03 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oranje77059 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イシュトの暴挙は止まらない。止められるただ一人の人があんなことになるなんて。ショック。
でも賛否両論あるでしょうが、気の短いわたしにとっては、サクサク進んでいくストーリーのほうが面白いです。しかも各エピソードが同時進行的に進んでいくのでわかりやすい。ラストまで目が離せないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三国志から離れていくような

2015/03/17 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CoolG - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろんな人を死なせたり、生き返らせたり(._.) どんどん三国志から離れていくような気がする(-。-; 新人もパワー出してきてるけど、古くから出てる双子と吟遊詩人の扱いに困ってるんとちゃうやろか?さてどんな絡め方するんやろねぇσ^_^; やっぱり本屋さんに出てたら買うてしまいます、まあ内の奥さんより付き合い長いからしょうがない(^○^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/31 15:19

投稿元:ブクログ

私の好きなキャラ、スカさんのその後。
スカさんの弱みは、やっぱりリー・ファなんだね。

そして、もう1人の好きなキャラ、カメロン。
おやじさん、とうとう腰を上げた。
けれども野望にとりつかれたイシュトには届かなくて…。
イシュト、君は本当に孤独だね。 

2015/11/06 23:58

投稿元:ブクログ

この日はいつか来るだろうと
思っていた。
イシュトヴァーンと○○○○の別れが
やはりこういう形になったかと。
栗本薫の創作したキャラを正式続篇とは言え
展開上こうなることは分かってたとは言え
他の作家が殺してしまうのもなんだか
違和感ありますがやむを得ないことでも
あり。

まあ、物語は進んだ。

今のところ、スカールとスーティーだけが
希望だなあ~、後は暗いよw

2015/02/10 12:31

投稿元:ブクログ

星4つにしたのは
「うそーーー?!」な出来事があったから、です。

栗本グインじゃなくなってから
いい意味でも悪い意味でも、期待を裏切る出来事が
いくつか起こっていて。
今回は、出来事自体は起こってほしくはなかったことだけど、
作者が変わった今、こういうこともありなのかな、
と考えるようにしてみます。

展開が早いのがこの作者の良いところなのだと
思いますが、
思い返してみれば、
物語の導入で、延々と関係あるようなないような描写が
続き、
「早く!早く続きが知りたいのに!」と
はやる気持ちを抑えながら栗本グインを読んでいたことが、なんだか懐かしく感じます。
あれも今になってみれば良い思い出です。。

作者が違うのだから、それはもうどうしようもないことなんだけど、
100巻以上読み続けてきた読者としては、
新しい作家さんの良い部分を認めつつも、
グインサーガの「ここは必要!」って部分は
踏襲していただけたらなぁー、って思ったりします。

2015/01/25 21:36

投稿元:ブクログ

2015/01/25 購入。グイン•サーガの本編。最近は外伝の方が多かったので久し振りな気がする。前回の「売国妃シルヴィア」の時も思ったが、この話は栗本薫が絶対書きたかったところだよなと感じる。

2015/02/02 22:12

投稿元:ブクログ

なかなか話が広がって収集が、着かないうちに終わってしまった。 やはりヤガのミロクはヤンダルゾックに支配されていた! それと今回のハイライトはゴーラのカメロンがイシュトバーンに殺されてしまった!と言うことか。話の内容は展開が早くて良いんだがどうまとめる?と言うところかな。
裏で出てくる、黒幕の本当に本当なのか?
次はいつ?

2015/03/14 15:23

投稿元:ブクログ

御大が紡ぎ続けたこの遠望長大な物語。
御大の死後も二人の紡ぎ手が恐る恐ると書き繋いできたグインサーガも、よぉ〜やくここに来て大きすぎていくら力を入れても廻らなかった物語の歯車が回り始めました。
というのが、率直な感想かも。

今回の135巻は、紅に染められた表紙の通り。
なんといっても侵略するつもりは無いといいながら、他国から見た結果は侵略としか受け取られないことをしでかしたイシュトバーンのパロ篇が一番の展開。
『紅の傭兵』の陽気さはいずこへ、ますます『紅の凶星』いや中原に鳴り響く『凶星』と化していくであろうイシュトバーンの転機となるエピソードです。

それ以外にも、イェライシャに導かれたというか、こちらもなし崩し的に歴史の歯車の一人にさせられた感のあるブランのヤガ・ミロク篇。

また、イシュトになし崩し的に乗っ取られたクリスタルパレスから逃れたヴァレリウスといまさらながら新たな歴史の歯車の一人となりそうな、アッシャによるパロ・ケイロニア国境ワルド篇。

さらには、唯一未来への希望が感じられる、スカールとスーティーによる黄昏の国踏破篇。

と、もう一方のケイロニア篇がまだもたもたともたついている間に、それ以外の中原の運命を担う各地での物語が盛りだくさん。
しかも、どれもこれも歯車がよぉ〜やく回り始めてます。

そういう面では本書は従来のグインマニアの間では物議を醸し出す内容であるかもしれない。
が、ボクはなによりグインサーガという物語の終焉を見たいのである。
もはや御大の時代のようなダラダラとキャララブありきの無駄なエピソードは読みたくも無い。
だから、著者も自信を持ってこの物語を紡ぎ続けて欲しいのだ。

将来、グインサーガ最終巻を読み終えて振り返ったとき、ボクはきっと思い返すのだ。
このグインサーガ135巻『紅の凶星』はグインという物語の起承転結の中で、『転』の最終章の始まりと位置づけられる巻であると。

2015/03/21 06:40

投稿元:ブクログ

グイン135巻目。展開が速くて良い。逆に登場人物の心情や思考がネチっこい会話で吐露されないのが物足りなくもある。特に本巻のクライマックスシーン、栗本薫なら3倍は書いただろうかね。

2015/01/26 12:43

投稿元:ブクログ

う〜、五代さんのグインは毎回栗本さんならやらないんでは?に挑戦してくるので覚悟がいります。


いつかは起こるであろうキャラの退場ですが、きっと栗本さんなら1巻まるまる費やすと思うので、なんかあっさりすぎて哀しいような気が抜けるような。次はディモス様もやばそうだな…

他のエピソードはそれぞれ面白く、特に魔法の修行は興味深い。それだけにもっと長く読みたく思えるのは、本家の執拗な書きこみと伸びる巻数に慣らされちゃったせいかな(^_^;)

2015/01/31 18:10

投稿元:ブクログ

カメロンがそんなところで。。。なんとあっさりと。。。
結構衝撃です。

いろいろな場所で、次へ将来への種まきがあった気がする。
伍代グインの物語の始点だと思う。これからどう展開していくのか?続きが楽しみ。

2015/09/19 13:47

投稿元:ブクログ

大事な伏線になる、鍵になる巻ですね。
ヤガのこと、パロのこと、そして黄昏の国…。
三ヶ所の状況をバランスよく描いています。

展開の速さ遅さに目を注ぐよりも

「ここを書かねば!」というところに
ぐっと近寄って書いている。そんな気がします。
心理描写も、ほどよくて私は好きです。
ちゃんとうるっときますよ。何箇所も。

いろんな人の思いが絡みあうし、血なまぐさくも
哀切なお別れも描かれます。

こうなるだろうとも思われ、逆に、死んだ人と
見送る人の立場が逆転していて欲しかったような、
そんな気もしています。

見送ったイシュトは、どこで安らうのか。
スーティに送られるのかしら…。

凄惨でせつない、烈々とした場面でしたね。

さぁ、次はどうなるかな。早く読みたい。

2015/03/07 09:54

投稿元:ブクログ

うーむ、あの人がこうもあっさり…。いつか来る日とは思っていたのだけれど。イシュトヴァーンの行く先が心配だなぁ。救われて幸せになって欲しいのだけれど、もう血に染まりすぎて無理な話なのだろうか。

2016/05/03 18:57

投稿元:ブクログ

またあっさりと殺しちゃってまあ。

ま相手がイシュトってあたりがある意味唯一の救いと云えなくもないんだが、でも今のイシュトではなあ。

とはいえ兎にも角にも展開が早いのは五代グインの長所ではあるんでまこれはこれでみたいな。

2015/03/24 06:59

投稿元:ブクログ

2015年1月刊。135作め。パロを逃れたリギアとパロにいるイシュトヴァーン、カメロンとそしてノスフェラスにいるスカールとちびのスーティのお話ですが、代わり映えせず、あまり楽しめませんでした。

15 件中 1 件~ 15 件を表示